転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

薬剤師としてのスキルを高めるために、病院への転職を考えました。

  • 30代
  • 東京都府中市
  • 医療・福祉
  • 勤続年数5年
  • 中途入社
転職後の職種をおしえてください
病院の薬剤師
病院の薬剤師へ転職した理由を教えてください
大学病院のような大きな病院では中途での薬剤師の募集はなかったため、中小規模の病院を中心に転職先を探しました。転職先はすんなり決まり、転職活動自体はそれほど苦労はしませんでした。
新しく転職した病院では、内科・外科・整形外科・泌尿器科・皮膚科などいくつかの診療科が揃っていました。それまでは内科クリニックの門前薬局で仕事をしていたため、それ以外の診療科の薬を覚えることができました。また入院患者の為に注射処方箋の調剤も行いました。注射については調剤薬局で扱うことがなかったため、非常に勉強になりました。
病院に就職すると、院内の委員会で活動する必要があります。委員会には色々なものがありますが、その中でもNSTと呼ばれる委員会で活動しました。NSTとは栄養サポートチームのことで、医師・薬剤師・看護師・管理栄養士などがチームとなって、患者の栄養管理のサポートを行います。このチームに所属することで、輸液のことなどを勉強することができました。
このように病院に転職してからは仕事内容が増えて忙しくなりましたが、とても勉強になることが増えて刺激を受けています。薬剤師としてのスキルも上がっていると感じているので、転職して良かったと思っています。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
調剤薬局から病院の薬剤師へと転職を行いましたが、調剤薬局で勤務していたときは日中仕事で忙しく、自分1人では転職活動を行うには限界がありました。
そこで薬剤師に特化した転職サイトを活用して、転職活動を行うことにしました。今は薬剤師が不足している時代のため、薬剤師専門の転職サイトが数多く運営しています。色々なサイトがあってどれが良いか迷いましたが、大手企業のリクルートが運営しているリクナビ薬剤師は、非公開求人も含めて業界トップクラスの求人案件があったため、そこに登録することにしました。
リクナビ薬剤師の登録は簡単で、すぐに手続きを行うことができました。そして翌日にはキャリアコンサルタントと連絡をとり、希望条件についてのすり合わせを行いました。日中は忙しかったので業務終了後に電話でやり取りを行いました。夜遅くにも関わらずキャリアコンサルタントは、こちらの話に耳を傾けて丁寧に対応してくれました。希望条件や面接の日程調節はリクナビ薬剤師側で行ってくれたため、日中の業務に支障をきたすことなく転職活動をすることができました。また内定が決まり入社時期についても前職との兼ね合いがあるため、ある程度先の日程になるように転職先と交渉を行ってくれました。おかげで円滑に転職活動を行うことができました。
やはり日中仕事で忙しい人は、転職サイトを活用するのがおすすめです。リクナビ薬剤師のように求人案件が多いところが良いでしょう。
病院の薬剤師へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
病院に転職すると、注射剤や点滴など調剤薬局では扱わなかった薬の知識も増えるため、自分のスキルが上がっていると実感できます。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら