転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

身につけたい技術を持った権威が在籍している病院への転職が出来たので、3年かけて必要な技術を身につけることが出来ました。

  • 30代
  • 東京都千代田区
  • 勤続年数10年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、外科医へ転職した理由を教えてください
医局内では採用が否決された外科施術方法を身につけて技術を習得するためです。
専門的・技術的職業、外科医へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
大学を卒業すると、研修医として医局へ所属することになります。医局は選択出来るケースもあれば、強制的に教授間で研修医の誰を入れるかがドラフト会議のように決められることもあり、閉鎖的な世界だけに誰も口出しは出来ません。実際にあまり反りが合わない医局へ配属されましたが、開業医として独立するまでの辛抱と割り切ることにしました。医局では教授が1名責任者として存在し、助教授・講師・助手と続きます。研修医を終えると講師として外来と入院患者を担当することになりますが、テレビドラマで見るような派手なことは一切ありません。確かに医局長の教授による回診時には、一緒に同行することが一般的です。重症患者や珍しい症例を診ることが出来るチャンスだからです。医局に所属していなければ、書物や論文でしか見られない症例を目の当たりに出来るからです。しかし、医局に所属していても新しい治療方法が確立されていても採用されるとは限りません。実際に多くの国で採用されている新しい外科手術方法が医局内ではタブーとされて、技術を身につけられないことが何度もありました。開業医として独立するために必要と考えて、別の病院へ転職して腕を磨くことにしたわけです。既にある程度の収入は確保出来ていたので、腕試しの武者修行のつもりがあったのかもしれません。必要な技術を持たずに開業することだけは避けたいという考えがあったことが、転職を決意させたと考えています。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
エムスリーキャリアエージェント
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
必要と考えている技術は、実際の外科手術に立ち会わなければ身につきません。ある外科手術方法の権威がいる病院へ転職出来たことで3年で必要な技術を身につけることが出来ました。現在は開業準備に入っているので、地域医療を支える立場で活躍して行きたいと考えています。医局では一部の貴重な症例について、助教授以上で独占されてしまうことがありました。街の総合病院では、自分で出来ることは一通り全部行うことが前提で進むので、全てのことが新鮮に感じられたことを覚えています。とりわけ中規模病院であれば、普段の診療は軽症が中心となるので患者のケアを考えた医師本来の取り組みが行えます。今までが医局という特殊な場所にいて患者に対して向き合っていなかったことが良く分かりました。医局へ残り続ける医師と、積極的に街の総合病院へ転職する医師の差はやる気の違いと感じられたのです。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
非公開求人から探したかったから
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
医局に在籍している間に転職先の病院を探すことになったので、医局在籍者からの転職妨害をされないように非公開求人を中心に探す必要がありました。細かい条件交渉が可能で東京のみを拠点としている部分と、独自情報の詳しさにも定評があったので良かったです。
関東地域に特に強みがあるエージェントだったので、他の地域は今回探しませんでしたが、全国的に探す場合には他の転職エージェントよりも情報収集力が落ちてしまうと考えられました。
専門的・技術的職業、外科医へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
非公開求人を中心として転職先を探していたので、公開求人掲載されている転職サイトを利用する意味がほとんどありませんでした。医師の世界は人数が限られているので、情報漏れを警戒するために転職サイトの利用を行うにはある程度の覚悟が必要です。転職サイトを利用せずに転職先が見つかったので安全に探せて良かったです。
しかし、幅広い地域の全ての病院から転職先を探す場合には転職サイトの情報量は魅力です。転職サイトを使わなければ転職先を狭めてしまうことになるでしょう。
専門的・技術的職業、外科医へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
外科医として転職を行う場合には、自分の技術を売り込んで高収入を得るために条件交渉を徹底して行えば、一気に収入を挙げられる可能性が高くなります。転職エージェントへ実際の交渉は任せてしまえば良いので、厳選された転職先のみを吟味出来ます。
医局から離脱するために転職を行う場合には、非公開求人と医師同士のツテを頼って転職先を秘密裏に探す方法が良いでしょう。表立って探してしまうと、転職先へ医局員から妨害工作が入ってしまう危険があるからです。
身につけたい技術を持った権威が在籍している病院への転職が出来たので、3年かけて必要な技術を身につけることが出来ました。今の病院のある地域に傘下として入り開業したいと考えて準備しています。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら