転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 エムスリーキャリアエージェント

登録はこちら

2位 シミックドクター

登録はこちら

3位 マイナビdoctor

登録はこちら

中規模病院では、内科医の方針は自分で原則決めることになります。

  • 30代
  • 群馬県前橋市
  • 勤続年数11年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、内科医へ転職した理由を教えてください
医局の人間関係に疲れ切ってしまったので、方針が異なる中規模の病院へ移りたかったから。
専門的・技術的職業、内科医へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
内科の医局では1人の教授に対してピラミッド型に准教授や講師、助手などが纏まっています。しかし、何年も変わらない人間関係に疲れ切って早々に開業医として独立したり、大学病院を出て中規模病院へ移る人が増えています。なぜなら、大学を卒業して医師免許を取得した研修医に対する処遇や治療方針に対して、医局内では教授が絶対的な発言力を持っているので、新しい治療方針を他の大学病院では採用していても医局の方針に反するという理由で即却下されてしまうことが珍しくありません。小判鮫のように媚びを得る講師達や研修医をイビる助手など、健全な職場とは言えないドロドロとした人間関係が展開されてしまっていました。新しく認可された治療薬を導入しようとしても、医局の方針で使用出来ないと決まってしまうと残念ながら導入が認められません。患者にとっては医局内の事情に左右されず、最適な治療をおこなってあげたいという気持ちが反映出来ないことに嫌気がさして中規模病院への転職をしようと決意しました。大学病院に比べれば自由度の高さと引き換えに多少給与は下がりますが、家族の了承を得て転職先の病院を探すことにしました。実際には自分で動くと妨害工作をされてしまう危険性があると、先に転職した同期から聞いていたので、転職エージェントに依頼して条件交渉などを任せることで何事もなく職場を変えることにしました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
エムスリーキャリアエージェント
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
ベッド数が100床程度の中規模病院へ転職出来たので、治療方針は各自自由に決めることが出来るようになったことが何より嬉しいことです。多少給与は下がりましたが、治療方針の大半は自分で決めて念のために他の医師がチェックし、医療ミスを防ぐという方針が採用されています。治療方針に対しては各担当医師が責任を持って行うこととされているので、治療方針による対立はありません。他の医師のカルテを確認している際に疑問点があれば、互いに遠慮なく意見を伝えることが出来る環境にあるので、今まで知らなかった新しい治療薬について知ることが出来ます。同じ内科医同士であっても、治療方針が異なることは珍しくありません。経過をカルテから知ることが出来るので、他の医師が採用している治療方法を取り入れることも出来る点が新鮮です。将来的に開業医となった際には、他の医師が採用している治療方法をカルテから手軽に確認することは出来なくなるので貴重な経験と言えるでしょう。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
公開求人には応募するつもりが無かったから
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
大学病院の医局から出ることになるので、非公開求人へ応募して転職先の病院を秘密裏に決める必要がありました。公開求人に応募すると、医師同士の繋がりから転職活動が医局へ漏れて妨害工作をされる危険性があるからです。
転職エージェント次第では、条件交渉に失敗する危険性があるのでエージェントとは面談して交渉力があるのか確認しておく必要があります。最初に担当したエージェントに力不足を感じたので、お願いして担当エージェントを変更してもらわなければなりませんでした。
専門的・技術的職業、内科医へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職サイトを使わずに転職エージェントへ任せたことで、非公開求人に応募出来ました。医局からの妨害工作が最も警戒すべき事象でしたから、転職サイトを見ることはあっても応募することだけは避ける必要があったわけです。
実際の転職活動については、転職エージェントと知り合いの信頼できる医師からの紹介のみでした。転職サイトを使わないことで転職先が狭まったことは確かです。幅広く転職先を探すなら転職サイトの利用が必要となるでしょう。
専門的・技術的職業、内科医へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
内科医にとって治療方針に他の医師から口出しされることは、誤診の疑いがある場合を除いて望ましいことではありません。干渉が多い医局に在籍しているならば、他の病院に移る際に医局内の人間関係が険悪ならば非公開求人を中心に転職先を探すと良いでしょう。
転職エージェントを利用して、非公開求人を希望すればじっくりと条件に合う病院を探してもらえます。細かい給与面の条件交渉は、転職エージェントに任せると医師の立場からは言いにくいこともズバリ病院側に伝えてもらえるので、安心して任せることが出来ます。
中規模病院では、内科医の方針は自分で原則決めることになります。同じ診療科目の医師は互いに誤診防止のためにカルテチェックを行うシステムがあるので、互いに独立していながら支え合う仕組みがあり助かっています。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら