転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

プロジェクトごとにチームの組み換えが行われるので、同じ社内で常に新鮮な出会いがあります。

  • 30代
  • 東京都台東区
  • 勤続年数8年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、プログラマーへ転職した理由を教えてください
10年後に勤務先の会社が倒産している可能性が高いので、早く生活を安定させたかったから。
専門的・技術的職業、プログラマーへ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
出版不況から製本会社へ回ってくる仕事量が毎年減っています。就職時には本は無くならず、印刷会社が親会社という安心感から定年まで働ける安定した職業ということで入社することを選びました。しかし、リーマンショック後に親会社は採算が合わない事業を本体から切り離したので、製本専門に行なっていた勤務先は仕事が半減。ボーナス支給が年2回が1回に減りついに社長から次回ボーナスは無いかもしれないという話をされました。手取り給与も月20万円と入社から一度も上がらない状況が続いており、何より10年後には会社自体が存続している可能性すら危うい状況が分かりました。30代に突入したことから、一刻も早く転職しなければと思うようになったものの、在職中にハローワークへ向かうことは勤務時間とカブるために出来ず困った状況でした。終身雇用が崩れている現実を受け入れることで、技術的な仕事にチャレンジ出来る最後のチャンスと思い、プログラマーならばいざという時にフリーランスでも活動出来ることを知り、プログラマーへ転職しようと考えたのです。大学時代にプログラミングを行っていたので、製本業の仕事をしている間でも社内ネットワークの不具合を見つけると応急処置を行うことがありました。システムエンジニアという道もありましたが、基本のプログラミングがマスター出来てからの話と考えられるので、まずはプログラマーへの転職を目指すことにしたのです。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
マイナビエージェント
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
製本業という仕事は、機械を使って作業を行うのでマシンオペレーターとも言えます。機械の使い方が分かっていれば誰にでも出来るので、特に自分自身に何らかのスキルが身についたことにはなりません。しかし、プログラマーとして働くようになると、自らが書いたコードが製品に組み込まれることとなり、会社が例え無くなったとしても扱える言語数と実務経験の量により年齢に関係なく再就職をしやすくなります。フリーランスとして活躍することも実績次第では可能となるので、手に職を持った職人と同じく会社に依存せずに生きてゆくことが出来るようになるからです。実際に5種類の言語でプログラミング出来るようになると、プロジェクトごとに声をかけてもらえるようになったので、自信も付いてきました。更に上のシステム開発を目指すことが出来るので、目標を持った取り組みが出来ています。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
未経験者向けの転職情報は少なかったから
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
首都圏に強い転職エージェントを探している際に、未経験からのプログラミングに強い転職エージェントとしてマイナビエージェントが見つかりました。製本業からの転職かつ業務としてプログラミングが未経験でしたから、求人サイトを確認しても応募出来るかどうかすら不明でした。転職エージェントを利用することで非公開求人に応募出来て面接を4社受けて2社から内定をもらえました。自分に合った転職先を選んでもらい面接対策まで一緒に行ってもらえる転職エージェントが無ければプログラマーになれていなかったと考えています。紹介されるまでの期間が半年開いてしまったので、不安を抱えながらの転職がマイナス点と言えるでしょう。
専門的・技術的職業、プログラマーへ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
未経験から入れるプログラマーの求人が少なく、転職サイトに掲載されている情報を読んでも応募条件の意味がまず分かりませんでした。プログラマーの求人数が多いことが分かったものの、自分が応募条件を満たしているかどうかの判断が出来ずに自信が無くなるので、転職サイトを使って実際に応募しなくて良かったです。しかし、転職エージェントから転職先を紹介されるまでに半年かかったことが不安を増加させていまったので、今から考えると転職サイトを使わなかったことが不安を増やしてしまったと思います。
専門的・技術的職業、プログラマーへ転職を考えている方に最後に一言お願いします
プログラマーの中にはコードを書く専門の人をイメージすることが多いでしょう。しかし、中にはプログラムのミスを見つけるデバッグ専門のプログラマーもいます。具体的な職種希望を掘り下げることが大切です。また、未経験からの転職を行う場合には、会社の業務内容を調べても意味が分からないことが多いので、転職エージェントを活用して具体的な業務内容を調べて教えてもらうことが重要です。プログラマーとして勤務して終わりではなく、今後どのような方向性でキャリア形成して行きたいのかを具体的に面接で述べる必要があります。
プロジェクトごとにチームの組み換えが行われるので、同じ社内で常に新鮮な出会いがあります。人脈作りも同時に行えるので意欲的な同僚の刺激を受けられて良いです。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら