転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

業務委託という形で様々な会社へ行っていますが、月に1~2回自社に戻って会議などもあります。

  • 40代
  • 東京都中央区
  • 勤続年数13年
  • 中途入社
情報処理技術者へ転職した理由を教えてください
経理事務でコンピュータを導入担当をした時から興味を持って、どうしてもやりたいと思ったからです
情報処理技術者へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
経理でコンピュータを導入担当をした時に、コンピュータの世界というのに強い興味を持ちました。元々のめり込みやすい性格だったのもあり、自分でパソコンを購入して本を読みながら様々なツールを試したりもしていました。気が付いたら会社の中ではそこそこ詳しい方になっており、システム関連の作業は全て任されるようになっていました。

そんな時、会社側の理不尽な対応や人間関係などが理由で親しかった社員が次々と辞めるようになりました。自分も今まで我慢していたことが積もり積もっていたところに、社長と親しい社員とトラブルになり責められる日々が続きました。そんな不満が重なった時に、趣味の仲間としてコンピュータ業界の人と知り合い、コンピュータ業界について詳しく聞く機会が出来たのです。

経理事務として導入などに関わったので多少の知識はないわけではありませんでしたが、専門職としては全くの未経験であり、30歳を越えて家族があったので転職は迷いました。しかし知人の話を聞くうちに未経験でも可能性はあるのではないかと考え、まずは転職サイトに登録してみようと思ったのです。なかなか自分から応募する勇気は出ませんでしたが、「コンピュータ業界は技術の進歩がとても早いので、経験があるかないかよりも学ぶ姿勢があるかないか」という知人の言葉を思い出し、会社へ退職願を出した上で本気の転職活動を始めました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルート
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職前に考えていたよりもコンピュータ業界は幅が広く、全てを網羅するということがほぼ不可能だという事がわかりました。そのため、どんな仕事をしていても初めて目にする技術などがあり、日々勉強が必要です。専門分野だと思っていること以外にも、時には深く知る必要が出てくるために、気が付くと幅広い知識を得ている自分に気づきます。40歳を過ぎ、50代が近くなっても日々成長を感じることが出来るというのは、自分にとって大きいと思っています。

新しい技術に触れるということは、やはり大変なこともあります。社内で誰も知らない事を、技術本を購入してゼロから勉強しなくてはならないこともあります。でも、それらが自分のものになっていくという感覚は何物にも代えがたいですし「困った時は、あの人に聞けば大丈夫」と言われるようになれたことで自信になっています。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
FindJOB!
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
前の会社で採用面接などをしたこともありましたが、業界としては未経験だったために履歴書の書き方に迷いました。エージェントの方に提出した履歴書の書き方を、かなり修正するように教えていただきました。特にスキルシートなどは今まで全く見たことも無かったものだったので、伝わりやすい書き方というのを丁寧に教えてもらったことは本当にありがたかったと思っています。

ただ職種の幅が広いので仕方がないのかも知れませんが、紹介される企業が希望として提出したものに合わないところが多かったように感じます。転職の厳しさなのか、専門的な部分の担当者知識不足なのかと感じました。
情報処理技術者へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
まだ転職を迷っている頃に見つけて登録しましたが、未経験でもオファーがもらえるということで自信につながったと思っています。不規則な時間での勤務が多い時期だったので、自由な時間で転職先を探すことが出来たというのも大きな利点だったと思っています。転職エージェントなどでの面接もしながら、空いた時間で転職サイトを利用していました。

しかし、企業の情報が不足しているケースが多く見られ、オファーを頂いてメールで連絡を取っても実際に面接に行くまで判らないことが多すぎて、面談に出向く時間と手間が予想以上にかかりました。
情報処理技術者へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
コンピュータ業界というのは、本当に次から次へと新しい技術が出てきます。そのため「知らない」ことは怖くないと思っています。技術担当として、現在は面接を行う側になりましたが、自分が採用の際に一番大切にしているのは「自ら学ぼうとする意欲や力があるかどうか」ということです。経験のなさというのは、自分から進んで学ぼうとする意欲さえあればカバー出来るというのがコンピュータ業界の良いところではないかと感じています。
業務委託という形で様々な会社へ行っていますが、月に1~2回自社に戻って会議などもあります。自社の人間とは仕事上で会う機会はあまりなく、会議などではお互いの現場の状況などを話す程度ですが、気の合う人とは会議の後に集まって盛り上がることも多いです。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら