転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

30代になって、アシスタント的な秘書業務を続けるのではなく、別の専門業務をしたいと思ったからです。

  • 30代
  • 東京都中央区
  • その他
  • 勤続年数3年
  • 中途入社
転職後の職種をおしえてください
貿易事務員
貿易事務員へ転職した理由を教えてください
転職したのは成功だったと思います。ひとつには年収がアップしたことです。そして、転職する理由だった「○○さんの秘書」としてではなくて、会社員という枠の中ではあるけれど、自分の名前で仕事ができる満足感を得ることができたからです。また、秘書として仕事をしてきた経験を、転職先でいかすこともできたと思っています。貿易事務を行う会社での仕事を覚えるときに、前任者や上司から業務内容ややり方をレクチャーしてもらったのです。自分なりの理解が正しいか、業務の流れについてアウトラインを描いたり、質問を書き出してみました。すると、明らかに作業の重複や手戻りなどがわかるところがあったのです。上司に話をしてみたところ、中途入社の社員の目から見た疑問点をクリアにしようというプロジェクトが立ち上がり、部署全体の作業の効率化を図ることにつながったのは、とても嬉しい経験でした。そのことで、部署のほぼ全員と話す機会が持てたので、思ったよりも早く新しい職場に馴染むこともできました。転職して良かったと思えたことです。秘書を離れてみてわかったのは、「○○さんの秘書」としての仕事はかなりハードではあったのですが、上司である役員名があるから、社員はすぐにアクションを起こしてくれて、その点はラクだったのだとあとになって実感しました。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
役員秘書から貿易事務員という、別の職種に転職しました。同じ職種であれば、転職先の面接時にもスキルを具体的にアピールしやすいのですが、別の職種となるとそう簡単ではありません。どんな職種に応募するにしても、まずは自分の経験と、持っているスキルを具体的に書き出して、きちんとまとめてみることです。会社の外に出ても通用する言葉で、業務や得意分野などを説明できるように、詳しく職務経歴書を書くところに時間を割いてみるといいかもしれません。そして、応募する職種についての自分なりの理解と、どのようなことをしたいのかという希望も、面接で話せるように準備するといいでしょう。秘書から貿易事務の仕事に変わろうと思ったのは、秘書の仕事をしているときに、上司である役員が管轄している海外部門への、製品の輸出入に関わる書類を読み込んだり、会議の議事録をとっているうちに興味が沸いてきたからです。緻密な作業が得意だということもあり、通関書類を一字一句チェックすることもやってみたいと思っていました。このことを面接で正直に話してみました。採用という結果をもらえたひとつの理由が、秘書としての仕事ぶりを前職の会社の人事が評価してくれていたからだと、後になって聞きました。どこで誰が見ていてくれるかはわからないので、普段から地道に仕事をするように心掛けたほうが、転職の成功にもつながると思います。
貿易事務員へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
専門的な知識を必要とする職場です。同僚は皆それぞれの担当エリアとの仕事をしているので、横のつながりは薄い印象がありましたが、わからないことは丁寧に教えてくれるので、安心できます。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら