転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

パチンコ台を調整する仕事が廃業となることが決まったので転職を余儀なくされたから。

  • 50代
  • 東京都港区
  • レジャー・アミューズメント
  • 勤続年数28年
  • 新卒入社
転職後の職種をおしえてください
サービスの職業、バーテンダー
サービスの職業、バーテンダーへ転職した理由を教えてください
道半ばですがバーテンダーへの転職は良い機会だったと考えています。趣味としてカクテルを作っていることと、バーテンダーとして同じカクテルの味を常に均一にすることの難しさを感じています。幸いお酒を飲む量は少ないので、バーテンダーとしての修行を兼ねて仕事が行えていることに幸せを感じています。中高年の転職先として考えられる業種をリストアップしても、警備、介護、清掃など65歳までを地味に生き抜くための職種という印象が拭えませんでした。幸いバチンコ店員の時に得た収入でバーを出せるくらいの資金が貯まっていたので、バーテンダーは修行のためと割り切って給与は気にせず転職することを優先したわけです。求人へ応募する際には、客層を中心に面接でも質問するようにしました。店を出すことが目標で、今までの人生経験を問われるままに話すとバーのオーナーも納得した様子を見せてもらえました。実際には4店舗応募して2店舗から良い返事を貰えましたが、2店舗のオーナーは親戚だったようでどちらの店舗へ入店するかはオーナー同士で決めてもらいました。バーテンダーの世界はオーナー同士の繋がりがある様子で、興味深い話を聞くことが出来て人生の肥やしとなりそうです。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
バチンコ店員からの転職は、職種に偏見を持っている人事担当者に納得してもらう必要がありました。中高年の転職が難しい中で、更にパチンコ店員という状況から、夜間の釘調整を行っていたことが分かっても風俗営業法に則った業種として社会的な信頼性は低いことが分かります。5年後10年後に何をしているか想像して動くことで、完全にパチンコ店をクビとなる前に転職出来たことが良かったです。趣味として行っていたお酒集めやカクテル作りをバーテンダーとして修行してみたいと思ったことは、バーを開業するという目的を見出したからです。求人に応募する際にも、明確な目的がある人ほど真面目に働く印象を与えやすいので、オーナーが直接面接する機会が多いバーテンダーの世界は特殊と言えるでしょう。バーテンダーは20代30代では相手にされないケースもあるので、中高年のシブさを出せるならば目指してみると良いです。バーのオーナーが難色を示しているケースでは、理由を確認してみると良いことが転職活動をしてみて分かりました。お酒の仕入れルートを独立開業後にも共用するなどの提案が出来れば、オーナーも乗り気になってくれることが分かったからです。酒問屋を経営していてバーも出しているオーナーにとっては、将来のお酒卸先となる見込み客と考えられるのでバーテンダーとして早く一人前とすることにメリットが出てきます。オーナーが何を考えているかを面接で知ることも、バーテンダーへの転職の近道となるわけです。
サービスの職業、バーテンダーへ転職を考えている方に最後に一言お願いします
オーナーとの良好な関係から他のバーテンダーとの会話も弾む状況にあります。独立希望者で店を出したいという希望があることをオープンにしているからこそ、一目置いてもらえていると考えています。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら