workportgame

【ゲーム業界の転職に強い】ワークポートのITエンジニア求人情報

IT業界に特化したワークポート!転職支援実績は10年で3万人

IT転職サイト「ワークポート」を運営している株式会社ワークポートは2003年3月設立。IT業界を専門とし、扱う求人情報は大手から中小企業、ベンチャー企業まで幅広く網羅しています。IT業界の転職は、大手企業より中小企業やベンチャー企業を希望する傾向があります。

他社では大手企業の求人情報を中心に扱うことが多い中、ワークポートではこれまでの実績から企業との間に太いパイプができており他社にはない中小企業、ベンチャー企業の求人情報を多く扱っています。中小企業、ベンチャー企業への転職希望は非技術職の転職で見ることのできない傾向で、IT業界に特化したワークポートの強みにもなっています。

ワークポートと言えばIT業界の中でもゲーム業界に特に強いと言われています。それはなぜか?ソーシャルゲームが今ほど身近な存在でない頃から、ソーシャルゲーム業界での転職を積極的に取り組んできたワークサポート。求職者と二人三脚で成功させてきた採用実績は今のワークポートと企業の間に信頼関係を築いていきます。

求人広告を出している企業としては採用が成功すると、また同じ転職サイトへ依頼することが多く、この信頼関係がワークポートをゲーム業界に強いと言わせる要因になっているのですね。

ワークポートが取り扱う求人情報数は約7,000件。IT業界の求人情報だけで7,000件、この数字はIT業界を扱う転職サイトの中でもトップクラスの求人数になります。求人情報数は1社でも多い方が選択肢も広がりますね。

ワークポートの豊富な求人情報は非公開ですが、社名を伏せて一部公開されています。ワークポートが支援してきた人数は創立から10年で約31,000人。その中でも約10%がゲーム業界の転職になります。

転職支援サポートは永久無料、専任コンシェルジュがマンツーマンでじっくり対応

ワークポートの転職支援サポートは登録をするとすべて無料でサービスを使用することができます。他社では無料サポートに期限が設けられているところもありますが、ワークポートでは永久無料サポートになります。

転職に成功したあとでもキャリアアップの相談や再度転職せざる得ない相談にも応じてくれますよ。ここではワークポートが無料で行っているサービス内容をご紹介します。

  • 内定確定まで業界を熟知した専任の転職コンシェルジュがマンツーマンで対応
  • 転職が初めての方には些細な疑問や不安も相談できる転職未経験者専任のコンシェルジュが対応
  • 非公開求人がすべて閲覧できる
  • ワークポートオリジナル多機能ツール「eコンシェル」の利用
  • 書類作成(履歴書、職務経歴など)の的確なアドバイスや添削
  • 豊富なデータをもとに綿密な面接対策
  • IT関連・ゲーム業界の転職ノウハウセミナーなどのイベント
  • 面談日程や年収交渉といった企業側への連絡、交渉の代行

多機能ツール「eコンシェル」をフル活用。転職活動の進捗情報は常に把握できる

特に多機能ツール「eコンシェル」はわかりやすく、しかも使いやすいことで利用者から好評のようですよ。このeコンシェルは自身の転職活動がひと目でわかるもので、いつでも確認でき表になって管理されています。スマホにも対応しているので、とても便利ですよね。eコンシェルで確認できる項目を上げてみますね。

  • 担当コンシェルジュからの連絡
  • 面接スケジュールと面接する企業の最新情報
  • 紹介された求人、応募した求人と選考状況
  • 求人企業のWebサイト
  • 最新の求人情報と自身の条件にあった求人情報
  • 自由に探すことができる求人検索

eコンシェルに配信された求人はその場でコンシェルジュに問い合わせることやブックマークすることもできます。短い空き時間でも転職活動を進めることができますね。

20代だけじゃない。30代の利用者数も全体の47%!ワークポートは30代の転職にも熱くサポート

ワークポートを実際に利用した方の業種はインターネット、システムインテグレータ、ゲームで全体の42.3%を占めます。2009年から急激に増えてきたネットワークゲーム業界は全体の10.6%を占め、難しいと言われるゲーム業界でも実績を出しています。

ここでワークポート利用者の職種別を見ていきましょう。

  • アプリケーション開発に携わるプログラマ、システムエンジニアが20.2%と断トツです
  • Webプランナーやディレクターが11.6%
  • ゲームプランナー、プロデューサーが9.9%
  • Webサイト制作、デザイナーが6.1%

次に利用者の年齢層ですが、ここ最近30代での転職が増加しています。

  • 20~24歳・・・・5.4%
  • 25~29歳・・・・43.9%
  • 30~34歳・・・・31.8%
  • 35~40歳・・・・15.5%

転職に年齢が武器になるとしたら20代は強い武器かもしれません。しかし、IT業界での転職は年齢よりもスキルや技術が重視されています。経験や知識もIT業界では武器になります。そう考えると30代の転職が多いことも納得がいきますね。ワークポートも今後は30~35歳が中心になってくると予想しているようです。

実際にワークポートで転職した方の年収増減はどうでしょうか。

  • 0~100万円アップした・・・・36.7%
  • 100万円以上アップした・・・・12.7%
  • 変化がなかった・・・・・・・・・・19.0%
  • ダウンした・・・・・・・・・・・・・・31.6%

全体の49.4%の方が年収アップしています。変化がなかった方やダウンした方には、年収よりも雇用形態や職場環境を重視した転職が見られます。