imasia_12887950_M

第二新卒薬剤師ならではのメリット活用で転職好調!

正社員として就職したけど、3年も経たずにやめてしまった…そんな薬剤師は「第二新卒」として扱われます。若手である第二新卒薬剤師が転職活動をする場合、短期間でも働いていたという実績をメリットとして活かせる方法はあるのでしょうか?

転職サイト
時給
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,5月~7月は第二新卒にとってのチャンス到来!新卒よりも利用価値有り!

実は5月~7月は第二新卒薬剤師が重宝がられる時期なのです。ご存知でしたか?

その理由は、新卒薬剤師を獲得できなかった企業や病院・調剤薬局が急遽穴埋めのために薬剤師の補充をかける動きが起こるためです。

例えば新卒の採用予定者が薬剤師の国試が不合格となった場合、薬剤師業務を行うことができなくなります。

調剤薬局などは処方箋枚数に応じた薬剤師を置かなくてはいけないので、穴埋めのためにも薬剤師獲得に必死です。すでに薬剤師資格を持っている第二新卒の薬剤師は、企業側にとっては喉から手が出るほど欲しい人材であるといえます。

2,職場下見のススメ。産休制度有無などの事前チェックもして快適な転職先を探す

第二新卒の薬剤師は中途採用で採用されるパターンが多いです。

つまり、すでに職場の空気が出来上がっている頃の雇用なので、最初の職場のスタッフとのコミュニケーションのハードルは高いかもしれません。そんな時はどうしたらいいでしょうか? 

そこで大切なのは、働く前に職場の下見をすること。

使っているであろう薬剤師の転職サイトを通じてお願いするのが適切かつスピーディーですね。自分の気質とあった職場かどうかを見極めるのはとても大事なことです。
また、研修制度、福利厚生の充実度など、事前チェックは必須です。女性薬剤師であれば、産休育休制度の有無も重要となってくるでしょう。

3,第二新卒の強みは社会経験とコミュニケーションスキルにあり

前の職場では短期間だったとはいえ薬剤師業務の経験はあるのに対し、新卒薬剤師は経験ゼロ。

この差は大変大きく、即戦力であるか否かを判断する基準になるのです。

指導する側も第二新卒薬剤師のほうが1を教えれば、5~10は理解してくれるという期待を持てますし、新卒に比べてコミュニケーションスキルも高いと思われます。

ある調剤薬局経営者は、「薬剤師免許を持っている製薬企業のMR社員から採用することにしている」と言います。理由は、しっかりした社員教育を受けていることや医師や薬剤師とのコミュニケーションスキルがすでに高いからです。

また、前の職場で人間関係に悩んでいた経験も無駄になりません。

新しい転職先では前回の失敗をいい人間関係の環境作りに活かすこともできます。色んな社会経験はコミュニケーションをさらにスキルアップさせるのに大変有効な材料となります。

4,第二新卒薬剤師、4つの面接必勝法

必勝法① 将来を具体的に語る

一度仕事を辞めた経験があると、「また辞められるのでは?」と不安を持たれます。

不安を打ち消すためには、例えば「管理薬剤師になりたい」「認定、専門薬剤師の資格などにキャリアアップしたい」との計画を語るとよいでしょう。
また、薬学5年生の実務実習に転職先も参画させたいなどを語っても良いでしょう。こういう話を聞くことができたら、職場側も第二新卒薬剤師の定着を実感として感じるはずです。

必勝法② 社会人らしく振舞う

社会人として活躍していきたいとの基本的な姿勢も重要です。

礼儀正しく、話しもきちんと筋道を立てて話すことを心がけると良いでしょう。
新卒薬剤師がとにかくヤル気とフレッシュさが売りになるのに対して、第二新卒の場合は「社会人である」ことが大事になるので、新卒とは真逆と言えます。

必勝法③ 面接の具体的な対策を知っておく

第二新卒薬剤師の場合はそれぞれ前職が違えば仕事内容も違いますし、それらの経験で得られた考えも個々に持っています。

これら自分の経験やバックグラウンドによって、実際の面接のために取るべき対策は変わってくるのです。
自分に合った対策とはどんなものなのか?というのを例えば転職サイトを活用して把握しておくなど、具体的な対策を自分で把握していることが大切です。

必勝法④ マイナスイメージを持たれる前提で臨む

実際に引き抜かれるなどの特例以外で転職を何度も繰り返すのはマイナスイメージになるということは言うまでもなく、転職の期間が短いならなおさらです。

なので、発想を逆転させて、マイナスイメージを持たれている前提で面接に臨むことが重要でしょう。

「今度こそ定着するんだ!」という強い意識で面接に臨めば、職場側にもその意気は必ず伝わるはずです。

5,それでも不安な方へ

中には、事情があり3回以上転職を重ねている方でも転職に成功した事例もあるので、第二新卒が薬剤師に就職するならとにかく諦めないこと。これが転職の成功への何よりの近道です。

また、ただ転職するだけでなく「理想の職場に転職する」ためにも転職サイトをうまく活用していくことも大切といえます。
面接対策はもちろんのことなんがら、そもそもの職場の情報を得られないことには話になりません。

解決の糸口を見つけるために薬剤師転職サイトの情報を実際に比較し、良いと感じたサイトを実際に活用していきましょう。
Hop!では転職サイトを実際にランキング形式で紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→新卒薬剤師の求人を見る

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら