土日出勤でお金を稼ぐイメージ画像

あなたの職場は大丈夫??薬剤師で退職金をもらえないパターン

薬剤師の退職金は病院、調剤薬局など働く職場によって平均相場は大きく異なり、場合によっては退職金が無いという可能性もあるのです。勤続年数によっても金額に差があるので、きっちりと貰えるタイミングを図ったり、要綱をしっかり読むことも大切です。

この記事に書かれている事まとめ
  • 勤続30年の薬剤師職場別退職金は、製薬会社2,600万円、国立病院1,000万円、民間病院800万円、調剤,ドラッグ600万円
  • 薬剤師に限らず、退職金は辞める時に会社、薬局の業績が悪いと0円になることも。。
  • 退職金より毎年もらえるボーナス金額を気にしたほうが、結果的に給与が高くなる可能性が高い
  • 生涯年収やキャリアに不安がある」薬剤師は、スマホで60秒で登録完了&無料で専門コンサルタントに相談できるエムスリー(薬キャリ)マイナビ薬剤師に登録
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

国立病院、調剤薬局、ドラッグストアで働く薬剤師の退職金相場

薬剤師の退職金相場ですが、ピンからキリまでと言ってよいでしょう。
一般的に職場の規模が大きい方が退職金制度の導入の割合が高く、退職金の額も高い傾向です。

平均年収が高い製薬会社は退職金も高い傾向があります。
平均的な会社員の退職金は2,600万円と言われていますが、大手製薬会社では職種によってはもっと貰える可能性があります。

国立病院などで働くと公務員に準ずる水準で給料が貰えます。
6年制の薬学部を卒業した薬剤師の初任給は医療職俸給表(二)の2級15号俸と定められており、定年まで勤めれば退職金は1,000万円以上とされています。
民間病院の退職金は勤続35年で700~800万円と言う数字があります。

調剤薬局ドラッグストアでは5年勤務で50万円、30年勤続で500~600万円程度でしょう。

小規模の調剤薬局などでは「中小企業退職金共済制度」で積立を行うことが多く、30年勤続で580万円程度の退職金が出るようです。
しかし、会社の経営状態によっても変動するので、必ずしもこの金額が貰えるというわけではありません。

退職金がもらえない可能性がある!?事前のチェックが重要です

退職金制度とは、退職する時に雇用主が労働者に対して一定の金額を支給する制度です。
日本では広く知られており辞める時には必ず貰えると思ってしまいますが、実は労働基準法で決められた制度ではありません。
退職金制度を設けなくても違法ではなく、最近は退職金自体がない職場が増えています。

退職金はどこの職場でも貰えるのではなく、退職金制度を導入するかどうかは経営者が決めるのです。

大手の調剤薬局やドラッグストアでは退職金制度は導入されていることがほとんどですが、小規模の調剤薬局薬剤師では退職金制度がないこともあります。

退職金制度がある会社では就業規則に退職金の支給についての規定があり、それに従って支給されるのが普通です。
もし制度があるのに、きちんと支払われなければ会社側に請求することは可能です。

退職金制度があっても、すぐに辞める人には通常退職金は支給されません。

正社員として働いて3年経って退職金が出るケースが多いですが、満1年以上で支給されることもあります。
また、パートでも正社員と同程度に働いていて就業規則で規定されていれば退職金が支給されます。

職場に不満があって退職する場合でも貰えるものは貰って辞めないと損ですね。
勤続年数が長いほど退職金も高くなるので、退職金が貰える場合はより高い金額が貰える時期まで転職を延期する方が賢明でしょう。

たった一度の退職金より、給与が高くボーナスが出る職場を選んだほうが無難

お気づきかも知れませんが、退職金というのは結局のところ賃金の後払いであり長く勤続した時に貰える報酬です。
先に毎月の給料として貰うか後に退職金として貰うかの違いといって言いでしょう。

将来のことを考えると退職金制度がある職場に転職する方が安心ですが、配偶者が転勤があるなどの理由で一つの職場で長く続けられない人は、退職金がなく給与やボーナスが高い職場を選ぶ方がよいケースもあるのです。

退職金がある方が良いのか無くても困らないかは働くスタイルによりますが、退職後の生活費と考えていたのに退職金がゼロだったでは困りますね。

転職前には退職金制度についても情報を集めておくことを忘れないようにしましょう。
就職前から退職金の話は聞きづらいという人は、薬剤師転職サイトを利用してコンサルタントに代わりに聞いてもらうのも一つの方法ですよ。

HOP!おすすめの転職サイト


薬剤師向け転職サイトってどんなサービス?登録後の流れ

転職サイトとは、希望に合った求人情報と転職活動に必要なノウハウ情報を提供してくれる無料の転職支援サービスです。また、一般的な転職サイトには、転職専門のコンサルタントがいて、希望条件にあった求人情報を探しだしたり、ノウハウ提供をしてくれます。

【登録後の流れ】

  1. 転職サイトに登録する
  2. 1〜2時間程、電話面談をする
  3. 希望条件を伝え、求人を紹介してもらう
  4. 履歴書を作成して、添削してもらう
  5. 面接をする

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら