土日出勤でお金を稼ぐイメージ画像

土日、休日稼ぐ!高給パート・バイト薬剤師求人の見つけ方

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師は主婦が多いこともあって、土日休みを希望する人が多いですね。そのため土日の求人はかなり時給が高めにして募集していますよ。薬局やドラッグストアを中心に求人はたくさんあるので、土日出勤が可能なら週末だけのバイトで年収を増やすことができます。しかし家族や友人と休みが合わせにくいこともあるので、土日勤務を始める前にはメリット・デメリットや、兼業することができるかどうかも調べておきましょう。

土日出勤をするメリット・デメリット

かつては薬剤師が働く職場といえば平日のみや、土曜日はあっても午前中までが多かったのですが、最近は土日祝日も仕事をする職場が増え、それに伴って求人数も増えてきています。

休日はあまり働きたくないと考える薬剤師がまだ多数ですが、最近の勤務スタイルの変化もあって土日勤務を希望する人や、むしろ土日の方が働きやすいという人もいます。平日のアルバイト薬剤師・パート薬剤師の時給は他の職業に比べると好待遇ですが、土日はさらに時給がよく、短時間に効率的に稼ぎたい人や、子供がいる薬剤師でも休日の方が子供を預けやすい人にも向いていますね。

このように魅力的な土日勤務ですが、家族や友人、知人と休みを合わせにくい、土日には託児所など働く人へのサポートが少ないといったデメリットもあります。また、平日に仕事や勉強をしながら土日勤務を行う人は休日が少なくなり、体力的に厳しくなります。

土日のみ勤務の求人情報を詳しく見るならこちらから

土日勤務ならドラッグストアでアルバイトが多い

年中無休で営業しているドラッグストアは土日も薬剤師が必要なので、多くのアルバイト求人を出しています。様々な地域に店舗があるドラッグストアは、希望するエリアの求人を選びやすいメリットがありますね。営業時間は朝10時から夜22時くらい、中には24時間営業しているところもありますが、その中で希望の時間帯を選ぶこともできるでしょう。

時給は調剤薬局に比べて高めだし、大手のドラッグストアならアルバイトでも研修を行ってくれることもあり、未経験者でも安心してアルバイトができそうです。

ドラッグストアでは様々な年齢層のお客さんから健康に関する相談を受け、それに合う商品を勧めるやりがいのある仕事です。しかし、平日よりもお客さん多い土日は仕事がハードになりやすく、接客がベースの業務なので人により向き不向きがある職種とも言えます。

正社員、派遣でも土日で働ける薬剤師はあるのか?

ところで、大手企業や公務員など土日休みの企業正社員薬剤師は休日にアルバイトが可能でしょうか?兼業できるかどうかは就業規則によりますが、現実としてアルバイト不可なことがほとんどです。派遣社員は土日勤務が可能かどうかは契約内容によるので、派遣会社に確認して下さい。

週末に稼げる土日勤務は魅力的ですが、就業規則に違反をすると本業を失いますよ。どうしても働きたい場合は上司に交渉するという手はありますが、認められることは稀でしょう。その他、管理薬剤師も薬事に関する兼業は例外を除いて出来ません。

土日勤務可能な調剤薬局を探す方法

土日勤務の求人がある職場には調剤薬局もありますね。ママ薬剤師が多い調剤薬局も土日に人が少なくなりがちですが、平日は家庭に忙しいけど、調剤の仕事を忘れないためにも土日だけ働きたい人などにはぴったりですね。週1回でも良い収入になりますし、調剤経験者なら優先して採用してくれるでしょう。

しかし、この薬局もう少し時給が高かったら、とか、平日夜と土日勤務が条件だけど土曜日だけ働きたい、など自分の希望とは異なる勤務条件の求人情報もありませんか。また、基本的には土日に働けるけど、どうしてもの時は休めるのかなど不安にもなることもあると思います。

このような時は薬剤師転職サイトに登録して専門のコンサルタントに質問や相談をすることをお勧めします。あなたの代わりに求人先に交渉してよい条件にしてくれたり、自分では聞きにくいことも確認してくれるでしょう。登録は無料ですので上手に利用してみるとよいですよ。

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら