薬剤師品質管理業務

【納得】薬剤師が品質管理スタッフとして働くメリット・デメリット!

薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかには「企業」で働く薬剤師もいます。しかし「なぜ臨床の現場ではなくメーカー勤務なの?」「企業勤務は薬剤師の経験やスキルが生かせない」という意見があるのも事実です。このページでは、そういった意見も踏まえながら薬剤師として企業で働くこと、特にメーカーで「品質管理」の仕事をすることにスポットをあて、やりがいやメリット・デメリットについて説明していきます。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.品質管理業務のメリット・デメリット、そして気になる年収は?

新薬の開発現場に携われる品質管理薬剤師。その仕事を通じて得られるメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょう?平均的な年収も併せて紹介します。

品質管理に携わるメリット

品質管理業務に携わるメリットには以下のような点があります。

①福利厚生が手厚い

 一例として、正社員ではなく派遣で働くのであれば、調剤薬局よりも品質管理の方がメリットが多いといえます。というのも、品質管理は製薬企業ならではの仕事です。企業は給与も高く、福利厚生も手厚いのです。コンプライアンス遵守の点からも、企業の職場環境が良いことが一般的です。また、製薬業界自体が安定しており、よほどのことがなければ仕事に追われることもありません。多忙な時期・休みを取りやすい時期が明確で、ワークライフバランスを取りやすい仕事といえます。→品質管理業務の求人を見てみる

②生涯年収は一般的な調剤薬局よりも高い

 企業で品質管理業務に携わる薬剤師の年収は、平均で400万円前後と、決して高いとはいえません。一方で調剤薬局の平均年収は、地域や規模によって350万~600万円とかなりばらつきがあります。その点品質管理は急を要する仕事が発生しないので、安定した環境で働けるともいえます。品質管理業務でも外資系の医薬品メーカーであれば、600万~700万円の求人もあります。また転職コンサルタントの交渉次第では、年齢や経験によって500万~600万円も可能です。

品質管理のデメリット

一方のデメリットには以下のような点があります。

  • 単調な仕事が続く
  • 成果を数値で表すことが難しいため、評価に不満を感じることがある
  • チームワークを重んじるため慣れるまでは大変
  • 薬剤師というよりも企業人としてのキャリアを積むことになる

これらを踏まえると、やはり「向き・不向き」はあると言えそうですね。品質管理に興味がある薬剤師も、自分自身の特性や、今後のキャリアプランも踏まえたうえで、慎重に考えたいところです。 品質管理の求人を詳しく見てみたい方薬剤師専門の薬キャリへ。

2.品質管理の仕事内容とは?

続いて、品質管理の具体的な仕事内容を紹介します。主に以下の3つが挙げられます。

  • 試験結果の集計と報告資料の作成
  • 原材料の科学試験
  • 試験結果で異常があったものに関して要因分析を行い、担当部署へ改善提案を行う

製薬会社で生産された販売される前の製品の科学的な分析を行い、製品や原材料の判定を出し、資料で報告する仕事です。また、試験結果に問題があった場合、原因を追究し、改善策の提案をします。薬学の知識をフル活用して製品の分析をするので、薬剤師としての知見をさらに深められる仕事といえるでしょう。

おすすめ製薬会社の求人なら「エムスリー(薬キャリ)」

コンサルタント・求人の比較は大手転職サイトの複数登録がおすすめ

こんな薬剤師が利用しています
  • 薬剤師求人数No.1の転職サイトで企業の求人を探したい。
  • 品質管理の仕事をして薬学の知識をフル活用したい。
  • 希望の職場が決まらず、専門のエージェントに相談したい。

3.なぜ「品質管理」として薬剤師が必要なのか?

では、なぜ品質管理の業務に薬剤師が求められるのか、改めて考えていきましょう。
それには、薬剤師が大きく3つのポイントにおいて重要な役割を果たすからです。それぞれ、医療の最前線を影から支える重要な仕事です。

薬学に関する知識

薬の原料となるものを科学的に試験することで、より良い薬を世に送り出せます。そのためには薬剤の知識は不可欠です。そして、この知識において薬剤師の右に出る者はいません。

新薬開発・販売にも知識が必要

新薬が開発されたときには、販売するための一定の基準を満たしているかどうかを薬事法と照らし合わせる段階を経なければなりません。品質管理の薬剤師はこのチェックを行います。これも薬剤師としての知識が生きる現場といえるでしょう。

何重にも試験を繰り返す必要も

試験の結果を分析し、考えられるリスクを洗い出すことも重要な役割です。そして改善提案を見つけ出し、安全に薬を使用できるよう準備をします。薬のプロとしてデータを扱えるのは薬剤師の強みです。

4.品質管理業務のやりがい

調剤の仕事ではなく、企業に転職し、品質管理に携わる。そんな道を選んだ薬剤師はどのようなやりがいを感じているのでしょう? これがなければあえて企業での品質管理という少数派の道を歩んでいる意味がありませんよね。ここでは、品質管理薬剤師が感じているやりがいを紹介します。

薬の安全を担う重要な役割

材料や完成品の試験などを繰り返し、必要に応じて改善を行うことは、製品の安全を消費者に届けるための重要な仕事です。「やりがいがある」と胸を張っている薬剤師が多いのは当然です。

製造部門へのアドバイス・調整業務も

品質管理が重要なのは、開発のみならず製造部門にも及びます。その製造部門にも、意見や要望を論理立てて伝えることも薬剤師の仕事です。安全な薬を世に送り出しているという自負が品質管理の醍醐味です。

新しい可能性を発見できる

品質試験を行う中で、ときにイレギュラーな出来事に直面することがあります。そのメカニズム解明や改善策を策定するとき、薬に対しての新たな知見が得られることも品質管理独特のやりがいといえます。

品質管理業務に興味のある方は、薬剤師専門の薬キャリで実際の求人を見てみましょう。

5.「品質管理」と「品質保証」は業務内容が違う?

これまで、品質管理の仕事についてご説明してきましたが、製薬企業にはこれに加え「品質保証」の仕事も存在します。品質管理と品質保証の仕事内容の違いと、求められる適正を見てみましょう。

品質管理

原料や製薬の試験を行い、製品が基準を満たしているのかを検証します。正確性とリスクマネジメント力が必要です。

品質保証

原材料の選択や製造必要機械の選定、完成までのスケジュール管理、作業工程のチェック、基準設定を行い、新薬開発においての舵取りの役割を果たします。発想力とマネジメント力、調整力が求められます。

6.正社員がいいの?派遣がいいの?

品質管理の仕事は、雇用形態として正社員、派遣社員のどちらかを選ぶことになります。そうなると「正社員と派遣社員の仕事内容はどう違うのか?」という疑問が持ち上がります。品質管理においては、正社員か派遣社員かで仕事内容が明確に異なります。その違いについてみていきましょう。

まず派遣社員の仕事は試験の最前線に立つ仕事といえます。高速液体クロマトグラフィー(HPLC)や品質チェック(QC)、資料作成は派遣社員が行います。正社員の指示のもと、品質管理の仕事に携わります。→派遣の品質管理業務の求人を見てみる
一方、正社員の仕事はマネジメント主体です。新薬開発における原材料や完成品の科学的試験をはじめとして、報告書の作成や会議への出席など業務全般を担当するのは正社員です。薬事法務、製品の許可・申請書類の作成部署に配属されることもあります。

正社員の品質管理業務の求人を見てみる

7.品質管理が未経験でも転職を成功させるには?

今まで薬局や病院で調剤業務をしていた薬剤師が、品質管理の仕事に就くことはできるのでしょうか。結論は「可能」です。
しかし、仕事内容が根本的に異なることから苦労をする方も少なくありません。自分の役割を正しく理解し、企業が重視するコンプライアンスに沿って行動する努力が必要です。
企業の行うコンプライアンス研修をしっかりと受けること、過ちがあったら先輩に即座に注意してもらい、その理由をきちんと理解する前向きな姿勢が重要です。
転職希望の薬剤師が、転職活動に入る前に明確にしておかなければならないのは、「なぜその企業に入社したいのか、入社して何ができるのか、今後その企業でやりたいことは何か」です。動機が明確でなければ、これまでの職務経験から離れた仕事に就いても継続することは困難でしょう。

薬剤師専門の転職エージェントに相談を!

品質管理の仕事に興味があっても、求人が見つからなければ何も始まりません。
自分で探すのも限界がありますから、「薬剤師専門の転職エージェント」に相談することをおすすめします。品質管理の仕事探しはもちろん、適正の確認、職場環境の実態など、転職にかんするあらゆるサポートであなたの転職をバックアップしてくれるはずです。
エージェントは薬剤師転職のプロです。今まで数えきれないほど薬剤師を内定に導いた経験から、「品質管理の仕事探し」においても心強い味方になってくれるはずです。

1位企業への転職もエムスリー薬キャリ

エムスリーはこんな薬剤師におすすめ

  • キャリアアップがしたい
  • 派遣で働きたい
  • 調剤薬局以外の職場にも興味がある

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら