ママ薬剤師

あなたは調剤薬局に向いてる?調剤薬局薬剤師に向いてるのはこんな人

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師の転職先として人気で求人も多い調剤薬局。仕事内容が異なるドラッグストアからの転職が多いようですが、調剤薬局に向いている薬剤師さんはどのような人なのでしょうか。
調剤薬局の薬剤師はどのような業務を行っているのか、一日の仕事の流れや、病院薬剤師と比べてメリットやデメリットも合わせてみていきましょう。

調剤薬局薬剤師のおもな仕事内容

調剤薬局の薬剤師の業務は、開局準備にはじまり、処方箋に基づいた調剤、監査、服薬指導、投薬、薬歴の作成、薬の在庫チェックや仕入れの確認、などです。

主な仕事内容は患者さんが持ってくる処方せんに基づく薬の調剤業務です。

患者さんが服用している薬やアレルギーなどの情報をチェックしながら調剤を行います。処方せんに応じて一包化処方を行ったり、飲み間違いを防ぐ工夫などもしています。処方せんの内容に不明なところがあれば、患者さんや医療機関にに問い合わせ(疑義照会)も行います。

調剤や処方に間違いはないか、重複投薬や相互作用の恐れはないかなど、患者さんのお薬手帳の記録も確認しながら監査をします。その後、薬の効能効果や服用方法、服薬状況も確認して薬をお渡しします。薬の相談をうけることも多いです。

投薬後、患者さんからの情報をもとに薬歴を作成します。次に来局された時にスムーズに対応できるよう詳しく記録しておきます。電子薬歴を導入する薬局も増加しています。在宅医療に取り組む薬局や、薬剤師が処方せん内容をレセプトコンピューターに入力するところなど、調剤薬局によって薬剤師が関わる業務は様々です。

ドラッグストアよりもやりがい豊富!

調剤薬局への転職を考える薬剤師さんの割合としてはドラッグストアで働く薬剤師さんが多いです。
なぜならドラッグストアで勤務している薬剤師さんは、「調剤に関わる時間を多くしたい」という悩みを抱えている人が多いからと言えます。

調剤薬局薬剤師の仕事内容の主要な仕事内容である調剤業務はミスが許されず責任のある仕事ですが、ドラッグストア勤務の薬剤師さんではできない仕事です。薬以外の雑務が多く、「薬剤師らしい仕事」が少ないドラッグストアの仕事内容とは対極をなすと言えます。
調剤業務を通して薬剤師としてキャリアアップを果たせるでしょう。

調剤薬局の仕事内容のもう1つの特徴として、患者さんの健康に直接関わることができるということがあります。患者さんが処方する薬の説明をして患者さんからお礼を言われた時、患者さんの病気が回復したとき患者さんとのコミュニケーションを通して薬剤師としてやりがいを感じる人が多いようです。

調剤薬局薬剤師のメリットデメリット

調剤薬局薬剤師のメリット

調剤薬局で働くメリットの一つは勤務時間が規則的で、休みが比較的多いところでしょう。

ドラッグストア勤務の薬剤師が抱える悩みとして、「土日が休みでないので、プライベートが充実できない」ということが多く挙げられます。調剤薬局の多くは週休2日制のシフト制をとり、土日休みの職場もあります。今まで仕事が忙しくてプライベートを充実できなかった人には魅力のある職場といえます。

また調剤薬局のはシフト制が基本なので、出勤する曜日や時間なども都合に合わせることが可能です。また、調剤薬局で働く薬剤師の一日にさばく処方箋の枚数や・調剤に対応する回数は、上限数が決められているので、残業が比較的少ないということもメリットです。

調剤薬局薬剤師のデメリット

デメリットは病院薬剤師に比べると業務内容が限られていることです。例えば、医師や看護師などと連携してチーム医療を行ったり、大きな病院で院内の薬の専門家として勤務していた人には物足りなさがあるかもしれません。しかし、総合病院の近くの大きな調剤薬局や、在宅医療に取り組むところでは、経験を生かした業務をすることができるでしょう。

調剤薬局が向いている薬剤師はこんな方

以上を踏まえて、調剤薬局に向いている薬剤師さんはどんな方でしょうか。大きく分けて3つ挙げられます。

患者さんにわかりやすい説明ができる人

調剤薬局で働く薬剤師さんの主要業務の1つは服薬指導です。

調剤薬局に訪れる患者さんは薬について全くの素人なので、そのような患者さんに薬について分かりやすい説明をすることが必須です。医師から大雑把な説明しか受けられず、ご自身の症状について不安を抱えている患者さんの立場に立ってあげなければなりません。

ドラッグストアで勤務している薬剤師さんよりも薬について幅広い知識を持ち、なにより人と話すことが好きな人でないと難しいです。

コミュニケーション能力に長けている人

①に関連したことですがコミュニケーション能力も重要です。

患者さんへの丁寧な服薬指導だけでなく、職場内との仲間とも上手くやっていかなければなりません。調剤薬局は店舗によって多少差はあるものの薬剤師の数が少ないです。
薬剤師さんが調剤薬局から転職を考える理由の多くは「職場での人間関係」ですので、以前にコミュニティ内で人間関係が上手くいかなかった経験がある人は要注意です…(笑)

特に調剤薬局は女性が多い職場ですから女性との人間関係もうまくマネジメントできる人でないとより難しいでしょう。

調剤業務を楽しめる人

調剤薬局の調剤業務は、薬について幅広い知識を得られるというメリットがある反面単調な仕事と言えます。毎日何枚もの処方箋を扱う単調さに嫌気がさしてしまい転職を考える薬剤師さんも多いです。
ご自身の性格を振り返ってみて飽きっぽい面がある人は調剤薬局での業務は向いていないでしょう…(笑)

細かい要素としては、集中力や患者さんと接する際のビジネスマナーも持っている人でないといけませんが、なにより患者さんに、「またこの薬剤師さんに対応してもらいたい!」と思ってもらえる人でないといけませんね。

調剤薬局は求人たくさん!

薬剤師さんの勤務先の割合は、調剤薬局50%ドラッグストア20%病院15%研究職5%
となっており薬剤師求人市場は調剤薬局の求人で溢れています。

したがってその分自分の勤務条件にあった調剤薬局の求人がある可能性が高いということです。
調剤薬局への転職に興味をもった人は早速調剤薬局の求人を探してみましょう。

しかし調剤薬局の求人は無数にあるので、希望通りの転職先を見つけるには転職サイトのコンサルタントを利用することを強くおすすめします。

希望通りの調剤薬局に転職するならこのサイト!

業界最大級!薬キャリ(エムスリー)

業界最大級の実績で、
病院や調剤薬局の求人に強い!また、地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅するため、どんな転職条件にも対応してくれます。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら