頭を抱える女性

働いていた調剤薬局が閉店、あせって薬局に就職したがブラックだった

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

もし突然勤め先が「閉店」「閉鎖」になったらどうしますか?
今回、勤め先だった調剤薬局が突然閉店、転職したらブラック企業だった…という女性薬剤師の方にお話を伺いました。
突然の閉店は必ずしも人ごとではありません。
あなたの勤め先がそうなった場合どうすればいいのか?そのヒントをつかんでください。

調剤薬局が突然の閉店。取った行動は?

Q.そもそも調剤薬局が閉店することはご存知でしたか?

―はい、閉店の1か月前ですが一応知っていました。

二年ほど勤めていましたが、業績不振で店舗閉鎖するから全員解雇になる、と通達を受けました。
閉鎖することを聞いてすぐにハローワークに向かいましたね。

Q.ハローワークですぐに求人は見つかりましたか?

―それが、そう簡単にはいきませんでした。

現職同様調剤薬局で仕事を探したのですが、2か月間仕事が見つからず…。
店舗閉鎖の1か月前ですから、無職期間が1か月できてしまいました。

当時はまだ26歳で若かったし、薬剤師ならすぐに仕事が見つかると思っていたのに、希望勤務地が家の近所だったせいか、募集自体が少なかったのです。

Q.そして、ようやく見つけた求人というのが?

―希望の勤務地付近の、調剤薬局でした。

勤務先だった店舗が閉鎖し、無職になり焦っていた頃に見付けたので引き込まれるように応募しました。
ほぼ全国に店舗を持つ大型の薬局で、自宅からそれほど遠くもないし営業時間も長くないしで至れり尽くせりのように感じたのです。

面接は、複数の店舗を束ねる薬局長と、店舗の管理薬剤師の二名で行われました。

求人先は、以前勤めていた薬局と業務内容がよく似ていたため、仕事に慣れるのも早いだろうと見込まれたのか、すぐに採用が決まりとても安心したのを覚えています。

しかし今振り返れば、ボーナスが無いことに違和感を感じるべきだったとも思います。
ちゃんと情報サイトなどで調べておけば…と今では思います。

転職先は給料安い、ボーナス無い、休み無いの3拍子揃ったブラック薬局だった!

Q.やっとたどり着いた新しい職場はどうだったんですか?

―正直言いますと、ブラックでした。

そもそも給料が少ない。
面接で聞いていた金額よりも少ない額が支払われることもありましたし、ボーナスも無いですから収入が激減しました。

加えて勤務時間外の仕事が大変多かったのです。
店舗の飾りつけから備品の買い出し、月に一度の大掃除などは勤務時間外で行われ、強制的に参加させられました。

さらに、本来なら半日勤務のはずの土曜日も、お弁当持参で夜まで働かされることもしばしば。
元々休日の少ない職場だったので、午後からお休みになる土曜日は私にとって貴重な休日なのですが、土曜日はほとんど毎週、通常の勤務と変わらない時間まで働いていました。

つまり、ほぼ無休でしたね。月・火・水・木・金と働き、土日のうち土曜日も仕事。祝定休もありません。

Q.人間関係はどうだったんですか?

―良くなかったです。

管理薬剤師も言い負かしてしまう一人のベテラン薬剤師が威張っていて、みんなその人にびくびくしていました。
土曜日のサービス残業だって、彼女が言い出したことなので、みんな逆らえないような状況でした。

週末をエンジョイしている学生時代の友人や、いきいきと働いている友人を見て、自分だけが損をしているような気持ちになりましたが辞めるに辞められず…ストレスがただただ溜まる日々でした。

Q.今もそこで勤務を?

―いえ、当然退職しています。

2年ほどそこで働いて、ちょうど結婚することになり退職の意を伝えたらすんなり受理されました。
退職理由が結婚だけあって、色々質問はされましたがみんな温かく見送ってくれたのが幸いでした。

何より私はその職場を退職できたことが嬉しくてたまらなかったことは言うまでもありません。

いかなる事情でも転職活動に焦りは厳禁!

いかがでしたでしょうか?

誰だって勤務先が閉店・閉鎖となれば気が気ではなくなります。
しかし、そういう時ほど冷静に新しい職場を選ぶ必要があると言えます。

会社が倒産し就職活動をせざるを得なくなったなどの場合は、失業保険をもらうこともできますのでとにかく落ち着くことが必要です。

転職先が調剤薬局であろうと、総合病院であろうと職場環境などの情報は事前に調査しておくに越したことはありません。

また、希望条件もしっかり用意しておきましょう。

何も決めずにとりあえず転職だ!となると、方向性が定まらず、結果的にブラック企業へ転職することになりかねません。
調剤がやりたいのに、転職してみたら受付業務だったというようなケースを避けるためにも希望条件はハッキリさせておきましょう。

希望通りの求人を紹介してもらうには?

希望通りの求人を一人で探すのは、とても骨が折れます。仕事をしながらであればなおさらです。

そこで、転職サイトを活用しましょう。

転職サイトなら、「無料で」「どこでも」求人を検索でき、紹介してもらうこともできます。
また、転職コンサルタントから実際の職場環境を教えてもらうこともできます。

採用されたものの、働き出してみたらとんでもないブラックだった!ということは避けるためにも、あせらずに、転職サイトを活用してじっくり求人を探すことをオススメします。

「今働いている職場、もしくは応募している職場はもしかしてブラック?」と思ったら一度相談してみましょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら