201406252102371711

調べてみた。年収750万円以上の高収入転職「キャリアカーバー」のヘッドハンター型転職

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

ハイキャリア向けの転職支援サービスは、最近Facebook広告などでよく見かけるようになってきました。ビズリーチはもうずいぶん有名ですが、他にもエンジャパンやJAC等もここを強化していますね。

年収750万円以上の高収入の方。高学歴だったり海外での勤務経験があったり、あるいは会社役員等のエグゼクティブキャリアをお持ちの方等の転職は、そうでない方々の転職とはまったく違った市場になってきつつあるようです。

通常の転職サイトのサービスはどこも似たり寄ったりな中、ハイキャリア向けのサービスはけっこう個性があって比較しやすいようです。リクルートが展開する「キャリアカーバー」について調べてみました。

201406252104129220

通常の転職サービスと何が違う?

通常の転職支援サイトはだいたい以下の2つに大別されます。

・求人検索型サイト:自分で求人情報を検索して、気になったところに応募するだけ。
・エージェント型サイト:登録すると担当のキャリアアドバイザー(エージェント)がついて、個別に求人情報を紹介してくれるもの。

キャリアカーバーはどちらかと言えば後者のエージェント型サイトに近いのですが、このキャリアアドバイザーの質がかなり違うようです。

通常、キャリアアドバイザーは求職者の「こんな職場で働きたい」「年収はこれぐらい、勤務地はこのあたりがイイ」など希望を聞き、それにマッチした求人情報を紹介してくれるというものです。

これに対し、キャリアカーバーでは「キャリアディスカッションパートナー」という立ち位置の「かかりつけヘッドハンター」を担当として付けてくれるというサービスです。経営幹部層を含む高年収の人たちの転職サポート経験が豊富なヘッドハンターが、定期的にキャリアについて相談に乗ってくれるようになるイメージです。

201406252104129220

ヘッドハンターとキャリアアドバイザーの違い

・腕のいいヘッドハンターは企業にもかなり深く入り込んでおり、経営陣や人事担当者との関係を築いています。このためキャリアアドバイザーの紹介では入社できなかった企業でも、ヘッドハンターに再度話をしてもらえば採用してもらえるというケースもよくあります。

・多くの転職サイトではキャリアアドバイザーはサラリーマンですが、ヘッドハンターはヘッドハント領域のプロとして、紹介事業だけでご飯を食べているという面でもまったく違います。年齢も、キャリアアドバイザーは20代〜30代前半が多い中で、ヘッドハンターは40代以上のかなり経験豊富な方が多いようです。

・今では転職サイトも「非公開求人情報」を多く保有していますが、少しメジャーになりすぎた感があります。企業が重要ポジションの求人や重要な事業の責任者を探すにあたり、あまり多くの転職サイトで募集するということも考えにくいですね。ヘッドハンターはこうした「まだ表に出ていない求人情報」を保有しているという点でも、紹介できる求人情報の質はかなり変わってくるようです。

※ちなみに、よく会社に「ヘッドハンティングです」と電話がかかってくるアレ。腕のいい人は会社に迷惑な電話をかけてくるようなことは通常しないとのこと。ご注意ください(笑)

201406252104129220

キャリアカーバーに登録すると、何が起こる?

通常の転職サイトは登録にかかる時間もだいたい1〜2分程度とずいぶん簡略化されていますが、キャリアカーバーはヘッドハンターサービスなのでさすがにそういうわけにはいきません。やはり職歴情報は詳細に記入したいので、人にも寄りますがだいたい10分程度はみたほうが良さそうです。

※ビズリーチと違い、サービスはすべて無料で利用できます。

「レジュメ会員」まで登録が終わると、ヘッドハンターからスカウトメールが届きます。ここで返信をすれば面談のセッティングとなり、実際に会ってキャリアの相談をすることに。

このあたりのフローは他社とそこまで変わらないのですが、大きな違いは「その場ですぐ求人を紹介する」というスピード勝負のマッチングではなく、あくまでプロのヘッドハンターと今後のキャリアに関する相談を行なうというもの。ヘッドハンターとしても企業にきちんとした人材を送り込むというミッションも持っていますので、転職相談や求人情報の紹介等も時間をかけてじっくり進んで行くのが特徴です。

201406252104129220

キャリアカーバーはこんな人におすすめ

・信頼できるヘッドハンターに出会いたい。また、定期的に会ってキャリアの相談をしたい。
転職ありきではなく、今後のキャリアを見据えた上でのアドバイスをもらいたい。
・とにかく求人メールを送りつけるのではなく、本当に自分に合った情報を提供してほしい。
ノルマに追われているキャリアアドバイザーは正直信用できない。
・高い年収ももちろんだが、やりがいのある重要なポジションでの仕事を求めている。
客観的な自分の市場価値や、業界内での自分のポジションを知ってから転職を検討したい。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。