post-953

ブランド買取業からIT業界へ転職。プログラマーの業務にも接客経験を活かせるので安心

 

 

 

転職前の年収:288万円 => 転職後の年収:432万円
職種:小売業
面接を受けた会社:1社
登録した転職サイト:知人による紹介

 

華やかなイメージにつられ、ブランド品買取の企業に就職

以前私は貴金属やブランド品買取の会社に就職しました。元々はグラフィックデザインの仕事をしていたのですが、違う分野の仕事がしてみたいという事と、ちょうどその時期に貴金属の値段が高騰し、買取業者が増え流行していたので貴金属やブランドという華やかなイメージを持って転職しました。

現実はとにかくひどかった

しかし、買取業と言っても貴金属を売りにくる方はやはり少しでも高く売りたいと、強い口調や脅し文句を言ってきたり、会社は会社で労働時間が長く、店舗で朝から働き、夜の19時には本社へ戻ってそれからまた残業。もちろん残業代も出る事もなく、求人内容で記載されていた給与よりかなり安い給与で仕事量・内容は会社の幹部レベルの仕事を頼まれます。

社内の人間関係もギスギスしていてとても「社員一丸になって頑張る」という言葉は似合わない程のものでした。

精神面・体力面共に限界となりプログラマーとして転職

グラフィックデザインとは違う分野なので沢山の事を勉強でき、知識も増えたのですがそれ以前に精神面・体力面共に限界が近かったです。その際に知人に相談して、元々得意だったパソコン関連の仕事がしたいというとIT関連の会社を紹介すると言ってくれました。

早速、それまでいた会社に退社届けを出し、紹介された会社へ面接に行きスムーズに転職する事が出来ました。それから元々興味・若干の知識があったプログラマーとして働く事ができ、プログラムの応用を教えてもらいながら仕事をする事が出来ました。

仕事量自体は以前より増えましたが、自分の時間配分で仕事ができますのでスムーズに仕事を進める事が出来るので他の人に振り回される事がないのでとても仕事がやりやすいです。

その他、機材環境・社内環境もよく、わずわらしい作業がショートカットできたりするので効率よくスピーディに進めれるのでとても助かっています。

人間関係がとにかく良好で、長時間労働も苦にならない

後は何と言っても人間関係が以前と比べ物にならない程良好で、社内の方々みんながそれぞれ思いやり、気遣いを持って仕事しているので無駄な心配や雰囲気が悪くなる事もなくこれもまたスムーズに気持ちよく仕事ができる理由の一つです。

ただやはり、プログラムも納期がせまっていたりすると時間に追われて残業もしばしばで労働時間に関してはこちらの方が長時間に及ぶ事が多いです。

しかし、労働時間が長くとも上記のような人間関係・社内環境にあるので頑張っていこうと思えますし、仕上げた後のやり遂げた感が充実していますので断念以前の会社より転職先の方が楽しく仕事できます。

残業代は出るし社員同士は仕事をカバーしあうという、働きやすい環境

私が転職した会社は他のIT関連会社より待遇が良いようで、他の会社ではサービス残業で長時間強制的にやらされると聞きますが私が転職したこの会社は残業代もある程度でますし、手当も厚く給与も自分が仕事した分きちんともらえます。

その他、出来るだけ残業せずに済むように社員同士で作業のカバーやアドバイスをしあったりして効率よく仕事をすすめられて出来るだけ仕事を速く仕上げていくような会社なので世間のプログラマーのイメージとは大分違いとても働きやすい環境にあります。

以前、プログラマーが主体の映画が出ていて長時間・理不尽な要求・限界まで仕事するというものですが、私自身そのイメージを持っていたのですが、そんなイメージとは大分違い、クリーンで待遇も良く、仕事がしやすい環境で転職したての時はとても驚いていました。

前職での接客経験がプログラマーとしての業務に活きている

プログラムも勉強していたとはいえ、以前の業種が全く違うのでうまくやっていけるかとても不安だったのですが、共通している部分も多く、以前の仕事で培った知識や対応も活かせたので安心して仕事する事ができました。

プログラマーとは言っても、プログラムをお客様に販売するという事が前提なのでお客様に対する営業や販売・プログラム内容の説明の仕方などは前の接客対応の要素を取り入れています。

異業種からいきなりIT関連に転職となると尻込みしたり無理だと思われているかもしれませんが、やってみると意外な面もいろいろ見えてきますし、思っている以上にいい結果になると思いますのでIT関連に転職を考えている方は思い切ってやってみるといいと思います。