post-939

エンジニア不足で売り手市場のIT業界。希望企業への転職はとことん追求すべき

 

転職前の年収:360万円 => 転職後の年収:320万円
職種:システムエンジニア
面接を受けた会社:7社
登録した転職サイト:DODA、マイナビ転職

 

コンサルタントが希望に近い求人を紹介してくれた

転職をしようと考えたきっかけとしては、前職の仕事内容が満足できず、さらにステップアップしていきたいと考えていた為に転職を考えました。転職活動を行っている時にコンサルタントを利用したのですが、自分の希望に近い求人を数多く紹介してくれたので個人的にはとても満足しています。

履歴書や職務経歴書、面接の対応方法もアドバイスしてくれた

コンサルタントの方が定期的に求人を紹介してくれたので、その中から私が求人を厳選し、応募する事によって思っていたよりも早い期間で転職する事ができました。またコンサルタントの方は私が作成した履歴書や職務経歴書のアドバイスなども行ってくれたので、どのように作成すればいいのか少しずつ学ぶ事ができたのもよかったです。

その他にも面接の対応の仕方など転職に役立つテクニックを多数伝授してくれたので、転職活動を行っている時はその知識やテクニックを活用する事ができました。

転職後、短時間で多くの開発を行える能力を身につけた

javaの開発を主に行っている企業に転職する事ができたのですが、残業代が決められた時間以上に支払われない企業に入社したので、できる限り残業をしないように仕事を行うようにしました。

その結果短時間で多くの開発を行う事ができる能力を身に付ける事ができるようになりました。職場に関しましては基本的に客先常駐のスタイルですので、お客様先の環境に合わせていくスタイルでした。色んなお客様先に行きましたが始業時間や終業時間が異なっているだけで、基本的にはほとんど一緒でした。

ただIT企業のお客様先に出向という事なので、IDカードを作成したりする事がよくありました。お客様先で仕事する際にどのように仕事をしていけばいいのか教えてくれるので、私の場合はとても仕事がしやすい環境でした。

開発はjavaで行っており、ほとんどEclipseを使用していました。Eclipseは以前でも使用していたので、問題なく開発をしていく事ができました。このように転職をする事によって、javaのスキルを今まで以上に高める事ができ、やりがいのある仕事をする事ができました。

給料は下がったが、スキルや経験は向上したと自分に言い聞かせる

ただ給料が下がってしまった事はちょっと残念だと感じました。やはり給料が高いと多少きついお仕事でもモチベーションを上げていく事ができるからです。私の場合は給料が多少下がってしまいましたが、自分のスキルや経験を向上させる事ができたので、給料の事はあまり考えないように自分に言い聞かせながら仕事をしていました。

以前は労働環境も苛酷で、ほぼ毎日終電という厳しい労働環境ではありましたが、転職をする事によって厳しい労働環境ではなくなり、残業が多くなりそうなら次の日に回すというスタンスだったので、無理なく仕事をする事ができました。

社内開発企業への入社にはもう少しこだわるべきだったか

個人的な希望としては、社内開発を行っている企業に入社したかったのですが、中々社内開発を行っている企業を見つける事ができなかったので、希望とはちょっと異なっていますが、お客様常駐スタイルの企業に入社しました。社内開発を希望した理由としては、勤め先が頻繁に変わらないで仕事に集中する事ができるという考えがあったからです。

今考えればもう少しこだわった方がよかったかもしれません。ただ客先常駐には客先常駐の良さがありますので、新しい仕事環境で色んな知識や経験を積んでいく事ができたのはとてもよかったです。

希望企業への転職は妥協せずに追求すべき

これからIT業界の企業に転職を考えている方はできる限り希望に近い企業に転職した方が、トラブルなどが起きにくく仕事に集中する事ができるはずです。少しでも妥協してしまうと後悔したりする事がありますので、とことん追求していった方がいいです。

現在はエンジニア不足で多くのIT企業が求人を出しています。自分がステップアップする事ができる企業に転職する事ができれば、どんどん昇進する事ができ、給料や仕事も充実してくると思います。私は現在の企業にある程度満足し、javaを使用して色んなシステム開発に携わっています。

キャリアコンサルタントとの面接ではとにかく遠慮なく自分の転職ニーズを伝えないといけません。
>>>転職サイトを口コミで比較