Doctors Shaking Hands At Desk

薬剤師が病院に転職するのって難しいの?病院転職を成功させてキャリアアップするために

「調剤薬局で勤務をしているけれど、薬剤師としてスキルアップがしたいから病院薬剤師に転職したい!でも転職がうまくいくのか不安…。」このような考えをお持ちの薬剤師さんは多くいます。確かに一般的に調剤薬局から病院への転職は、求人が少なく難しいと言われていますが、しかるべき準備をすれば病院への転職は決して難しいことではありません。このページはあなたが抱えている、調剤薬局から病院への転職の不安を解決する手助けになるでしょう。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,病院への転職の前にすべきこと

調剤薬局と病院における薬剤師に求められる役割やスキルは大きく異なります。

そのため、調剤薬局から病院への転職の前にある程度勉強などの下準備をしていたほうが転職の際や、転職をして働き始めたときに有利になります。

病院薬剤師会の研修会に参加する

具体的にどのように勉強すればよいかというと、各都道府県で行われている薬剤師研究会の研究会や研修に参加するのが最善策です。

実際に病院で活躍している薬剤師さんがどのようなスキルを持っていてどのような働き方をしているのかを知っておくことは大きなメリットになります。

ベットサイドで役立つ薬剤師の知識や、新薬、最新治療、薬物療法、病院薬剤師の為の臨床医学の知識など、様々な病院薬剤師に関して勉強することができます。

コネを作っておく

コネというとなにやら卑しく聞こえてしまうかもしれませんが

病院は求人が少ないため、病院で働いている知り合い(薬剤師でなくとも)を通して病院側に口利きしてもらうことは当然転職に有利です。

上で述べた研修会などで病院薬剤師の関係者と顔見知りになってしまうというのも役に立ちます。

知り合いが身近にいない場合には転職サイトで見つけた求人の病院に直接赴いてみることを勧めます。職場の雰囲気を感じられるだけでなく、その病院で勤務している医師や薬剤師と顔見知りになることができるからです。

中小規模の病院の求人を探す

いくら研修会などで知識を蓄えても、実践経験がないから不安という方は100~200床程度の規模の病院で病院内に薬剤師さんが比較的沢山いる求人から探してみましょう。

大病院に比べて設備等では劣る面もあるかと思いますが、その分仕事を任せられることが多く大きなやりがいを感じられます。

大手の病院となると新卒の薬剤師が入るケースが多く逆に求人が少ないという傾向にあります。

調剤薬局からの転職となると不安が大きいと思いますが、実践経験がないのは新卒の病院薬剤師でも同じことです。病院への転職はタイミングが命とも言われています。

あなたが本気で病院薬剤師として働いてみたいと思っているのなら一歩足を踏み出してみましょう。

2,薬剤師の病院転職が難しいと言われている理由

薬剤師が薬局に転職するのが難しいと言われている理由は、実は転職サイトの”大人の事情”が絡んでいるからなんです。

理由(1)そもそも求人情報数が調剤薬局とドラッグストアに偏っている

まず、病院の数自体が薬局やドラッグストアとは比べ物にならないぐらい少ないということ。調剤薬局やドラッグストアはコンビニと同じかそれ以上あります。一方、病院は日本に全部で1万もありません。

理由(2)転職サイトの紹介料が少ないため、やる気を出してくれる転職サイトが少ない

転職サイトは薬剤師の転職を全て無料でサポートしてくれます。彼らの取り分は、転職が成功した際の年収の30%ほど。

年収500万円の薬剤師さんが転職完了すると、150万円ほどが紹介料として転職サイトに支払われます。

ここで、病院の年収が調剤薬局等よりずっと少ないのはご存知でしょう。年収が低くなりやすい病院の転職支援は、たいへんな割に儲からないというのが転職サイトの本音なのです。

ひどい転職サイトになると「病院に転職したい」と何度伝えても、無理に調剤薬局に転職させようとするケースもかなりあるようです。

理由(3)専門用語が理解できるキャリアアドバイザーが少ない

薬剤師さんの日常会話では普通でも、一般人には理解できない専門用語もたくさんあります。調剤薬局やドラッグストアであればスキルや経験によってそう仕事に違いはでてきませんが、病院で働く薬剤師のスキルや経験は様々です。

「クリーンベンチ」「IVHの混注」ぐらいの言葉の意味が理解できないと、まともな転職サポートはできませんが、これができるキャリアアドバイザーは非常に少ないのが実情です。

病院への転職はタイミング命!

最近の日本の医療の流れは医薬分業へと進んでいることは確かですが、まだまだ病院薬剤師の需要はあります。

しかし自力で数少ない病院薬剤師の求人から転職を成功させることはとても難しいことです。

信頼できる薬剤師専門の紹介会社に登録して転職活動を進めることをおすすめします。

あなたの希望通りの求人情報を探してくれるだけでなく、事前に一緒に病院に赴いてくれたり、少しでも年収を挙げる交渉をしてくれるなど、ただ転職を斡旋してくれること以上のサポートをしてくれます。

3,病院転職の際に活用すべき転職サイト

では調剤薬局から病院への転職をする際には、数ある転職サイトの中からどの転職サイトを利用すべきなのでしょうか。

  1. 病院に太いパイプがある
  2. 専門用語を理解できるアドバイザー
  3. 紹介料に関わらず丁寧なサポート

※転職サイトへの登録時や電話での本人確認時には、大抵「1ヶ月以内」「3ヶ月以内」「6ヶ月以内」「6ヶ月以上」で転職希望時期を聞かれます。転職サイトは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている人は極力「6ヶ月以内」と回答しましょう

これらの条件を見たし、病院転職(復職)をきっちりサポートしてくれる転職サイトの一覧がこちらです。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら