post-897

要素技術を極めたいと人事部に相談した結果、「うちでは無理」と言われ転職を決意

 

転職前の年収:500万円 => 転職後の年収:550万円
職種:システムエンジニア
面接を受けた会社:3社
登録した転職サイト:DODA

システムエンジニアから、ソフトウェア開発エンジニアへ転職した経験があります。新卒で某大手SIerに入社して数年、いつの間にかチームリーダーになりプロジェクト運営に従事していました。

テクノロジーよりもマネジメント業務が増えてしまった

チームを率いて顧客にシステム提案するという仕事そのものはやり甲斐のあることだったのですが、日を増すにつれて顧客要望も多岐に渡ってくるようになり、そのため同時に関係各位への根回しとチームのマネジメント業務をすることに比重が増してきました。テクノロジーよりも、プロジェクト内政治への関わりが多くなっていったのです。

私自身のキャリアとしては、マネジメントの経験を積み重ねて将来組織の幹部へというパスではなく、どちらかといえばソフトウェアやシステムのアーキテクチャに精通した「アーキテクト」へと進みたかったため、日々の業務に疑問を感じるようになりました。

人事に相談し、転職を決意

そのため、思い切って会社の人事に相談したところ、「うちはあくまでシステムを利用したサービス業なので、要素技術を極めるような案件はこれからも増えることはない」と言われ、私の転職への決意が固まりました。

さっそく、転職先候補をリストアップし、転職サービスも利用して活動を始めました。リストアップの基準は、OSに近い要素技術を使用したソフトウェア開発会社。独立系よりも、電機系メーカーの関連会社を中心にアプローチしていきました。

転職サービスのWeb応募だけでも、多くのIT関連企業へのアプローチができたため、転職コンサルタントを通じてではなくWeb応募を通じて個別アプローチしたという形になりました。このアプローチだけでも先方企業からは良好な反応が返ってきました。評判のよかったDODAには登録しましたが、特に活用したということはありません。

面接ではマネジメント能力も重視された

前職でシステムの設計書作成やプログラミングもある程度の実績を積んでいたため、応募した企業からは全て内定を頂き、比較的スムーズに会社を移ることができました。なお、面接にて重点的に聞かれたところは、「チームマネジメントでの失敗とそのリカバリーの体験談」と、「身につけていない技術にどうあなた自身同対応していくか」というところでした。

つまり、マネジメント能力と学習能力を先方企業は気にしているところであり、その部分に関しては予測していたので円滑に回答することができました。ここは転職でうまくいった点です。転職先は電機メーカーのソフトウェア開発会社で、OSに関連するプロジェクトを多数抱えている企業です。

職場の雰囲気と求められる業務レベルが全然違う

さて、転職前と転職後での比較ですが、大きな違いは「職場の雰囲気」と「求められる業務のレベル」です。なお、待遇面に関してはそれほど大きな違いはありませんでした。若干の給与アップというところです。

「職場の雰囲気」については、前職のSIerであればやはりサービス業ということが主体ですので、顧客を始め関係各位とのコミュニケーションが極めて密に行われていました。したがって、人的軋轢も多く、プロジェクトが炎上し始めると喧々諤々なコミュニケーションが至る所で始まり、怒号が飛び交うことも珍しくありませんでした。

一方、転職先のソフトウェア開発会社では、事業領域がサービス業ではなく製品開発ということで、職場自体が非常に静かでした。大きなプロジェクトで大きなフロアであっても、個々人が黙々と設計やコーディング作業に携わり、あえて例えるなら「職人工房」のような雰囲気でした。

SIerに見られたような人的軋轢もほぼありません。しかし、静かだからといって決して生ぬるいわけではなく、例えば設計書のミーティングになると、凄まじい緻密さで多方面からの指摘を関係者から受けます。

残業や休日出勤が増えてしまった

「求められる業務のレベル」については、圧倒的に転職先のソフトウェア開発会社の方が上でした。SIerであれば、あくまでも目的は顧客企業へのシステムの提案と納品ということで、多くは「既存技術の組み合わせ」で対応が可能です。言い換えれば、技術に関する資料がたくさん内外に蓄えられています。

一方で、転職先のソフトウェア開発会社では、既存技術そのものを研究開発していく必要があり、そのため直接の参考資料が存在しないため、内外の専門家に自らヒアリングしながら業務を遂行していく必要に迫られます。そのため、業務レベルに応じて業務量も増えていき、残業時間や休日出勤時間は、転職先のソフトウェア開発企業の方が圧倒的に増加しました。

転職して厳しい仕事になったがキャリア的に満足

SIerからソフトウェア開発会社への転職した結果、以上のような違いを体験しました。結局のところ、業務内容的に自分の従来の要望に沿った形になったため、転職前よりも厳しい仕事になったもののキャリア的に満足しております。