IMG_4041

ヒカラボに訪問取材に行ってきました。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

今回HOP!ではITエンジニア・デザイナー向けのイベント「ヒカラボ」を運営しているレバレジーズ株式会社様に訪問インタビューしてきました!

レバレジーズ株式会社様はフリーエンジニア・デザイナー向けの案件紹介サイト「@Agent(現レバテックフリーランス)」やITエンジニア向けの転職支援サイト「レバテックキャリア」などを運営している企業です。そのため普段からITエンジニアやIT企業と密接に関わっていらっしゃいます。
そんなレバレジーズ株式会社様は「ヒカラボ」というITエンジニア・デザイナーの方に向けた勉強会を月に複数回渋谷ヒカリエで開催されています。
今回はヒカラボの運営担当の林さんにインタビューをさせていただきました。

キュースケ(以下:キ):本日はお忙しい中ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

林さん:よろしくお願いいたします。

キ:何故ヒカラボというイベントを始めようと思ったのでしょうか。

林さん:もともとはエンジニアの提案、案件の提案という既存のサービス以外でも企業、エンジニア双方がWin-Winになるサービスが提供できないかと考えたことがきっかけです。

ITエンジニアは常に技術をアップデートしていかないと生き残っていくのが難しい職種であり、日々積極的に勉強会に参加したり、イベントに出向くことで知識を増やしていく必要があります。
そういった面も普段からITエンジニアやIT企業と密接に関わっているレバレジーズであればサポートしていけるのではないかと考え、ヒカラボが生まれました。
もちろん企業側にも知名度向上、自社の技術力のアピールの場としてメリット提供ができます。

キ:なるほど、確かにIT企業との強い関係性を最大限活かすことで簡単には開けないようなイベントも開けそうですね。その中で、具体的にアピールしていきたいと思っているポイントはどのようなところでしょうか。
ヒカラボ訪問
林さん:ヒカラボのアピールポイントは、最先端の技術を扱うエンジニアから業界のトレンドについて聞く事が出来ることです。先ほども申しましたが、これは多種多様なIT企業と太いパイプを持っているレバレジーズだからこそ実現可能な事です。

また、過去には有名ITベンチャーのCTOの方にご登壇いただくセミナーもありました。技術的な話だけにとどまらず経営視点でのお話を聞く事もできるのもヒカラボの強みとも言えますね。またセミナー後には懇親会もあるので、そこで登壇者と話したり、気軽に質問をすることが出来ます。

キ:かなりセミナーの内容が幅広いですね。セミナーの内容はどのように決めているのでしょうか。

林さん:具体的なセミナー内容については登壇者との話合いで決めています。ただ我々は普段からエンジニアの生の声を聞いており「エンジニアが勉強してみたい事や気になっているトレンド」をある程度把握していますので、それに合わせてエンジニアが本当に求めているセミナーになるように内容を決めています。ジャンルは幅広いながらもちゃんとニーズのあるセミナーを開けるよう尽力しています。

ヒカラボではどのようなセミナーが人気なのか。

キ:ヒカラボではどのようなセミナーが人気なのでしょうか。

林さん:やはり知名度の高い企業様にご登壇いただくセミナーは人気ですね。また、まだ業界に浸透しきっていない新しい技術についてのセミナーも需要が高いです。最近の例で言いますと、Appleが発表したSwiftという新しい言語についてのセミナーは大変人気でしたね。

キ:最新の技術に関しては登壇できる人が少ないので、ヒカラボの強みが最大限活かせますね。エンジニアの方からも喜ばれると思います。

ちょっとお聞きしづらいポイントなのですが、ヒカラボに参加すると御社が提供している求人サービスの@Agent(現レバテックフリーランス)やレバテックキャリアへその場で勧誘されてしまったりするのでしょうか。

林さん:その場で個別でしつこく勧誘することなどはありませんのでご安心いただきたいです。もちろん全体に向けて「ヒカラボ運営会社のレバレジーズはこんなサービスをしています」と説明するために@Agent(現レバテックフリーランス)やレバテックキャリアの紹介はしますが、あくまでヒカラボはエンジニアが勉強する場を提供してスキルアップしてもらったり、コミュニケーションを取れる場を提供したりすることが目的ですので。

ただ中には@Agent(現レバテックフリーランス)やレバテックキャリアに登録をしようと考えていて、レバレジーズがどんな会社なのかを見る為にヒカラボに参加される方はいらっしゃいます。この前も、懇親会でお話している中で「実は@Agent(現レバテックフリーランス)への登録を考えていて今日参加してみたんです」という方がいらっしゃいました。

キ:セミナーの中には勧誘や登録を強く勧めてくるものもありますので、ヒカラボがそうではないと聞けて良かったです。僕もヒカラボに参加してみたいのですが、参加するために必要な技術や知識資格はありますか。
ヒカラボ訪問
林さん:参加資格はとくにございませんので、どなたでも参加可能です。前回は公務員の方が参加されていましたよ。レバレジーズ社員もよく参加しています。

キ:参加資格がないと聞けて良かったです。技術的なスキルの無い僕でも参加できそうですね。レバレジーズの社員さんが参加されるのにはどのような理由があるのでしょうか。

林さん:レバレジーズ社員が参加する理由は2つございまして、1つ目は参加者同様に技術のトレンドを学ぶ事が出来ること、2つ目はざっくばらんにエンジニアの方とお話ができることです。セミナー後の懇親会でお酒を飲みながらフランクな状態でお話を聞ける機会は、普段の業務内ではなかなか難しいため大変ありがたいです。

キ:なるほど、ヒカラボを通してレバレジーズの社員さん自身の技術・知識のアップデートもしているのですね。

最後にヒカラボへの参加を検討されている方に一言お願いいたします。

林さん:テーマへの知識がなくても興味があるという段階でまったく問題ありません。同じ興味を持った仲間が集まってる場所ですので、意見交換の場と見てもらってもいいのかなと思います。是非まずは軽い気持ちでもいいので渋谷ヒカリエに足を運んでみてください!

キ:ありがとうございました。僕も早速ヒカラボのサイトからセミナーへの参加希望を出そうと思います。

キュースケの感想

今まで@Agent(現レバテックフリーランス)、レバテックキャリアの運営担当の方にお会いしてきましたが、これらのサイト運営をされている方全員から、本当にエンジニアの悩みを解決し希望を叶えられるようサポートしていこうという気持ちが感じられました。今回インタビューしたヒカラボも無料イベントといえど、そのマインドは変わりませんでした。
また、ヒカラボの内容を見ていると他では聞けないような内容のセミナーが多いので、すでに様々なセミナーや勉強会に参加されている方でも新鮮に感じられると思います。
レバテックキャリア・@Agent(現レバテックフリーランス)・ヒカラボのインタビューを通して、レバレジーズが運営しているITエンジニア向けのサービスなら気兼ねなく登録ができるという印象を受けました。すべてのITエンジニアにレバレジーズのサービスをオススメしたいです。


agent-banner03-1-950
>>>レバテックフリーランスの公式HPはこちら

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。