post-893

転職回数が多いと指摘されたが、一貫して品質保証関連企業に勤めていたことがメリットに

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

 

転職前の年収:450万円 => 転職後の年収:550万円
職種:品質保証エンジニア
面接を受けた会社:15社
登録した転職サイト:リクルートエージェント、リクナビ、マイナビ、@type

業績悪化と職場人間関係から転職を決意

コンシューマ向けアプリの品質管理をしていましたが、会社業績悪化で初年度のボーナスが30パーセントくらい減ってしまったのと、職場との人間関係から転職を決意しました。

人間関係といっても他部署の人たちの優しさ等に触れて助かっている部分もあったので相当悩みましたが、自部署では気まぐれ上司とうつ病患者2名がいて、しかも部署は6名しかいなかったのを考えると半分は問題児という感じでした。

部署全体を統括する上司もそのことは把握していたんですが、なかなか打開策を見出せず、打開策を出したのは自分が辞めると決意してからそれがきっかけになったようです。

まずはオープンオファーが届くか試してみた

まだ勤めて1年しかたっていないのでまずは、リクナビなどの公的サービスで様子を見ようと思いました。まずは自分の履歴書や職務経歴書を最新にすることからはじめてオープンオファー(職務経歴からおそらくロボット検索でいっせいに配信する機械的なメール)がくるかどうかを試してみました。

まだ30代前半だったこともあるせいか、ある程度感触は予想よりもいい感じでした。そこから、ここがいいかなと思った会社等に応募してみたりしていました。

途中で、客観的に自分の職務経歴や自己PRなどを見てもらいたいと思い、リクルートエージェントさんにみてもらいました。自分と似たような年齢の人でIT業界経験者ということもあり、結構親身に相談に乗っていただけたかと思っています。

転職回数が多いと指摘された

やはり転職コンサルからしても、一番のネックは転職回数であることがあげられると指摘されました。唯一の救いであったのは、転職回数が多くても理由がしっかりしていること、あとは一貫して品質保証関連に勤めていることがメリットだったかと感じています。

また、IT業界でも品質保証の職種は募集が限られていることから、なかなか活動も数打てばあたるという方法は取れませんでした。特にメーカーで名があるところでは書類選考でやはり転職回数が多いのを理由で落とされたりしていました。

コンサルからの情報ですと、長く勤めてくれるか不安なためとの理由からだそうです。自分が逆の立場であれば、まあ、そこらへんはそのように思う人もいるのは仕方ないことかなと割りきって考えるようにしていました。

精神的に落ちないためにも、仕事を続けながら転職活動をすべき

転職で心がけたことは、まず精神的に落ちないように前向きに活動をすることでした。そのためには逆に現在の仕事をしながら、時間があいたときにするというスタイルのほうが自分にはあっていたように思います。

辞めてから活動すると売り手市場であったとしても、落ちるときは落ちると自覚していたので、時間がある分考え込んでしまい、マイナスに物事を捉えてしまうと思っています。あとは周囲からみると辞めてからの期間たとえ活動をしていたとしても、風当たりは強くなるということは予想してましたので。

面接時の不具合票の書き方が良かったからと採用していただけた

そうこうしているうちに、書類選考1回、面接1回の会社にパスすることができてそこに勤めることになりました。面接1回だから楽かなと思いきや、8対1の形式でかなり大変だった記憶があります。

たとえば、品質保証でしたので、何か不具合があった場合どうやって不具合票をきるのかここにホワイトボードがあるから書いてみてくれ、などと言われたときはかなり緊張しました。あとから聞くと採用の決め手はその不具合票の書き方がよかったからだったそうです。

年間120万円も賞与をいただけた

入社してからは待遇面は、開発会社で利益を社員に決算賞与でどんと分配していることもあり年収は当時の提示額よりもかなり上がっていたかと思います。幸か不幸か常に評価はトップをいただいていたので。額にすると毎年80万から120万は賞与でいただけたかと思っています。

ただ、ある程度中規模の会社ということもあり、上に気に入られない人には実績云々ではなくて、低い評価を貰っていた人もいるようです。デメリットとしては、上層部が人材採用に関してブランドを重視してしまっており、プライドが高い人ばかりが入社してひっかきまわしていた部分も少なからずありました。

ひっかきまわした人たちは結局辞めていって問題なしになったのもありましたが、もう少し採用に関しては、柔軟に職場に対応できるような人を入れて欲しいなと思うのが本音としてありました。

※勤務時間や年収・待遇など、現在のあなたよりももっといい会社のオファーがあるかもしれません。
>>>転職サイトの口コミランキング(ITエンジニア)

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。