IMG_3368

パソナキャリア様に訪問取材に行ってきました②

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

求職者だけでなく企業側へのサポートも丁寧。

キ:求職者へのサポートは丁寧と感じたのですが、企業側へのサポートはなにか行われているのでしょうか。

寺:はい、もちろん企業から相談をされることがありますので、こちらのサポートもさせていただいております。具体的には「自社の良さをうまくアピール出来ない」「なかなか良い人材が獲得できない」などの悩みを相談されることがありますね。

実際、企業側が自社の良さをアピール出来ないとミスマッチが生まれてしまいますからサポートは全力でいたします。求職者が入社した後に「あれ、そんなはずじゃなかったのに」って思ったら最悪ですからね。求職者の幸せを考えると、企業側のケアも欠かせないのです。

キ:確かにそうですね。企業側の悩みを解決する為にはどのような取り組みをしているのでしょうか。

寺:実際の面接に同行し、企業側が求職者に対してどのような説明をしているかを見学させていただきます。その上で改善点などをフィードバックし企業側の「面接力」の改善に努めさせていただいています。

キ:求職者と企業側両方のサポートをすることでミスマッチを極限まで少なくしているんですね。個人で転職活動をしようとしてもさすがに企業側の裏事情までは分かりませんから、コンサルタントの方がそこまでサポートしてくれると考えるとありがたみを感じます。

パソナキャリアのコンサルタントは「ノルマ」ではなく「信頼」を重要視。

キ:人材業界においては求職者をとにかく高年収の転職先に転職させた方が売上を上げることができると認識しております。となると求職者を出来る限り多く転職させて売上を伸ばそうとする企業もいれば、逆に数ではなく質で勝負するという企業もいらっしゃると思います。パソナキャリアさん内では何を目標としてサポートされているのでしょうか。

津:もちろん1人1人の目標というのはあるのですが、売上や利益の目標がクリアできないということで、仕事のやり方を否定されるという事はありません。なぜなら私たちの行動指針の1つに「利より信を選ぶ・利は信が運んでくる」という言葉があるからです。この言葉はクレド(経営理念や行動指針のこと)の中でも1番最初に記載されています。

キ:「利より信を選ぶ・利は信が運んでくる…」この言葉には具体的にどのような意味や意図があるのでしょうか。

津:この言葉には「私たちの中で最も大切なのは目先の利益ではなく信頼である」という意味があります。我々は転職者をどんどん転職させること(利益を獲得すること)をゴールとは考えておらず、求職者の求めている事を心から考えて行動をして、永続的な信頼を構築することをゴールと考えております。求職者に満足していただけるサポートをする事が私たちの役目ですからね。

キ:中には企業と求職者を無理矢理つなげて利益を上げようとしている会社もあるので、転職の支援をしていただける会社さんをどう選ぶかというのはとても重要ですよね。
DSC_0121
津:そうですね。ちなみに私たちはこの言葉を忘れないようにIDケースの中に、この小さく折り畳まれたクレドをいれています。

寺:このクレドの項目は合計20個ありまして、毎朝の朝礼時に1つずつ読み上げていっています。実は最近このクレドの改訂を行ったんです。津永がクレド改訂のプロジェクトに携わっていたかと思いますよ。

津:はい。もちろん改訂といっても内容が大きく変わるという事は無いのですが、弊社内で「もっとお客様に感動を与えられる会社になろう」という思いが強くあり、それを社内に浸透させる為に改訂が行われました。

津:かなりの数の本を読みながら、1年半くらいかけて何度も擦り合わせを行いながら丁寧に作っていきました。弊社にとってのクレドとは、「何事も判断に迷ったらクレドに戻る」というぐらい全社員が指針とするものなので、大変でしたがやりがいがありました。

キ:なるほど、このクレドがあるからこそパソナキャリアさんはここまで丁寧なサポートが出来ているんですね。パソナキャリアさんから感じていた「きめ細かく丁寧なサポート」にも納得がいきました。

パソナキャリア様訪問取材を終えたキュースケの感想

「利より信を選ぶ」という言葉を胸に日々サポートをしているとおっしゃっていたが、信頼は今回伺ったパソナキャリアさんのきめ細かく丁寧なサポートがあるからこそ得られているんだと思います。取材の間も僕が求職者に見せるマニュアルを見てみたいとわがままを言ったら実際にマニュアルを取りにいって見せてくれたり、クレドを実際にと僕らに対する細かい気遣いをしていただき、僕は求職者では無いのに「しっかりサポートしてくれてもらっている」という感覚になりました。マニュアルなどによる丁寧さももちろんありますが、それ以上に寺島さん・津永さんを始めとしたキャリアコンサルタントの方の人間味や真摯さによって「しっかりサポートされている」という感覚になり「信頼」が生まれるんだと思います。

いざ転職となると不安な事だらけだと思いますが、数ある転職支援会社の中でも自社の利益だけを考えている会社にはお願いしたくないですよね。(僕だったら絶対に避けます。)その点、利益より信頼を得ようという行動指針の元サポートをしてくださるパソナキャリアさんなら心配せずに転職サポートをお願いできるはず。「どこでもいいから今すぐ転職をしたい」と思っていない限りは転職をする際にはまずパソナキャリアさんに相談をしてみるのがオススメです。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。