asahikaseikennzai

【風通しの良い社風】旭化成株式会社の企業イメージ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

評価
★★★★★(5点)

どんな商品を作っているのか、どんな商品を販売しているのか分からなかった子供の頃によく見たCMの印象が今でも根強く残っています。
「旭化成、イヒ」という文言のインパクトの強さは社名や商品名を印象付けなければならないCMとして大成功だと思います。
一般的によく利用する当該会社の商品を挙げるならばサランラップやジップロックが有名でしょう。
食べ物の保存や持ち運びがはかどるようになったことで食生活がとても広がりました。
これからもイヒのようなインパクトの強いCMを作り続けてほしいです。

評価
★★★★★(5点)

新婚当初、旭化成株式会社の不動産事業で建てられたヘーベルハウスのマンションに住んでいました。その建物はペットを飼ってもいいマンションで、家の中に脱臭装置やペット専用のスペースが設けられていて生活の細部まで気が利いていました。

壁や床の素材も手触りがソフトで住んでいて心地いいものでした。玄関のスペースは日本のマンションにしては大きめにとってあり、開放感があって大好きなマンションでした。

現在は親の持つマンションに引っ越してしまいましたが、今後自宅を建てるのであればヘーベルハウスにしたいと思っています。

評価
★★★(3点)

この会社の商品を利用していれば食品の管理はしっかりと行えるという感じはある。ただ使える用途が限られているので、そこまで頻繁に利用することはない。持っていると安心感が違うのでとても頼りになる製品が多くあると思う。
以前までの商品と比べてかなり改良しているので結構使いやすくなっている。お陰で時間のない時でも安心して利用出来るので助かっています。スポーツ関連のスポンサーとしても結構活躍しているので、これからも頑張ってほしい。

評価
★★★★★(5点)

旭化成

旭化成と言う会社は、工場が小生の住む直ぐ近くの地域にも有り、又、九州旅行の時に宮崎の延岡近くをの国道10号線を走っている時、海岸沿いに大きな煙突が立ち並び、「ああ、ここが有名な旭化成の工場で、あのマラソンの宋兄弟の在籍するところだな」などと感じたものです。
旭化成は、昔はレーヨンの旭化成と言われてきましたが昨今では、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う各種事業会社を統括する純粋持株会社でもあるようです。
現在は繊維加工技術、医療用医薬品から発展した弱電部品の製造、そして耐火性・耐候性を前面に打ち出した新建材の「ヘーベルハウス」のブランドでも有名です。
社名の由来は、レーヨン工場の敷地内にあった寺に由来するとされ、祀られている源平合戦の英雄・木曾義仲の旭将軍からであるとも言われます。

評価
★★★★★(5点)

旭化成と言うと化学製品のイメージが強く、とくにサランラップを思い出します。そのイメージがとても強いのでサランラップしかおもいだせない事もあります。しかし、そのため企業に対して悪いイメージはまったくなく、良い企業だなと思っています。サランラップにしても少し値段は高いですが、やはり品質が良いため他の会社の製品では満足できず、多少価格が高くなったとしても旭化成の商品を選んでしまうくらいのブランド力を感じます。

評価
★★(2点)

旭化成というとやはり「へーベルハウス」のイメージが強いです。実際私も前職では旭化成様に製品を納入するサプライヤーでした。
その時の印象を正直に申しますと、官僚的なイメージが正直あります。現場でのトラブルがあった時、元締めの旭化成様から現場のもめごとは
現場通しでという事で一切助けてくれませんでした。商流的には当時私が勤めていた会社と旭化成様は取引関係にあったにもかかわらずです。
現場の施工業者の言葉使いも悪く、非常に苦い経験をしました。ですので、今後は現場にもサプライヤーにもやさしい会社になって頂ければ
嬉しいです。

評価
★★★★(4点)

旭化成というと、なんといっても昔から人気クイズ番組「なるほど・ザ・ワールド」の提供企業として非常になじみの深い会社のひとつでした。そしてそのCMの印象もあり、サランラップにおいてとても秀でた企業だというイメージがあります。実際に使用していることもあり、その点でもかなり生活感に近い企業という印象を持っています。またCMなどの情報からそれ以外にも、具体的には分からないものの、多くの生活を支える技術を開発している企業なのだな、という印象も漠然としたものでありながら強くあります。

評価
★★★★(4点)

旭化成といえば「イヒ」のCMのイメージが非常に強いです。あのCMはとにかく面白くて好きだったので、また復活してくれないかなと思っています。イヒのCMを見てると、旭化成は何か面白いことをしてくれるのではないかとゆう期待感がありました。
サランラップも似たような商品と比べると、その吸着力がまるで違い素晴らしいので、私も良く使用しています。少々価格が高いのが気になりますが、使い勝手がいいのでその点は仕方がないのかなと思います。もう少し安ければもっと売れると思うのですが。

評価
★★★★★(5点)

私が高校生の頃、初めて使ったコンタクトレンズが旭化成のアイミーだったので、
とても親近感のある企業の1つで、戦後の日本を支えた大切な日本企業の1つ、
というイメージがあります。
戦後、昭和天皇が旭化成ベンベルグ工場を巡幸され、激励のお言葉を述べられたという話を
どこかで読みまして、過去に何度か株を購入したこともあります。
逆浸透膜などの高い技術力を持っている企業だという印象があるので、
産業スパイなどにやられないようにこれからも頑張って欲しいです。

評価
★★★(3点)

旭化成というと家事に関わる商品の企業というイメージが最も強くあります。
特に真っ先に浮かぶのはサランラップです。子供のころに登場したサランラップは今でもスーパーで売られている商品ですが、発売当時のインパクトはとても強いものがありました。画期的であり、高品質。こんなラップがあるなんて、と思ったことを記憶しています。他の商品よりも高いけれど、当時はその価格に見合った価値があるものでした。
サランラップが発売されたころ、私の中で旭化成は家事を助ける画期的なものを生み出す企業というイメージでした。
しかし、旭化成は残念なことにサランラップを開発した企業というイメージで停止しています。他にも新商品を作りだしていることはわかりますが、画期的なものを生み出したという記憶はサランラップで終わっています。スーパーでよく見かけるメーカーの一つですが、優先的に選ぼうと考えるようなものを近年生み出している印象がないのです。
残りのイメージはよくマラソンで見かける企業名である、という感覚です。
斬新な発想や企画開発力が失われてしまったのか、それとも私が気づいていないだけなのかわかりません。
新しいものを作るだけでなく、今ある旭化成の商品をよりよく改良できているのだろうか?と使いながら感じます。
利用者としてサランラップを一つの例に上げて感想を言うと、「においをよく封じてくれるけれど、皿などの容器にはりつかないので実は密閉しにくい」という感じです。これはずっと変わらない感想です。よいものでありながら、この欠点は長年変わらない。そこを改良することができたなら、旭化成の力量を強く感じることができるでしょう。小さなポイントですが、大きな加点をつけることができるポイントでもあります。
小さな改良点で家事を楽にすることができるような開発ができるかどうか。そこが私の中では今後の旭化成のイメージの変化に直結しています。”

旭化成のイメージ・口コミをもっと見る

>旭化成の企業イメージ調査【若手から裁量ある仕事】

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細