マツダの会社ロゴ

【働きやすい制度が整っている】マツダ株式会社の口コミ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

評価
★★★★(4点)

マツダ株式会社という名称にまず少し違和感があります。マツダ自動車ではないのですね。
広島本社でもありますし、なにもかも独自路線というイメージです。
ロータリーエンジンなど、独自の技術を進む企業という感じです。
ブレない真面目な信頼感のある企業です。
一時期低迷しているというイメージでしたが、海外輸出を頑張っており、海外でとても売れているというニュースをみて、真面目な会社が報われたような気持ちになりとても嬉しくなりました。

評価
★★★★(4点)

自動車メーカーとしてはトヨタ、ホンダ、日産に次ぐ国内メーカーの4番手の印象が強いですね。
最近ではスカイアクティブといった新技術を用いて燃費向上もされていますし、
アクセラやアテンザを始めとした車のデザインも先進的ですので個人的には好きな自動車メーカーです。
ですが、やはりトヨタといった他の自動車メーカーと比較するとまだまだのようです。
聞くところによると中古車になった場合の価格が他のメーカーと比べると安くなってしまうようですので、
まだまだブランド力は足りないのかな、といった印象を受けます。
今後に期待といったところでしょうか。

評価
★★★★(4点)

子どもの頃の刷り込みでしょうか、大好きなかっこいい親戚のおじ様が、ファミリアに乗っていました。そのせいで、マツダには親近感と大人に対する安心感や憧れのようなものをずっと持っています。
知り合いの息子さんが、高校卒業後、マツダに就職されたのですが、働きながら社内の自動車専門学校に通わせてもらえるのだとおっしゃっていたのが、印象に残っています。たぶん人材育成に力を入れている会社なのだなと好感を持ちました。
そのせいもあるのでしょうが、今我が家ではベリーサに乗っています。地味だけれども安心感と親近感がある、それがマツダに対する率直なイメージです。

評価
★★★★★(5点)

個人的にマツダ株式会社というと技術の結晶のようなイメージがあります。例えば1967年には、マツダ・コスモが世界で初めての実用・量産ロータリーエンジン搭載車として販売が開始されました。ロータリーエンジンは開発が容易ではなく、日本では実質マツダしか量産化できませんでした。そしてもう1つマツダのイメージがあります。それは優れたデザイン。一目見てマツダ車だと分かるデザインが好きですし、独特の流線型のデザインには本当に惚れ惚れします。現在マツダ車に乗っていますが、アフターケアもとても良いと思います。

評価
★★★★(4点)

車には乗らないのですが、ちょうど時期的にもプロ野球オールスターゲームの協賛社、そして広島東洋カープの本拠地であるマツダスタジアムの出資社であるなど、野球に対しての関わりからとてもなじみ深い企業です。また本業である車にかんしても最近は、特に情報を収集しているわけでもないのに、非常に好調だという声が伝わってくるので、よほど業績が上がっているのだなという漠然としたイメージがあります。トヨタのような一般性や、ホンダのような技術的なマニアック性とも少し違う、車好きにアピールしている会社というイメージがなんとなくあります。

評価
★★★★★(5点)

私が思うマツダ株式会社は広島県で一番、日本の企業としても大企業だというイメージの強い会社です。
高品質な安全配慮装備の車を製造し、車体のデザインも高級感ありカッコイイし色も魅力的です。
今、購入するならマツダの車がいいですね。
マツダ株式会社は現状にとどまらず次へ次へと意欲的に進歩と発展している勢いのある会社です。
就職するなら安定できるし福利厚生も充実している、「できたらマツダ株式会社で働きたいなあ」と思える会社です。

評価
★★★★(4点)

広島に本社があって、派手さはないが、コストパフォーマンスに優れ、優秀な車作りをしている会社というイメージがあります。
工場内での事件は記憶に新しいが、詳細までは憶えていないものの、犯人がマツダに恨みをもった犯行、という流れかと想像してしまう。
やはり、大企業ならではの派遣切りは、日常茶飯事的に行われているんじゃないの?と、どうしても考えてしまう。
とはいえカーシェアリングでは、いつもデミオを選択しており、お世話になっています。

評価
★★★★★(5点)

マツダ株式会社と聞くと、俳優の阿部寛を思い浮かべます。
阿部さんは俳優にならなかったらマツダの社員になりたかったそうで、
今も20年位前のマツダ車に乗っているそうで、そのイメージが強いです。
知人にも1人マツダに働いている方がいるのですが、マツダの車が大好きで、
とても仕事に拘りと誇りを持っているようで、いつも仕事の話になるととても熱心に話してくれます。
なので、とても良い会社何だと思います。
私は車のことは全く分らないのですが、マツダと言えばロータリーエンジンを思い浮かべます。

マツダのイメージ・口コミをもっと見る

>マツダの企業イメージ調査【スマートで環境に優しい企業】
>マツダの企業イメージ調査【独自の着眼点とセンスが光る】

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。