マツダの会社ロゴ

マツダ株式会社の企業イメージ【スマートで環境に優しい企業】

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Springエージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

評価
★(1点)

私はマツダで車を買ったことがないのですが、買ったことがある友人から聞いた話です。最近は車を買うのはローンを組んで買うのが主流かと思います。マツダで車を買う時、提案されるのは一見返済も苦しくなく魅力的に思うそうです。でも、実際は車の買い替えの時期になると、元々契約の時の車の条件に届かず次の車もマツダのものにしないと買い替えができなかったそうです。友人が調べてみたら、マツダ地獄と言われているほど有名なやり方で、失敗した調べてから買えばよかったと今でも言ってます。このような話を聞くので、私の中でのマツダのイメージはお世辞でもいいとは言えません。

評価
★★★★★(5点)

日本の車メーカーの中でも、どこか違ったイメージがずっとありました。なので、一番最初にクルマを購入するときには、絶対マツダがいいと決めていました。なんといってもデザインが素敵だと思います。他メーカーは機能性が色々便利になっても、デザインがほとんど変わらないですが、マツダは内部も外見も一緒になって、進化している気がします。今は海外に住んでいますが、こちらの車に詳しい人のマツダの評価はかなり高いです。日本人よりも外国人向けのような車を作っていると思います。

評価
★★★★★(5点)

日本の自動車メーカーの中では小規模ながらも世界唯一で胸を張って世界に誇れるロータリーエンジンを生み出したいう印象が大きいです。
更には他のメーカーが踏み切れなかった小型のオープンカーをいち早く市場に送り出したりと決断の速さが好印象を受けます。
ロードスターはその生産累計世界一でギネスにのるなど他の大手メーカーにまったく劣る事のない素晴らしい会社だと思います。
デザイン性も昔から独創的で60年代に造られたコスモスポーツなどは今見ても全く古さを感じさせない素晴らしいデザインです。
総じてバランスの取れた方向性のしっかりした会社なのだと想像できます。

評価
★★★(3点)

マツダ関係の仕事も手がけていますが、雰囲気、金銭面共に、トヨタ、ホンダ、ニッサン、ダイハツ、スズキに比べて、少し下のイメージ(三菱よりは上)だと思います。
車でいえばデザインは最初は斬新なんですが、その後に出てくる車種がみな同じ面構えになってしまい、気付けばよくみかける車になってしまう・・・そんなイメージがあります。ただ他社より1~2割安くて、足回りはしっかりしてますし、エンジンもよく回ります。しかし5年経って、また距離も7万キロとか経過してしまったときのトヨタ等に比べての「へたり」具合は残念ながら明確です。(毎日のように乗り比べてますからかなり自信がある根拠です)3年とかで買い換えるなら良いメーカーだと言えますし、欧州車に近いフィーリングは他社にない独特の個性だともいえるのではないでしょうか。

評価
★★★★(4点)

もっと評価されていいメーカーだと思います。
技術はあるし、デザインも他のメーカーにないものがありますし。

しかし、マツダの車を買うと売る時に他メーカーより異常に安く下取りされる。
この下取り額が異常にやすいため、他メーカーの車を買うのをあきらめてまたマツダを買う。
いわゆるマツダ地獄と呼ばれているように、世間の評価が低いんですね。

マツダには他メーカーのような強いブランド力のある車種がない。
昔、ユーノスロードスターなんて車もあったんですが、ブランド力を持つまでには
至らなかったかな。

やっぱりバブルがはじけた頃の値引き作戦が今だに尾を引いているのかな。
ヨーロッパ車のようなある種の頑固さを持てばブランド力も上がって世間の評価も
上がるかもしれませんけどね。
個人的には良いメーカーだと思うので頑張ってほしいですね。

評価
★★★★(4点)

車を買おうとマツダ株式会社に車を見に行きました。とても綺麗で広々とした展示場には、斬新で楽しくなるようなデザインの車がたくさん展示していました。

マツダ株式会社の車のデザインは、近未来的な格好良いデザインが多いのが魅力的で惹かれます。

艶があり、色が若い人が引き込まれるボディのカラーが素敵です。曲線がとても格好良く、まるで未来の車の様な感じで良いなと思います。

特に電気自動車のデザインがとても格好良いのが印象的です。

評価
★★★★★(5点)

マツダも、トヨタも大差ないはずで、信頼できる日本車を提供している企業のひとつです。
こういう企業があることで、日本車が信頼を得ている点はとくに貢献度が高いといえそうです。
車ファンではないから、マツダがどうということはないですが、ホンダほど創業者イメージはありません。
ヒノ自動車よりはメジャー、ニッサンに次ぐぐらいのポジションではと予想しています。
工場もたくさんあり、グループとしてはフィールドが広く、多くの人に関係しているはずです。

評価
★★★★★(5点)

30代のサラリーマンです。
車好きなのでいろいろなメーカーのクルマをよく見ていますが、
マツダのクルマ作りは他の国産メーカーに比べると少し違うことを挑戦していて好感がもてます。
スカイアクティブエンジンも企業努力の賜物だと思います。
ハイブリッドではなく、元来のエンジンを徹底的に研究した経緯は頭が下がります。
デザイン力も高いので個人的にマツダデザインはスマートで大好きです。
ただ、最近みな同じ顔になり過ぎていてつまらないな、と思うこともあります。

評価
★★★★(4点)

マツダは以前売り上げも低迷していましたが、今は見事に再生していますね。
売り上げが低迷していた頃は広島のマツダの工場に行った時に、駐車場に余りマツダの車が停まっていなくて驚いたそうです。社員が乗らないような車は売れないだろうと感じたのだとか。
今は個性的で面白い車を作っているので、当時のように社員がマツダの車に乗らないという事はないのだろうと思います。特にデザインが面白い車が多くて、乗る人の心をとらえる車作りができていると思います。

評価
★★★★★(5点)

広島市に拠点があるメーカーにもかかわらずグローバル展開しており海外でも評価の高い企業というイメージがあります。ロータリーエンジンの開発など技術的にもチャレンジ精神があふれている会社だと思います。実際にマツダの車に乗っていたことがあるのですかけれども、デザインから良く作りこまれていた印象があります。販売協力などでお話したマツダの方によると、これから商品価値を高めていく戦略なのだそうで、今後もブランドイメージを高めていきたいという意識があるようです。

マツダのイメージ・口コミをもっと見る

>マツダの企業イメージ調査【独自の着眼点とセンスが光る】
>マツダの企業イメージ調査【働きやすい制度が整っている】

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。