activity_img_120313_6

【親しみのあるコーヒーブランド】ネスレ日本株式会社の企業イメージ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

評価
★★★★(4点)

外資系の会社なので、労務管理や福利厚生はしっかりしているイメージがある。また外国人が会社内に普通に存在していることから、人間関係などドライな部分はある。また目標に対する達成度の評価など、人事評価もドライで厳しい一面もある。
もっとも目標が達成できた時にはしっかり評価され、よくある日本の企業のように年功序列で評価されたり、評価基準が不明確で不満が生じることは少ない。そのため、働き甲斐はあるし、目標を達成しようと頑張る気持ちになる。

評価
★★★★★(5点)

コーヒーではトップメーカーなので、どれを購入してもおいしく、品質が安定していることを感じます。ネスレ会員だった時はこまめに立派な案内が届き、サンプリングも頻繁だったので、豊富に予算をとって顧客への還元やサービスを大切にしているという印象を持ちました。飲み物に限らず新しいコーヒーマシーンや外国産のチョコレートも扱っていて、既成の枠にとらわれない攻めの姿勢であると感じます。その割にどの商品もお手ごろで、身近な企業としてとても良い印象を持っています。

評価
★★★★★(5点)

私の中では、外資系の中でも特にイメージの良い会社です。
私が子供の頃は、ゴールドブレンドの渋いイメージでしたが、最近のバリスタや、キットカット・クランチ・エアロのチョコレートラインで、より身近でオシャレなイメージに変わってきています。
子供がお友達の家に遊びに行くとき、軽いおやつを持たせますが、おしゃれなおうちには、ここのチョコレート製品を選ぶことが多いですね。
美味しくてワクワクするチョコと、薫り高いコーヒー。上品でワンランク上なイメージです。

評価
★★★★(4点)

みなさんはネスレと聞くとのみものでコーヒーをイメージにもっているかたがおおいのではないでしょうか?本当に飲み物のメーカーは数多くありますがネスレはコーヒーに力をいれているなと私は思いますいろんな種類のコーヒーがあって自動販売機も本当にいろんな種類の飲料水をとりあつかっていてその働いている社員のかたも清潔でイメージがいいですよね。本当に欠かせない飲料メーカーではないでしょうか?ネスレ日本は会社自体が日本社会に本当に貢献していると私は思っています。

評価
★★★★(4点)

ネスレ日本というと、ネスカフェが一番最初に思い浮かぶ企業です。自販機でもスーパーでもコーヒーがある場所には必ずある企業名。コーヒーをあまり飲まない私でもわかるほどに、有名だと思います。
しかし、私にとって一番印象がよいのはネスレのガムシロップです。コーヒーを飲まなくても、紅茶を飲むときにガムシロップは必要です。自然とガムシロップを買うときには、ネスレのものを優先的に購入します。安価なガムシロップは様々販売されていますが、やはりネスレのものは違います。内容量、味が異なることがわかります。価格は他より少し高くても、私はネスレのガムシロップを選択したくなります。
幼い時期はミロにお世話になりました。ミロはとても好きな飲み物でした。大人になってからも、ときどき飲みたいような気持になります。愛着を感じることができる、ずっと昔から変わらない味だと思うことができるのが、ネスレ日本のイメージです。そして、そうありつづけてほしいのもネスレ日本に対するイメージです。

評価
★★★★(4点)

小さい頃からネスレ日本の製品を知っています。また、ネスレ日本の製品のコマーシャルのクオリティーは高く、コマーシャルを目にすると製品を口にしたくなります。そう思わせる宣伝の方々や、新商品を開発される企画の方々のパワーからネスレ日本のお仕事に誇りを持っているのだろうと感じさせられます。また、ネスレ日本に対しての製品の信頼度は高いので、社内でも忙しく働かれていると思います。トップクラスにいるネスレ日本なので、休日の確保ができているのかが気になってしまいます。

評価
★★★★(4点)

ネスレ日本というと、神戸、コーヒー豆、缶コーヒーのイメージです。
一般消費者になじみの深いのは、缶コーヒーでたまにネスレと書いているということでしょう。
缶コーヒーだけではなく、ドリップコーヒーを作れるマシンも売っているし、
こだわりのコーヒーを作ることもできます。
自動販売機ではどちらかというとあまり見かけないほうで、コカ・コーラの4分の1もないはずです。
かといって、シェアを拡大することもないと予測でき、現状維持で終わりそうな企業のひとつです。

評価
★★★(3点)

ネスレと言えば、インスタントコーヒーや飲み物全般を取り扱う会社で、あの鳥の絵の会社ロゴは誰でも1度は見たことがあるのではないかと思います。
最近、ネスレはスイスの会社である事を知りました。
取り扱う商品も豊富にあり、ネスレの主力の一つであるネスカフェシリーズを始め、ミロは子供の頃に良く飲みました。
あと、お菓子ではキットカット、コーヒーメーカーのバリスタといった商品を多数抱えており、外資系ではあるものの優良企業のイメージが強いですね。

評価
★★★★(4点)

ネスレ日本は、コーヒーが有名です。ネスレ日本のコーヒーは、とてもリーズナブルに買えます。大抵のスーパーやコンビニに商品が売っていて、その知名度も高いのが魅力的です。
気軽にコーヒーを飲むという習慣が日本人にもできたのは、このネスレ日本のおかげだと思います。
詰め替えタイプもあり、環境の事を考えている会社でもあります。
癖の無いコーヒーを楽しめ、おしゃれにコーヒーを飲めるという感じもします。
ネスレ日本ではスティックタイプやペットボトルタイプの商品も充実しています。飲みやすく、色々な場面で使える商品が多くあります。
お客様にも出せるし、夏の暑い時にもクールに冷たく冷やして飲む事ができます。
ホットも美味しく、甘味があるコーヒーを楽しめます。

評価
★★★★(4点)

ネスレ製品を日常幅広く利用させて頂いています。良く見てみると気に入って継続利用している商品はネスレ製品だったりしますね。特に自分のなかではコーヒーです。一番継続率が高いと思います。そして、ミロやヨーグルトなどが続きます。クリーンなイメージがあるからでしょうか。他の製品よりも気に入っているのは味覚的なものだけではないと思います。自分の信頼できる製品のくくりにあるからでしょうか。あまり悪い噂や嫌いという人にあった事がないからでしょうか。逆に好きという人が多いと聞きます。学生時代からそうでした。CMもチャラチャラ系やウケ狙い系ではなく一般的に見てて悪いイメージを持たない好意的な感じがします。それが一番大きいかと思います。知らず知らずの間にインプットされている記憶が良いイメージを持っている理由かもしれません。

ネスレのイメージ・口コミをもっと見る

>ネスレの企業イメージ調査結果
>ネスレの評価【儲け主義の外資系?】
>ネスレの口コミ【成長できる職場】

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。