トランス・コスモス企業ロゴ

ブラック・残業は改善!?トランスコスモスの評判・評価

トランスコスモス株式会社は1985年に創設され、東京の渋谷に本社を構えています。主な事業はCC、BPO、DM、アナリティクス、ECの5つで、海外に向けた事業も多く展開しています。実際に働いている現場の社員や、退職した社員はトランスコスモスについてどんなイメージを抱いているのかまとめました。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

トランスコスモスのマイナスな評判

評価
★★★☆☆(3点)

同業種で働いておりました。また、友人がトランスコスモスの社員です。勤務先の会社では全く関係することがなかったですが、2ちゃんねるによると、残業代がロクに出ない、離職率が高い、給料が安いと散々でしたので、まさしくブラック企業のイメージでした。

ですが、友人の話ではそれほどでもなく、私が働いていた会社もトントンなような気がします。なので良いとも悪いともいえませんね。

お給料が安いのは本当のようですが、残業代の件は多少改善されているとのことでした。人間関係は最悪と友人は言っていましたが、配属により異なるので何ともいえませんね。

評価
★★★★☆(4点)

パートタイマーだとしても入るまでの試験がとてもしっかりしていました。入ってからも実際に業務に就く前に1ヶ月近い研修をしっかりと受け、その中で対応力を身に着けて業務につくことができます。
業務自体の楽さは、どの業務につくかによってだいぶん左右されると思います。お客様対応は大変な仕事ですが、時間にある程度融通が効いたりするので、周りは子育て中のお母さんも少なくありませんでした。実際、自分が結婚してパートタイマーで働くにはコミュニケーション能力も高まるし、面白い仕事だと思います。

評価
★★☆☆☆(2点)

IT業界に身を置くものですが、トランスコスモスはIT企業大手であるにもかかわらず、基本的にブラックだと聞きます。ネット上でもブラック企業である、といった噂が蔓延している位ですから、そうなんだと思います。実際に働いた事は無いのですが、残業は多くても残業代は出ないといった事は良くあるみたいです。ですので当然離職率は高いようです。ですが、一部では前職で大きなミスをした人の再出発の場としても有名らしく、そういった人達にとっては貴重な職場ではあるみたいです。

評価
★★★☆☆(3点)

良くも悪くも普通の会社です。特別なスキルなど必要なく、誰でもこなせる仕事です。後は仕事にどれだけ精を出していけるかでその後の待遇が変わってきます。

結果を出せば昇格、昇給できるし、そうでなければ何も変わらずひたすら同じことの繰り返し。そういう意味ではある程度の根性がないと続かない仕事ではあります。

社内環境は配属される部署によりけりなので一概には言えませんが、全体的にみてもいいほうなのではないかとは思います。女性もいますが業務や勤務時間なども変わらないので女性差別などもないFです。

しかし、ネットの口コミはネガティブなものが多いです。正確な情報が知りたいなら、
企業の内部事情に詳しい転職サイトに登録してコンサルタントへ聞くのがオススメです。

トランスコスモスのプラスな評判

評価
★★★★★(5点)

トランスコスモスと聞いて真っ先に浮かぶイメージが3D仮想世界の「meet-me」です。セカンドライフが全世界で盛り上がりを見せていた頃、日本で始まったサービスですが、一時期これにハマったので強く印象が残っています。

実際にはトランスコスモスのグループ会社の株式会社ココアという会社が運用しているのですが、「meet-me」の中にリアルと同じトランスコスモスの本社の建物が出現するので、強烈なインパクトがあり、社名が記憶に残ったというわけです。

評価
★★★★★(5点)

インターネット業界では、我々にはすっかり御馴染みの会社で、ネットを活用した広告、宣伝、販売促進、販売活動支援などのアウトソーシングサービスを行っている会社であり、企業と我々消費者間の直接的にコミュニケーションをサポートする会社です。

他にも、企業内において多種のシステム導入や又、新製品開発の設計業務サポート、システム開発派遣サービスといった幅広い領域で事業を展開しています。 

拠点は大阪に本部を置き、海外ではアジアを中心とした中国、韓国、シンガポール、タイ、それにアメリカ、ヨーロッパ各国に多数の拠点を持つグローバル企業であり、世界の地域別のビジネス・アウトソーシングとしてアジア、太平洋および日本国内では第1位となっている。

評価
★★★★☆(4点)

ホームトランスコスモスは時代の最先端を担う優良企業だと思います。ビジネスアウトソーシングやデジタルマーケティングなどIT関連の業種であり、中でも目を見張るのがインターネット広告料による収入です。

これはとてもいいアイデアだと思います。インターネット広告は実は有力であり、あのLINEだって通話料無料なのにどうやって経費を維持しているかのカラクリを調べると、広告料で経費を維持しているからです。

ホームトランスコスモスはその広告料で収入源としているので目を見張る価値があると思います!

評価
★★★★☆(4点)

実際に働いたことはないのですが、面接を受けに行きました。オフィスの雰囲気やロッカールームの使い勝手は良さそうでしたよ。こちらの質問にも的確な返答をいただきました。

夫の転勤に伴う引越しのたびに派遣会社に登録しなおし、今までに7,8社の面接を受けてきましたが、担当者の雰囲気は良いほうではないでしょうか。

選挙に関するコールセンターの臨時募集だったのですが、仕事内容の説明も分かりやすく好感が持てました。たまたま希望する日時とうまく合致しなかったので、その時の仕事は請けられなかったのですが、後日他の仕事に関しても連絡を丁寧にいただきました。

他の派遣会社での仕事が決まっていなかったら考えたかも知れません。面接の時に垣間見える社内の雰囲気というものは、結構シビアに見ている気はするのですが、作った感じはなかったです。

たまに何これ?って思う会社ってありますものね。

トランスコスモスに転職したいなら利用すべきエージェント

マイナビエージェントで転職準備

hataraku-banner02
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人
  • 約8割が非公開求人
  • 書類の添削、面接対策、スケジュール調整をサポート
  • 希望企業、希望職種、希望条件などヒアリングし自身に合った求人をご紹介
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉など、すべてマイナビエージェントが代行
  • 自己PR、履歴書・職務経歴書など客観的にアドバイス

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。