tt3index

【エリート企業】株式会社野村総合研究所の企業イメージ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

評価
★★★★(4点)

社内は少し設備が古いですが、それを大事に使っている印象が強いです。不便なほど古いものではなく、「大事に長く」使っているイメージでした。食堂がかなり広く、そこをカフェとして利用して社員同士でコミュニケーションを取っている様子も見られました。押しつけがましいものではなく、始業前に自然と社員同士で集まって、カフェで少し話してから職場に移動する様子も当たり前にあるようで、人間関係は随分と恵まれているのだな、と思いました。

評価
★★★★(4点)

あくまでもイメージですが、日本初の民間シンクタンクであり、特に金融系・流通系に強みを発揮し、また日本で初めて商用コンピューターを導入したといういきさつからITソリューション分野でも先駆的な役割を担っていることから、日本で幅広い分野で最も信頼性のあるシンクタンクであると言えると思います。従業員の給与もかなり高いと聞いていますので、会社も日本企業の中でエリートであるとともに一般的には社員もまたエリートであると思います。

評価
★★(2点)

過去に野村総合研究所にビジネスパートナーとして働いていた事がありますが、業務は相当過酷だと聞いていました。残業はもちろん、酷いものとしては「明日から海外出張ね」といった指令が上司から下されたりといった事もザラにあると社員の方から聞いた事があります。ただ、その分のリターンはものすごくて年収が1000万を超えている方も多いと聞きました。ですが、その厳しさ故に精神を病んで退職される方もいるようでした。私はビジネスパートナーの中でもメンバーだったのでそこまで害は無かったのですが、私がいた1年の間に現場のリーダーは2,3回は変わりましたね。野村総合研究所の社員は賢い方が多く、理論武装してくる方が多いので出来れば私も2度とは行きたく無いですね。

評価
★★★★★(5点)

以前、金融・証券のシステムリプレースのプロジェクトに参加していたことがあります。
その際のプロジェクトマネージャー会社が野村総合研究所でした。
プロジェクトを進行させるにあたって、コンサルティングやマネージメントが非常に高いレベルでした。
企業として、金融・証券関連の基盤構築やシステム運用のコンサルティング、マネージメントに強いイメージがあります。最近では、グローバル事業や最先端技術の開発に力を入れているイメージがあります。

評価
★★★★★(5点)

野村総合研究所といえば、コンサルティングの会社ですね。総合研究所というだけでお堅い、年収の高い、頭脳明晰なイメージがあります。といっても人間的にもスマートな人が多そうな、好イメージですよ。
一度前職で一緒にお仕事させていただいたことがあります(IT系)。担当者は才能をひけらかさないタイプの温厚な方でした。そのままの企業イメージです。野村ということで、野村證券との関係があるのかな?と思います。傘下のグループ会社もたくさんあって、金融系のシステムコンサルもされておられるようですね。

評価
★★(2点)

会社全体のパソコン取り替えの際、お話しする部署におりました。
こちらのシステム担当者と野村総合研究所の担当者との打ち合わせの状況がそれはひどいものでした。
結局は野村総合研究所から連絡してくる担当者と、実際作業する担当者での話しが全く伝わっておらず、何度も同じ説明やメールのやり取りをしなくてはなりませんでした。挙げ句の果てに作業日、入館人数などもはじめの話しと違っていました。何度もやり取り(やり取りは一方通行でしたが)したのは無駄で、最後は作業する方と直接お話して作業スケジュールを作成しなおしました。
本社、支社との契約で動いているので何とも言えませんが、できる事なら違うところとお願いしたいくらいでした。

評価
★★(2点)

働いたことはないが、取引先で関わりがあった。

関わる前は優良企業であると思っていた。
実際に優秀な人が集まってはいる印象を受けた半面、クライアントの企業からは要求が厳しく、中にいる人は苦労している様子だった。
新規の営業をあまりやらずに既存のクライアント企業からどうやって仕事を受注するかに注力していたと感じる。その分、大きな開発プロジェクトが受注出来るまでは売上確保に苦しく、受注後も顧客からの要求が厳しい、納期がキツイといった話をよく聞いた。

評価
★★★★(4点)

野村総合研究所社員数人とお食事会をして関わったことがあるので、書かせていただきます。お食事会では4対4でしたので、もちろんその会社の社員さん全員とお話をしたわけではないですし、一概に「野村総合研究所の人はこういうタイプが多い」と結論づけることはできないとは思いますが、(それでもある程度企業カラーって出てくると思います)、全体的に穏やかで聞き上手な人が多いように思います。そういう社員さんを採用し在籍させているということは、野村総合研究所自体もガツガツしていないのではないでしょうか。そのような企業イメージをお食事会で持ちました。

評価
★★★(3点)

システム開発をしている会社だと思います。よく求人サイトに求人がでているのを見かけます。最初は、野村証券などの野村グループのシステム開発のみをしているのかなぁ。と思ったのですが、他社企業の案件もしているようです。求人サイトには学歴不問と書いているのですが、転職エージェントやコンタルタント系のサイトでは、「大卒以上」となっています。ちょっと調べただけでもボロ?嘘?だと分かる求人募集の書き方はやめた方が良いのではないかと思います。

評価
★★★★★(5点)

ITコンサルの分野では日本一の超一流の国内で最も信頼性のあるシンクタンク大手なので、国公立や難関私大でないと就職できません。大きな仕事をまとめあげることに価値観を持つタイプには合う会社のように思います。既存のサービスの安定稼動が大事、目標達成における品質比重がとても重いので、新しいものを作り出す創造性よりも、日々の業務をこなすことが必要でさらにそれはクリアが大変な仕事のようです。
しかし、収入はかなり良く電通と張るくらいでは?

野村総合研究所のイメージ・口コミをもっと見る

>野村総合研究所の企業イメージ調査【信頼のある大手企業】
>野村総合研究所の企業イメージ調査【福利厚生が充実】

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。