dwdwindex

【安定的な給与・待遇】本田技研工業株式会社の口コミ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

評価
★★★★(4点)

HONDAのイメージは昔HONDA車に乗っていたので良くわかっていますが、技術の最先端を行く企業とゆうイメージが強いです。ロボットを他の企業よりも先に作ったり、車もスポーツカー系にかなり力を入れておられましたが、最近はなんだかパワーダウンしたような気がします。ハイブリッドも一時期はさすがはHONDAって感じでしたが、今は他社とあまり変わらない感じになってるような気がします。
昔のような少し先の未来を見据えた商品作りをして消費者である私たちをあっと驚かせて欲しいですね。

評価
★★★★★(5点)

HONDAと言えば、やはりバイクのイメージが強烈ですね。世界に誇るメーカーですから、日本人はHONDAのことをもっと誇って良いと思います。
また、HONDAの創業者である本田宗一郎氏は、多くのビジネスパーソンに影響を与えており、その経営理念は深く現代人に根付いています。
そういった意味で、HONDAという企業の偉大さがわかりますね。日本にはHONDAのような古くからある企業がたくさんありますが、HONDAはその代表格というイメージが私にはあります。

評価
★★★★(4点)

HONDAというと一番に思い浮かぶのは車とASIMOです。HONDAの車は生活にとってなくてはならない身近な存在であり、その車の質の良さから私の企業イメージはとてもいいものです。また、ASIMOをテレビなどでみるたびにその技術力に感心します。海外でも驚きの目をもってみられていて、本当に日本を代表する企業だと思います。大企業でありながら、技術開発につとめている姿勢はとても魅力的で好感がもてます。ますます様々な分野への技術革新に貢献でき、成長していくことができる企業だと思います。

評価
★★★★(4点)

元旦のニューイヤー駅伝で白いユニホームに赤字のHONDAの文字が印象的です。なので、企業のイメージもさわやかにがんばっている、社員はきっと仕事熱心な人が多いのだろうなというイメージがあります。
友人で本田技研に勤めていた人がいました。とても個性的で自分の人生を楽しんでいる人です。一方仕事は手を抜かず真面目に勤めていましたので、理想的な人生を送っている人だと思います。HONDAの車はエンジンが強い!というイメージ通り、社員の方も芯の強い人間の方が多いのだろうと思います。

評価
★★★★(4点)

“HONDAのイメージというと昔は車のイメージが強かったのですが、最近はHONDAというとロボットを作っている会社というイメージの方が強くなってきました。
これは決してHONDAが車の分野で劣っているという事ではなくて、今は車以上にロボットの分野に力を入れているように見えるという事です。
ですから、私の中のHONDAのイメージは常に新しい事にチャレンジていく企業というイメージが強いです。でも、車の分野もがんばっているというのもあるので車もファンです。”

評価
★★★★(4点)

ホンダのクルマに7年ほど乗っています。
クルマが好きで最初はトヨタだったのですが、本田宗一郎氏の情熱に惹かれてホンダに乗り換えました。
今だOEMをせず、ホンダ流一本を貫いているところは素晴らしいと思います。
ホンダのクルマ創りにも共感します。
オデッセイやNSXなど他にない発想で当時他を驚かせたことは忘れられません。その精神が今でも継がれてるのが好きです。
ただ、発想が奇抜すぎて1台で絶版、なんてこともよくあるのでそこは減らした方がいいなと感じます。

評価
★★★★(4点)

私のHONDAの企業イメージはやはり車の生産会社ということです。私のHONDAの車も所持しており、車の所有者としても安全面などを含めてかなりの安心感があります。車その他の生産もされていますが、製品の正確性は揺るぎないものがあるようなイメージがあります。スポーツの試合会場や、CMなどでもその名を多く宣伝していることから、HONDAの名は国内に留まらず、世界中で知られているのではないかと思います。実際に海外の地でもHONDAの車を多くみかけました。

評価
★★★★★(5点)

学生の頃に乗っていたバイクがHONDA車でした バイク業界ではHONDA、ヤマハ、カワサキ、スズキの4社が市場を占めてます その中でHONDAとヤマハの2社が首位を競っていました 私はHONDAのバイクのデザインが好きなのでHONDA車を買いました。最初に購入したのがCBR250RでそのあとがNSR250です 総合的に見ると性能、デザイン、価格の3拍子揃っているのがHONDA車です。なのでHONDAイメージはとても良い人材が揃っている企業だと思います。

評価
★★★★★(5点)

HONDAさんには初めての原付購入からそのあとの250ccバイク購入までとても親切にしていただきました。いまだに点検の際にはとてもお世話になっています。私はHONDAのバイクがとても好きです。エンジン性能はダントツでHONDAが良いと思っています。あくまでも個人的な感想ですが。車はまだ購入していませんが、価格帯も手ごろなものが出ていてデザインも素敵だと思います。バイクは初心者から玄人まで、車は若者向けなイメージがあります。そのため高級車という感じがないのが残念ではありますが。

評価
★★★★★(5点)

HONDAといえば、モータースポーツのイメージです。
故本田宗一郎氏は「走る実験室」と呼び、二輪四輪問わず多数のレースに参戦し好成績を収めてきました。
レーシングマシンには最先端の技術が惜しみなくつぎ込まれ、先進的な試みを繰り返しました。
そして、レースで培われた技術を市販車にフィードバックし数々の名車を生み出したのです。

特にオートバイ部門のブランドともなっている「ドリーム」という理念が素晴らしいです。
まさに翼を手に入れたような感動をもたらすHONDAには、末永く名車を開発して欲しいと思っています。

ホンダイメージ・口コミをもっと見る

>ホンダ企業イメージ調査【街にも人にも優しい企業?】
>ホンダ企業イメージ調査【新しい挑戦が出来る!】

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。