dwdwindex

【新しい挑戦が出来る!】本田技研工業株式会社の評価

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Springエージェント
(旧アデコ)

★★★★

詳細

評価
★★★★★(5点)

大企業のなせる技でしょうか、有給休暇取得率はほぼ100%で会社も協力的、また残業時間についても年間・月間で上限が設定されているのでそれを会社自体が守らねばなりません。
老舗の大企業であるため、個人の実力で夢を叶えたい、というような事はできそうにもないが、福利厚生やワークバランスにおいては非常に社員に優しい会社ではないでしょうか。
世界的な企業ということで、外国語の能力はしっかり身に付いていた方が良いでしょう。

評価
★★★★(4点)

車などの運転はしないのですが、昔はよくF1を見ていたのでやはりそのイメージがとても強いです。とにかく技術力に長け、またそれを誇りにしている社風に感じられます。一時期の日本=技術力というイメージを代表していたような企業だとも思います。ただその分、営業などの面ではあまり目立つような印象がなく、どうしてもトヨタなどに業績的には遅れを取っているイメージもあります。好きな人はとにかく好きだ、というクセの強い感じでしょうか。

評価
★★★★(4点)

HONDA車に乗っています。ディーラーに行くたびに、とても親切な対応なので非常に好感を持っています。もう一台SUBARUの車も持っているのですが、整備士の方の態度がHONDAの方が実直で真摯な方が多いように感じます。年に何度か会報が送られてくるのですが、HONDAのモノづくりに対する姿勢、プロジェクトに携わっている方々の姿勢には読んでいて感心させられるところがあります。日本の技術を引っ張る会社として、大きな期待を抱いています。

評価
★★★★(4点)

デザインや構造などで、独自路線で開発をしているというイメージがあります。ですが、近年ではあまりそういったイメージが昔に比べて小さいなった気がします。昔はちょっとトガったイメージのある企業だったのですが、今はマルくなった気がします。個人的なイメージですが、日産やトヨタはモデルルーム?営業所の前を朝、みんなで一生懸命掃除しているのですが、ホンダはあまりしていないイメージです。私の住んでいる地域だけなのかもしれませんが。

評価
★★★★★(5点)

HONDAと言えば私の中でイコール車のイメージです。しかも他のメーカーを追随することなく
独自の道を行くというイメージがあり、好ましく思っています。
また最近、本田宗一郎さんのエピソードを読んでその思いはさらに強くなりました。
そのエピソードは、本田宗一郎さんが経営の第一線から退いた時、全国の営業所を回り社員と
会ったそうですが、ある営業所で仕事を終えた整備員が宗一郎さんが来たことを喜び
握手しようと思った時、手が汚れていることに気づき手を洗いに行こうとしたら、宗一郎さんが
その手を握り、この手がいいんだとおっしゃったそうです。
ジーンとしてHONDAで働きたかったなと思いました。

評価
★★★(3点)

車に乗った時に思ったのは、とにかく技術というものは凄いと感じたことです。昔から車に関する技術というのは凄いものがありますし、モータースポーツを牽引している存在でもあるので頑張ってほしいです。ただ会社の信頼という部分ではそこまで感じられないと思うことがあります。
もっと車販売という部分で成果を上げられるようにしてほしいです。他社に比べて押しという部分が弱く、買う気にさせてくれるような部分が薄いです。もっと強いものを社員に求めた方がいいと思います。

評価
★★★★★(5点)

他のメーカーよりもこだわりぬいたエンジンや足回りの作りや革新的なデザイン等、他のメーカーよりもこだわりを持った製品作りは技術者や職人といったイメージでとても好感が持てます。
レース分野だけではなく、世界中で愛される「スーパーカブ」などはまさにホンダらしい製品と言えます。
またロボット等新しい分野へも積極的に挑戦する企業というイメージでもあります。
何より数多くの名言でも知られる創業者の本田宗一郎氏がとても尊敬できる人物であり、その理念に基づいた唯一つの企業であると思います。

評価
★★★★(4点)

ホンダとのかかわりは原付バイクが最初で、最初に買ったバイクは、原付きのノーテイDAXという個性的なタイヤの太いバイクでした。
その後はフィットという車で、可愛らしい車ながら、ガソリン車としては当時としては非常に燃費の良いクルマでした。

ホンダは創業者の本田宗一郎氏が、一代で築き上げた日本屈指のバイクや自動車メーカーですが、革新的でその後はロボットのアシモ、F1での活躍などは心踊らされるものでした。
その後、バブル崩壊後による日本の長期低迷により、企業も元気がありませんでしたが、ここにきて、ようやく経済復調の兆しが見えているようです。

革新的で心踊らされる企業でもあり、この先も日本をリードする企業として輝いてもらいたい企業の一つです。

評価
★★★★★(5点)

HONDAと言えば真っ先に思いつくのがオートバイです。
ちなみにオートバイのシェアは世界一らしいです。
ですが、自動車でも有名で私もオデッセイや昔あった軽自動車のトゥデイにはお世話になりました。
あとプレリュードやシビックといった車が好きで、若い頃はこれらに乗る事を夢みた時期もありました。
また最近では新規分野として二足歩行ロボのASIMO(アシモ)といったものを開発したり、
太陽光発電施設の導入といった事業も展開しているようです。
個人的にHONDAは好きな企業でもあるので、日本が誇る自動車メーカーの一つとしてこれからも頑張ってほしいですね。

評価
★★★★★(5点)

今まで利用してきた乗り物、原付からバイク、四輪に至るまですべてHONDAを選んできました。
すごく信頼しています。他メーカーのファンから言わせると「操作性が良すぎて面白味がない」ということでしたが、すごいほめ言葉だと思います。反面、モンキーみたいな面白い乗り物も作ってくれていますし。一時期乗っていましたが、単なる移動手段ではなくて乗ること自体が楽しいバイクでした。
40代になった今、一番乗りたいのは名作、カブです。

ホンダイメージ・口コミをもっと見る

>ホンダ企業イメージ調査【街にも人にも優しい企業?】
>ホンダ企業イメージ調査【安定的な給与・待遇】

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(旧:アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。