jr

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の企業イメージ調査結果

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Springエージェント
(旧アデコ)

★★★★

詳細

>>>東日本旅客鉄道株式会社に転職したい!東日本旅客鉄道株式会社の求人情報を扱っている転職サイト・お勧めの3社


東日本旅客鉄道株式会社の評価

評価点:4.00
ベスト評価点:5

評価の数:35
評価
★★★★★(5点)

超有名大学出身の人が多く、平均年収も高いイメージです。
JR西日本との境目がわかりにくい、SUICAのユルキャラ的ペンギンがかわいい、などありますが、全体的にスマートなイメージです。
新幹線はJR東海なので、JR東日本にはあまり関係がないのでしょう。しかし、首都圏の人口、交通量を考えると、相当な利益を上げているのだろうな、と思います。実際、「関東のラッシュ時はスゴい」という話を効いたことがあります。関西在住ですが、関西のそれとは比較にならない混雑なんだろうなと思います。

評価
★★★(3点)

JRのイメージというと私の中ではどちらかというと県外への移動の手段にはあまり適さないというイメージが強いです。それはどうしてかというと、同じ距離を移動するなら高速バスを利用した方がずっと安上がりで済むからです。

ですから、私の中のJRのイメージは近くの距離を移動するには適しているが遠くへ移動するにはあまり適さないというイメージが強いのがJRのイメージとなっています。

ですから、一長一短がある普通のイメージといった感じです。

評価
★★★(3点)

最近では遠出する際の新幹線の利用程度ですが、学生時代は通学に利用させて頂いておりました。
その際大変人柄が良い車掌さんが多かったです。
地方の路線ということもあると思いますが、降りる駅で降りそびれてしまい車掌さんに乗り越して戻る分の
切符を買おうとしたら、なにやら紙に手書きで書いてくれ駅員に渡せばいいからと言われました。
社内で決まってることなのかもしれませんが、とても優しい車掌さんだなと感じました。
その反面、私の友人は別の車掌さんに「どけ」と言われ気分が悪くなった話を聞きました。
同じ企業内でもやはり最後は一人一人の人柄次第で企業イメージが変わってくると思います。
ですので、私は東日本旅客鉄道のイメージは良いとも悪いとも言えないにさせて頂きました。

評価
★★★★(4点)

JR東日本は、日本の首都東京を中心に展開されている企業だけあって、都会的なイメージが強く感じられます。東北地方も全てが管轄なのには意外な感じがしましたが。常に動きのある東京を中心とした都会と、のんびりゆったりな東北や信越地方を結ぶ鉄道、その違いを上手く結び盛り立てて行かれていると感じます。
また、緑(黄緑)が基調の色だからか、清潔なイメージもあります。電車のデザインもスッキリとした物が多いからか、企業としてもスマートで常に最新のイメージも感じとれます。

評価
★★★★★(5点)

私の場合は別のJR子会社でお世話になったので、もともとJRが大好きです。車体も好きですし、時刻表も読むのが好きだし、ミニSL(地方部ではイベントに活用されて人気があります。)で笛の合図を聞くことが好きです。(もっと好きなのは鉄道模型)
亡くなった祖父も保線区の人間でしたので、自然と子どもにはJRで働いてほしいな~と思った時期もあります。(なかなか入れませんが(笑))
男社会が存在しますし、案外、地味な作業的な仕事に高学歴でここへ出向??なんてこともあるかと思いますが、みんなJRのことが大好きですしOB・OGの列も整然と整えられていますので、素晴らしいと感じています。
子どももJRが大好きです。(子どもって乗り物がものすごく好き!!)

JR東日本イメージ・口コミをもっと見る

>JR東日本企業イメージ調査【高い安定性!】
>JR東日本企業イメージ調査【社会貢献度が高い】
>JR東日本企業イメージ調査【抜群の給与・待遇】

東日本旅客鉄道株式会社に転職したい!東日本旅客鉄道株式会社の求人情報を扱っている転職サイト・お勧めの3社

35歳以下の方はリクルートエージェント:35歳以下でTOEIC700点以上の方に特におすすめ。外資・国産問わず優良企業の求人情報が格段に増えます。35歳以上で年収600万円以上の方にもいいサービスですが、管理職層への転職を狙うならビズリーチがおすすめ。

ビズリーチ:35歳以上、管理職層で年収700万円以上の転職を狙うなら。また、エージェントに任せず自分で求人情報を比較しながら選びたいという場合にもおすすめ。

DODAのITエンジニア転職:ITエンジニアの方は登録必須。大手から中小、ベンチャーまで幅広くカバーしています。エージェントに頼らず自分で求人情報を検索したい方に特にいいサービスです。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(旧:アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。