hopeyecatch

無名でブランド力のないフリーランスが仕事をもらうためには誠実さが何より必要

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

職業: WEBライター 26歳 

フリーランスといいますと、自分のしたいときに自分で仕事を選んでできるという夢のような仕事だと思っておりました。確かに家で仕事ができますので、嫌な人とのコミュニケーションもありませんし、自分だけの時間を大切にできるかと思います。しかしフリーランスになるにあたって以下のことが重要かと思います。

受け身な自分に嫌気

私はこれまで会社に4年勤めておりました。1回転職をしました。1度目は大企業の会社です。日本に住まわれている方なら、知らない人は誰もいないのではないか?と思うほどの地域に密着した会社です。しかし私はここで挫折してしまいました。その理由は大企業ならではの体質です。組織の中でいかに穏便に過ごすか、が求められる職場の雰囲気でした。

大企業に勤めていると、周りはすごく褒めてくれ、評価してくれます。しかしそういったネームバリューは仕事をするにあたって重要なことなのかどうか、新入社員の私は生意気にもそういったことばかり考えていました。確かに毎日出勤し続けるだけで商品内容などの知識は身についていきます。ところがいつも「受け身」な自分に嫌気がさしてきたのです。

これまで冒険したことのなかった私は思い切って転職してみることにしました。転職先は設立して間もないベンチャー企業です。もちろん親は悲しみました。しかし私はここでやっていくしかない!と腹をくくり、なんでもしますと上司に伝えました。小さな会社においてなんでもすることは当たり前のことで、忙しいながらも充実した日々が続いていきました。

>>>自分で案件を受注できないなら「@agent」に登録(無料)。レバレジーズのフリーランス募集サイト。

ベンチャー企業でスキルを身につけた

ベンチャー企業で、私の上司は上司の持っているスキルをすべて私に教えてくれました。最初は受け身だった私ですが、「働くということ」を教えてもらったのがなによりの宝だと思います。自分で働くことを見つけ、それに見合ったスキルをつけていくということ。本当に忙しかったですが、この経験がなければフリーランスの仕事なんてしようと考えもしなかったでしょう。

フリーランスの仕事は、いい仕事があると会社勤め以上に稼げるときもあります。しかしやはり私はまだまだ新米フリーランスですので、会社に属している方が年間の収入は多かったです。しかし結婚して主人のために時間を使えること、それが家族のために喜ばれていると日々実感いたします。

ベンチャーで働いているときは本当に時間が無かったです。上司のためならなんでもするという忠誠心もありましたので、大企業では考えられないような結束の下で仕事をしていました。上司の要望に応えるために動くので、上司の必要としているスキルはどんどん身についていきました。しかし「自分が身に着けたいスキル」に関しては少しないがしろだったと思います。

確実に力をつけるためにフリーに

大学時代、一応予備校に通っていましたが、ほぼ独学で勉強していました。講義は受けていたのですが、使用したのは自習室でした。その時から自分はひとりで勉強し続ける効率の良さを実感していました。

自分以上の力を発揮できるのは、確実に人との関わり合いだと思いますが、じっくり確実に力をつけるのは自分ひとりでする方が身に付きました。そういった経験もあって、フリーランスの仕事をはじめるきっかけになりました。以下はフリーランスの仕事を通じて感じることです。

>>>自分で案件を受注できないなら「@agent」に登録(無料)。レバレジーズのフリーランス募集サイト。

以下が出来ないのならフリーは諦めるべき

「人との関わり合いがなくても、モチベーションを保てる」これは普通の仕事でもそうであるとは思います。しかし多数の人たちが参加してくる会社は、ひとつの組織であり、社会です。そのため、自分が知らないうちに人と人とのもみあいの中で成長していけるような気がします。グループで一緒に頑張りたい、という方は確実に向いていないでしょう。

「自分のスキルを客観的に理解している」フリーランスの仕事において、自分のスキルを客観的に理解していることは重要です。依頼主の求める依頼を確実にこなせないと、報酬をもらうことができません。しかし堅実すぎるのも問題です。もし自分に対してあまり自信が無い人は仕事を選んでしまいますので、仕事の選択幅が減ってしまいます。

「スキルを習得し続ける意欲がある」会社に属していると、上司のフォローであったり、研修の機会などスキルを習得し続ける機会が必然と出てきます。そのため自分の今持っているスキル以上の力を発揮できる場合があるのです。しかしフリーランスの仕事は自分との闘い。そのため自分で自分を奮起させ、スキルを習得し続ける意欲を保ち続けなければなりません。

「コミュニケーション能力がある」一期一会が多いこの仕事では、コミュニケーションのスキルが求められます。伝えたいことを、短く的確に伝えられること。そういったことが仕事を円滑に進める上で重要かと思います。コミュニケーションがある程度とれている間柄ですと、細かく仕事内容を伝えなくても良い場合もたくさんありますからね。

「真面目であるということ」無名でブランド力のないフリーランスが仕事をもらうためには誠実さが何より必要です。納期をしっかり守ること、依頼主の要望にきちんと応えること、そういったことを着実に守っていくことが仕事を依頼され続けるにあたって必要なことでしょう。依頼主は少しでも人件費を抑え、いい仕事を買い取りたいと考えているのです。フリーランスという仕事はその要望に的確に応え続ける仕事だと思っています。

レバテックフリーランスの登録は60秒で完了。

(1) 【高収入の仕事を長期でもらえるのはどっち?】フリーランス求人@Agentとクラウドソーシングのランサーズと比較してみた
(2) 【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専用の「@Agent参画支援サービス」
(3) 1案件の過去最高支払額は113万円/月!「@agent」の高単価フリーランス案件

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。