hopeyecatch

フリーランスになって自由を得るには並大抵の努力では足りない

職業:webデザイナー 

大学では薬学関係の勉強をしていましたが、その後、元々好きだったコンピュータ関係の技術をもっと磨きたいと思い、2年間、専門学校でwebデザインに関する技術を学びました。卒業後は、ある中堅webデザイン事務所に就職しました。それから3年ほどは、下積みも含めて会社員として勤め、いろいろな知識やしきたりなどを学ぶことができました。

やりたい仕事をしたいために退職

その後、入社から3年経った頃でしょうか、元々の職場で一従業員として働くのではなく、できれば自分のやりたい仕事をやってみたいという思いが強く表れたことから、その事務所を退職して、フリーランスとで活動することを決めました。当初は、職場の上司やオーナーにも説得されましたが、結局、私の決意が強いと感じ取ってくれたのでしょう、最後には応援してくれる形で退職することになりました。

ただ、正直に言って、フリーランスとして活動してみてはじめて、会社員としてwebデザインを仕事として行う事の、良い意味での手軽さや楽さを実感するに到りました。

確かに、フリーランスとして活動すると言う事は、本当に自分のやりたいことを追求することができるというメリットをはじめ、自分のペースで仕事を行うことができる点や、仕事を選ぶことができるというメリットも挙げられます。

>>>エンド直請け案件が集まるフリーランス紹介サイト「@agent」

やりたい仕事ができる人はわずか

フリーランスとして活動する上で、常に安定した形で仕事の依頼を受けることができたり、依頼自体の数が安定しているのなら、全く問題はありませんし、webデザインの仕事を自分のやりたい形で追求することができます。

ただ、そこまで、業界で認められるまでの地位に就けるフリーランスのwebデザイナーの方は、実はごくわずかなんです。大半の方は、フリーランスとしての良い部分だけを見てしまい、その結果、フリーランスとして活動する上で非常に苦労する部分を、実際に就いた後にはじめて実感することになります。

自分で仕事を見つけなければいけない

私自身は、そうでした。企業に一従業員として勤めながらwebデザイナーとして活動する上では、その企業の指示に従わなくてはいけません。webデザインを行う上での方針はもちろんのこと、会社自体が持つルールをきちんと守った上で活動する必要があります。

確かに、それを窮屈だと感じる方も多くいらっしゃると思いますが、逆に言えば、それは安定でもあるんです。例えば、仕事を自分で見つけてこなくては、原則としていつまでも活動することができないのが、フリーランスとしてのwebデザイナーです。

例えば、企業の場合、webデザインを行う担当者もいれば、仕事をとってくる営業担当や、各種事務処理を担当してくれる事務員の方もいます。このように、仕事を行う上で必要となる様々な業務を、個別に担当する方が集まってできあがっているのが、企業なんです。

これを、フリーランスの場合は原則、すべて自分で行わなくてはいけません。特に、副業としてやるのではなく、専業として稼ぎの中心に据える場合には、並大抵以上の努力が必要です。なぜなら、webデザイナーという職自体が、非常にライバルの多い業界の一つでもあるからです。
>>>エンド直請け案件が集まるフリーランス紹介サイト「@agent」

忙しさは3倍、収入は不安定

最近では、インターネット上で、とある企業からの仕事の依頼に対して、webデザイナーが独自の案を作成、提案して仕事をとるというスタイルが人気となっていますが、これも、選ばれた方以外は原則、落選という形になってしまうので、非常に厳しい世界といえます。

実際、私自身がフリーランスとして活動するようになってからの経験則として、忙しさは、仕事を行っている時間だけで判断した場合でも、企業時代の3倍以上になりましたし、収入は、多い時で会社員時代の1.5倍程度。少ない時は、半分程度にまで落ち込んでしまうので、安定しているとはいえません。

好き嫌いは言っていられない

人間関係の上でも、フリーランスとして活動する以上、好き嫌いをいう立場にはいられません。時には、人間的に苦手な方がクライアントであった場合にも、その方の意に沿うような形で仕事を行わなくてはいけませんし、交渉ごとも常に行わなくてはいけません。

これが、会社員として働いていた頃なら、営業はあくまでも営業担当に任せることができたので、あくまでも、私自身はwebデザインという専門の業務に集中することができました。

>>>エンド直請け案件が集まるフリーランス紹介サイト「@agent」

自由を得るには並大抵の努力では足りない

フリーランスという言葉を聞くと、どうしても、楽そうであったり自由そうであったり、或いは、好きな事をいつでもできるというイメージを抱きがちですが、実は、それらの項目をすべて達成しようと思うと、並大抵の努力では足りないという事をしっかりと把握した上で、フリーランスとして活動するかどうかを決める事が大切です。

正直、私は会社員を退職し、フリーランスとして2年間活動した後、収入が安定しなかったこともあり、webデザイナーとしての仕事自体を変えました。もちろん、会社員をそのまま続けること自体が良いことだとは思いませんが、なかなか思ったようにはいかなかったという事実があります。

本当にやる気のある方や、フリーランスに対してあくまでも強いこだわりを持っている方にだけ、フリーとして活動する事のメリットとデメリットをしっかり判断した上で、選択してほしいと思います。

レバテックフリーランスの登録は60秒で完了。

(1) 【高収入の仕事を長期でもらえるのはどっち?】フリーランス求人@Agentとクラウドソーシングのランサーズと比較してみた
(2) 【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専用の「@Agent参画支援サービス」
(3) 1案件の過去最高支払額は113万円/月!「@agent」の高単価フリーランス案件