hopeyecatch

フリーランスになると「自分ですべてのことをしなくてはならない」

職業:SE 

会社員をやっている時はフリーランスという言葉に憧れていましたが、実際にやってみるとそうはいかないことがいっぱいあることが分かりました。

コードを書き続ける生活に嫌気

大学を卒業してプログラマーとして会社に5年勤めました。初めは何もわからずに毎日コード表に向かって一日中パソコンを打つだけの作業が3年続きました。

プログラマーの仕事が地味なことは知っていましたが、コードを書き続けるだけでどうやったらこの先昇進するのかもわからずにただ言われたことをこなすだけのロボットのような生活に嫌気が指し始めました。

転職は考えましたが不況下で3年程度しかプログラマーをしていない人間を雇う余裕なんてどの会社にもありませんから上手くいかずにさらに2年地味なコード打ちを行っていました。

もちろん何もしないで2年過ごしていたわけではなく勉強を始めてコンサルタントやシステム全般の知識も勉強して情報応用技術者試験も合格して、システムエンジニアのコンサルタント系に進出する可能性を模索していました。

>>>フリーになるなら、レバレジーズの@agentにまず登録。

情報を分析する人間になろうと決意

プログラマーの仕事自体は地味ですが、やっている仕事は広範です。一言で出プログラムと言ってもソフトウェアやアプリ系からホームページやセキリュティー、コンサルタントの関連業までITと言われる世界は膨大なものですからそこのかかわるだけで一括して「プログラマー」と言っているだけです。

ですから私自身はその中でもネットワーク管理のコンサルタントに標的を絞りました。意味はなく、ただ何となく将来的に自立するには幅広く扱える人間の方が有利と思いましたから、情報を分析する人間になろうと思いました。

自分の力を試してみたくて会社を飛び出る

5年経ち、会社を飛び出しました。このまま30歳を迎えて会社の中で中途半端な職を得るよりも一度の人生なので好き勝手生きてみようと思い、さらには自分の力を試してみたくて飛び出しました。

フリーランスは申請する必要はなく、収入によっては会社を興した方が良いですが個人で今日から行うことができる「自由業」の一種です。仕事に制限はなく、時間も給料も自分の好きなようにできますが、もちろん稼いだ分だけしか給料にはなりませんから、それを前提で自由に仕事ができます。

>>>フリーになるなら、レバレジーズの@agentにまず登録。

一番困るのは仕事がないこと

フリーランスになって一番困るのは仕事依頼が全くない事です。会社に入れば自然と仕事は来ますから、何もしなくてもやることはありますし、仕事があれば給料も安定的に支給されます。しかしフリーランスは一から自分で始める必要があります。

朗報だったのは最近、ソーシャールワーキング、もしくはクラウドワーキングが発達してきてフリーランスの人が集まる仕事サイトがあります。基本的にはパソコン上のやり取りで仕事が完了しますからあとは報酬が振り込まれればそれだけでお金が稼げてしまいます。

フリーランスは始め、誰もが仕事先がなくて困りますし、宣伝もできませんからこのようなサイトを利用することで上手くいけば直接依頼をされることがあり、自分の実力を宣伝する機会を得ることができます。このようなサイトで仕事をしていると意外とフリーランスの数が多いことに驚きます。

パソコン一つで仕事ができる

能力も高い人も多く、月収100万円以上稼いでいますから競争や能力向上が望めます。パソコン一つでできてしまうのがプログラマーの良い点です。

他にもイラストやグラフィックデザイン、ロゴ、ライターなど自分の実力に合った仕事を行うことができますから凄い時代になりました。

収入に関してはフリーランスを始めたばかりでは月収20万円くらいと社員の時よりも10万円くらい下がりましたが、あとは実力次第で何とでもなりますから段々と慣れてきて今では40万円になりました。

狙っていたコンサルタント業務はこの形式の仕事では依頼が来ませんからSEとしてソフトウェア作成、ホームページリニューアルなどで実力アピールをしています。

>>>フリーになるなら、レバレジーズの@agentにまず登録。

仕事を獲得出来るか緊張

仕事は自分の時間でできますし、納期はありますが、自分の実力合わせて依頼を受ければいいのですから調整するのは簡単です。ただし仕事をしなければお金にはなりませんから、社員の頃よりも緊張します。

会社員の頃は会社に行くことが当たり前でした。毎朝同じ時間に起きて、同じ時間電車に乗って、帰りはバラバラですが何となく仕事が終わって同僚と食事してそのまま帰宅の毎日です。それが延々と続くと思っていました。

それが今では同僚がいなくなりましたからフリーランス仲間と情報交換をしながら人脈を広げていき、今まで以上にないくらい新しい世界がそこにはあります。

経歴も年齢もバラバラな人間が同じ場所にいてフリーランスにでもならない限り、話すことはなかったグラフィックデザインやサイトの運用法や仕事を取るための方法、余暇の使い方など話しあえる仲間ができました。

すべて自分でしなければならない

良いことだらけではなく、仕事はすべて見積もりから交渉、報告などすべて自分でしなくてはなりませんから大変です。しかし、仕事とは本来このようなものだと思っています。

自分が行っている仕事が一体に何に役立っているのかが分からずに末端でひたすら同じ作業しているのではモチベーションも持ちません。「自分ですべてのことをしなくてはならない」ことをデメリットと感じるかメリットと感じるかによって未来は変わります。

フリーランスにはそれがメリットに感じます。だから、できるのです。

レバテックフリーランスの登録は60秒で完了。

(1) 【高収入の仕事を長期でもらえるのはどっち?】フリーランス求人@Agentとクラウドソーシングのランサーズと比較してみた
(2) 【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専用の「@Agent参画支援サービス」
(3) 1案件の過去最高支払額は113万円/月!「@agent」の高単価フリーランス案件