hopeyecatch

営業成績を上げるため不正取引が横行する年収500万円のブラック企業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

現在40代男性です。10年ほど前、この企業に就職しました。就職のきっかけは若い世代中心で風通しが良いということと給与の金額です。しかし入社してみると、その想像は一気に覆りました。

採用内容と異なる業務の上、実際の給料は提示の60%しか支給されなかった

上下水道の料金徴収の会社で、私の業務は業務開発でした。しかしながら実際の仕事内容はメーター検針員の管理と延滞家庭からの料金の徴収です。私自身、現場でスタッフの穴埋めのためメーター検針業務や集金業務を行わなければならないことが週のうち半分くらいありました。

しかも、面接時に提示された給与はメーター検診が100%完了、集金が100%完了時の想定金額でした。もちろん、そのような数字に届くことはありません。実際に集金に出向いても留守であったり、すでに引っ越されていたりです。ですので、実際に手にする給料の金額は提示の60%ほどです。

年収500万円でも自腹で穴埋め。不正行為は上司や部下も暗黙の了解だった

さらにその中から強制的に社員会積立や厚生費等引かれます。その会社には2年いました。不思議なことに慣れれば慣れてくるもので、最初のうちは嫌だった感覚がマヒし、居心地が良いわけではないのですが居続ける、という状態でした。

その一番の原因は、穴埋めとして自腹を切ることにより、結果的に給与や報奨金が増え、社内での待遇も良くなる、ということを先輩から教わり実践していたからです。その時の年収ですが、500万円程度でした。転職前が400万円程度でしたので、穴埋め分を出しても結果的に年収が増えたのです。

そのような行為はもちろん良くないのですが、上司や部下、同僚も同じようなことを行っていたわけで、誰からも注意を受けたことはありませんし、そうすることが当たり前、のような馬鹿げた感覚がありました。

内部監査直前に、不正を隠蔽するため証拠書類の処分を強要させられた

その会社ですが、ちょうど私が入社して1年半経った頃、外資系企業に買収されてしまいました。買収された、といってもその傘下に入った、という形ですので、私達現場よりの社員には何の影響もありませんでした。

しかし、やはり外資系会社の特徴として、ガバナンスを高める、という要請があり、その親会社から内部監査人が派遣され、会社全体の経営状態、財務状態、プロセス部分にメスが入りました。

その当時、私が所属していた支店の支店長から『過去の書類は直近1年のものを除いてすべて破棄すること』、という指令が突然出て、さらにその書類は社内のゴミ箱ではなく、各課の担当がダンボールに集め、それを持ち出して破棄する、という今では考えられない手段が実行されていました。

監査の観点からはそのような書類が必要なのですから、当然担当者はその書類を切り札にすることもできたのでしょうが、所詮支店長とかと同じ穴のムジナですので自己保身のため、処分していたようです。

内部監査で不正発覚。社長や経営陣が解雇されたのと同時に自分も退職

私のいた支店は監査を何とか切り抜けましたが、他の支店でやはり発覚したのでしょう。何日かして、会社の社長を筆頭に経営陣全員が馘首になり、親会社から大量に人間が送り込まれてきました。そのことをきっかけに現在は他の会社で営業をしています。

もちろんノルマもありますし、その達成率に応じて報酬も変動します。しかし、現在はあくまでチームとして目標達成のために動いており、個人個人の欲のために不正をする、という雰囲気は全くありません。

達成できなくとも次はがんばろう、そのためにはこの部分を改善していこう、ということを実践する力があります。昔のことを反面教師として、日々頑張っています。そのブラック企業をやめてから結婚した妻やかわいい子供のためにも・・・

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細