74

ロゴデザインの確定に6ヶ月かかった。。振込もまともにしてもらえない

職業:webデザイナー
困った依頼:新会社のロゴデザイン

私の知り合いが大きな会社の子会社を設立する際、その会社のロゴデザインを考えてくれないかという依頼を頂きました。知り合いの頼みということだったのと、親会社のロゴデザインをいじって子会社のデザインにしてほしいということだったのでそれほど難しくない仕事だと思い引き受けることにしたのです。

クライアントの親会社の規模としては1500人ほどの会社でしたが、子会社の新会社は150人ほどの会社だと聞いていたので、親近感がありフレッシュな顔ぶれで新たに事業を開拓していくという目的なのでそのような元気溢れるロゴデザインにしてほしいというのが依頼でした。

ロゴデザインに6ヶ月もかかってしまった

もちろん依頼していた人物は私の知り合いだったので初対面ではなく、内容も打ち合わせもやりやすかったのは確かにそうだったんですが、その彼が最終的な決断を下すのではなく親会社の中でいいか悪いかを最終的に決めるということでした。その時にもっと綿密に話をしておけばよかったなぁと今となっては後悔しています。

私と他のデザイナ含め3名でかかったプロジェクトでしたがトータルでかかった期間は半年ほどかかってしまいました。本来ならば1ヶ月かそれぐらいで終わる予定でしたが思わぬところで長引いてしまったのです。

まずは当初のコンセプトから変更が発生した

といいますのも最初は知り合いから依頼されていたのが親会社のロゴデザインをいじってデザインを考える予定でしたが、やはりその子会社の元気なイメージをデザインしてほしいという気持ちが強いらしく、むしろ親会社のイメージと違うものを作ってほしいと言われたのです。

それならば1から作り直してやればいいだけです。1ヶ月かかって一生懸命デザインや色などもわれわれが何度も子会社に足を運びその会社のイメージを調査し検討して確認しあって数パターンのロゴデザインを考えたりしました。

そして知り合いもロゴデザインを非常に気に入ってこれなら大丈夫と言ってくれたのですが、インターネットにはなかなかそのロゴは反映されにくいのではないかという意見が出たらしく、結局新たに作り直すことになりました。

イメージの擦り合わせができず、ノーヒントでの提出を求める依頼主

私が1番困ったのはどのようなデザインがいいのかということをあらかじめ何でもいいので相手の思っていることを形に表しておいていただけるとありがたかったのですが、それらを含めてすべてがデザイナーの中で考えろということでしたし、考えたものを持っていても全て却下という形をとっていたのでいい加減イライラしてきました。

もちろん仕事をしている以上そういうお客様にも何度か会ったことありますが、具体的な話になると忙しいとかそういう暇はないと言って門前払いする割には、ロゴデザインに関する会議については入念に何度も検討し合うのは本当に憤りを感じました。

困った依頼主ほど、費用の振込もスムーズに行われない

そういうところは仮にロゴデザインが成功したとしても成功報酬として低い金額の場合が往々にしてあり、またはその振り込みもなかなかスムーズに行ってくれないところも少なくないので、嫌な予感はしていたのですがまさしくそこの会社も典型例の1つでした。

知り合いから頼まれていなければ本当にキャンセルでも良かったと思うぐらい今となれば辛い経験でしたが、この経験も将来必ず役立つだろうと思い我々デザイナーたちもより固い絆で結ばれた点においてはいい学習料だったかなと思っています。

その会社のロゴマークはどうなったのかというと結果的には親のロゴデザインを少しひねった最初のデザインが最も良いだろうということで採用したとのことでした。それなら最初からそのデザインを検討しておけば良いのに、新しい会社のロゴデザインが必要だとか言う意見があって結果こちらとしてはかき乱された感じになったのでした。とりあえず終了してほっとしました。