hopeyecatch

月休み平均1日で年収180万。最低20日連続勤務ブラック店の仕事

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

自分が、もともと客として、就業先に通っていたからです。私はその店の常連状態でした。

そのときの店員さんの雰囲気から、「楽しそうな職場だな。ここで働けたらラッキーだろうな。場所も岩手では一番いい場所にあるし。環境的にも帰りは、仕事帰りにかけもちで夜、他でバイトもできそうだし、」と当時は高校生だったので見たままで判断し、見たままそう思ってしまいました。

人権費を削減するため1ヶ月の休みは1回のみ。20日連続出勤の激務に耐えた1年

実際、客で通いつめている時に、店員さんから(後の先輩や上司にあたる方々です)かけもちで夜やっているよというような話を聞いていたので、ここで働けたらいいなぁと思うようになりました。それから、偶然、そこで求人していたので応募することになりました。

もともと客だったからといって、面接無しということはありませんでした。普通に面接をして、採用に至ったのでそのお店に働きに行くようになりました。休日がほとんどありませんでした。一ヶ月の間に丸一日休めることは、2〜3回ほどと記憶しています。

しかも、休日があった場合でこの回数です。月1日というようなこともありました。本当にすごい時は20日間以上連続で出勤ということもありました。会社の存続に関わるような緊急事態で招集されて20日間以上フルタイムの連続出勤というようなことであれば、それはかなりの緊急事態なので理解します。

ですが、そういったことではなく人件費削減の意味からだったので大変辛かったものがあります。そういう生活を1年近く続けました。かなり疲弊した記憶があります。疲労困憊です。精神的にも肉体的にも本当に疲れました。この時思ったことは、人間はボーッとする時間もとても大事だと感じたことです。

休日が取れないほどの激務から、仕事も私生活も疲労困憊に

頭があまり働きませんでした。休みがあるからこそ、労働に集中でき、良い成果をあげられると思います。人間は休まなければならないと、この時心から思いました。廃人寸前みたいな感じでした。病気にならなかったことは幸いでした。

この当時は18歳でしたが、世間的に18歳は大学や専門学生で楽しい学生生活や付き合っている人と遊びに行ったりすることも多い年齢ですが、私の場合はこういう労働生活だったので、思うように彼氏と会うこともできませんでした。

深夜から会うことは度々ありましたが、二人とも体力的にきつくなってきました。この時、付き合っていた人は社会人年数の長い人でしたが、記憶では、労働基準違反しているようなアドバイスをもらった記憶がないです。

辞めた方がいいような助言をうけた記憶もないです。付き合って長かったのでウップンも溜まってきてたんでしょうし、きっと、いずれ別れようと思ってた女だったからそういうアドバイスも無かったんでしょうかね?痛いですねー。私。

高卒で無資格、スキルもないから年収180万でも文句が言えなかった

結局、その人とはやっぱり別れましたが、まさか、労働基準違反の勤務日数の件から彼氏の本音が見えてくるとは意外な展開でした。ますます痛いですねー。新卒で社会人経験は他に簡単なアルバイトしかしたことがなかったため、そういう新人の立場から、勤怠に関することはとても言えませんでした。

進言する勇気もなかったですし、言おうとすらも思いませんでした。言うのであれば、辞めるべきというのが私の考えだったからです。立場上からも。もう一つは、当時は無資格で何もスキルも無かったですし、当時の最終学歴が高卒だったからです。

世間知らずでしたし、社会を知らないですし、世の中が見えていません。そういう18歳が他に行くところは無いと、自分がそこで働いていたときに思っていたからです。年収は、だいたい180万円ほどでした。

無資格の低学歴でスキル無しの社会人1年目で地方で180万なので、悪いとまではいかない金額でしょうけれど、労働時間単価で見るとかなり割に合わないと思います。お給料はありがたいですが、労働日数の調節がもうちょっとどうにかなっていたらな、とかなり昔の話ですが、今更ながら思います。

上司や先輩が労働条件に何一つ文句を言わないことに違和感を覚え退職

今となるととても不思議でしょうがない話ですが、上司も先輩も後輩も何も言いませんでした。本当に不思議です。私だけがそういった頻度で出勤させられているのであれば、私がリストラ対象のイジメということは確実に言えるんでしょう。(ただ、これは相手側もリスクを負う行為なのは確実)

ですが、そういうことも一切なく、みんなが全員、その労働スタイルを普通にこなすので私としてはその手の話題には全く触れる勇気がありませんでした。他の職場であれば絶対に話題に上るわけです。

他の人が何も言わないことが、それはそれでいよいよ恐ろしくなってきたことと、体力が持たなかったこともありますし自分の時間、プライベートの時間が欲しかったので辞めました。

第三者から見ても、私自身が今振り返っても、もっと早く辞めたら良かったんじゃない?という感じがますます痛いです。現在は、ノマドワーカーをしているので勤怠時間は自分で調節できるので満足しています。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細