hopeyecatch

正社員登用も月給15万円もすべて嘘。退職するまで時給750円だった介護ホーム

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

当時は介護業界がスタートしたばかりでした。離婚して新たなスタートを切った私は何か資格を取得して長く続けられる仕事をするべくヘルパー2級の資格を取得しました。そしてどうせ新しく始めるのなら新規にスタートする事業所がいいだろうと思いました。働く皆が一緒のスタートがいいと思ったからです。

求人情報には正社員登用あり、月給15万円と記載されていた

すると当時住んでいた自宅から程よい距離に新しく介護グループホームがオープンするとのことで新規スタッフが募集されていました。早速履歴書を送り面接へ。ハローワークで求人を見つけたのですが、最初はアルバイトで後に正社員登用アリでした。

給与は最初は時給750円くらい(北海道はこんなものです。)で後に月給制。バイトでも夜勤手当などを入れると月給15万円はいくとの事が書いてありました。面接に行くと新規の募集とあって結構な人数がきていたようです。

大柄な役員の方と小柄な女性の施設長の二人に面接を受けました。とてもフレンドリーな感じで面接が進み、時期を見て正社員は考えているとのことでしたが、入居者が無事に集まって事業が順調に進むまでは待って欲しいとの旨のお話を受けました。もちろん採用だった場合なのですが。

条件より少ない給料しか支給されていなかったが、正社員になれると信じて泣き寝入り

その時に給与の話もありましたが求人より少し下がっていました。夜勤があるのですが夜勤の後は明けで休みとなるのにこの部分が入っていない計算で、結局夜勤手当も付いて手取りは13万円超えるくらいだと説明を受けました。この時点では「あれ?」とは思ったものの、手違いだったのだと思いました。

思ったよりは給与が下がるのは残念でしたが、まずは合否を待つことにしました。結果、採用でした。給与が少し下がったけれどもまた面接に行くのも面倒な気になりそこのグループホームで働くことになりました。働いて見ると小さなことまでコストカット、コストカットです。

給与は小さな金額ずつなぜかカットされていて、気がついたのは数ヶ月後でした。金額が少ないような気がしてタイムカードとは別で自分で勤務時間を記録しだしてからわかったことです。ただ金額が一万円未満だったのと、正社員登用を目指して働いたので会社との関係を壊したくなく泣き寝入りしました。

半年経っても正社員になれない。役員は職場をホテル代りに利用し公私混同

働き出して半年以上経っても正社員の話は「待ってくれ」の一点張りです。まだ自分には正社員に登用してもらえるだけの働きができていない部分もありますが、各ユニットのリーダークラスの人達は経験も十分で、こちらも正社員登用が前提だが最初はバイトで待っていてくれ、という事だったらしいのです。

私みたいなぺーぺーはしようがなくともこのリーダークラスの方達が何度会社と掛け合っても正社員にしてもらえなかったんです。前職との保険の切り替えもあったので大変困っている方もいました。ちなみに居室はほぼ満員でした。そして許せなかった事が施設長たちの公私混同ぶりです。

短期利用者の為の部屋が最上階にあるのですが、なぜか独身女性の施設長と既婚者の役員の男性がいつも同じ階で宿泊しているのです。一度利用者さんの急変であまり経験の無い私は不安になって施設長に相談しようと思い、宿泊の部屋のドアをたたきましたが部屋は空。

他の部屋を探すと男性役員と一緒にお布団に入られていました。このことは退職するまで誰にも言えませんでした。この目でいざ現場をみると怖くて何を言われるかと思って誰にも言っていません。結局一年ほど働きましたが、正社員になることを諦めて他で目指そうと決心がついたので退職しました。

結局、退職するまでアルバイトのままで年収は200万もなかった

やはりリーダークラスはアルバイトの身分のままでしたのでやっと諦めがついた形です。何度か退職の話をしてももう少し待ってくれ、真っ先に正社員になって貰うことを考えているからと言われ頑張っていました。結局アルバイトのままで年収はもちろん200万円もいきませんでした。

また利用者さんから食費として毎月4万円貰っていながら、実際は1ヵ月あたり1万2千円分しか食費としてもらえないと調理の方もぼやいていました。そんなところだったので職員の入れ替わりも激しいです。退職してもう何年も経っていますがいつ求人誌をみても必ずといっていいほど求人だしています。

私も最初の職場がそのようなところだった為、怖くなって介護の仕事はそれっきりになっています。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。