hopeyecatch

人事と上司による悪質なイジメ…新卒を退職に追い込むブラック企業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

当時、32歳。ずっと共働きでやってきました。娘が小学校入学を迎えるにあたって、放課後の保育に問題が生じて自宅近くでの再就職を希望し、転職活動を開始しました。

入社3ヶ月で気づいた上司からの悪質ないじめ。同僚は2ヶ月で退職へ追い込まれた

ほどなく、徒歩圏内にある工業団地の中の1社から内定を頂き、4月から気持ちも新たに勤務開始となりました。入ってみて分かったのですが、この会社(A社とします)はいわゆる同族企業で、社長、常務、部長、課長と「長」のつく役職は皆さん同じ姓の方ばかり。

経理を仕切っていた女性も、姓こそ違えど親族の方でした。A社ではこの同じ姓の方に嫌われたら最後、イジメの標的になってしまう、ということに入社3か月でようやく気付きました。最初のターゲットはバイリンガルの女性。

いわゆる「日本的」な発想や行動とはかけ離れていて帰国子女特有の自由な感じの方でしたがこれがお局の気にくわなかったようです。昼食時、食堂で聞こえよがしに悪口を言ってみたり、お茶をこぼして後片付けをさせたり、ロッカーに使用済みの生理用品を置かれたりと低次元のイジメが延々と続きました。

仕事の上でも、一切仕事を回さないと思いきや、無理難題な仕事を押し付けて、実行不可能な期限を切ったうえで、「あなた、デキルんでしょ?」と言い残して帰宅したりと、酷い扱いを受けていました。彼女はイジメが始まってから2ヶ月で退職しました。

妊娠中だからと今度は自分がいじめの標的に。上司からは退職を強要された

次のターゲットは彼女の後任。ちょっと芸術家っぽい雰囲気で、顔と服装が気に入らないと言ってるのを聞いたことがあります。同じような悪口や嫌がらせ、彼女の周りで仕事をする人間にもあることないこと吹聴するようなことまでしていました。後任の彼女もいじめられてから1年で退職しました。

次のターゲットが私です。理由は妊娠。妊娠なんかしてると、他の社員の士気が下がるとドヤされ、つわりが酷く、手を休めていると辞めたほうが会社のため、と言われました。医師から診断書をもらったので提示すると「じゃ、辞めれば」と一蹴り。

それでも辞めなかったのには夫の収入だけでは生活できないという現実があったからです。また、ゆくゆくは家を持ちたいという夫婦の目標がありそれに向かって少しでも収入を得たいという気持ちもありました。

前職で、仕事のやりがいというものに目覚めたことも理由の一つです。そのうち、ドクターストップがかかり出社できなくなり、謝罪しに会社を訪問すると、退職の書類一式が用意されていました。

ボーナスなしで年収290万。1年半のいじめに耐えたが育休満了前に退職

こうなる展開は予想できていたのでこちらも色々と資料をかき集め、妊娠や出産を理由に退職を勧める行為は違法であることをコンコンと説明し、話の最後に「それでもこういう行為を止めないならば、弁護士をしている叔父に相談します」(本当はいませんが)と言ったところ、態度が急変。

育児休業、取ってください、わが社の第一号です!と抜かしたのです。その後、無事出産しましたが、人手が足りないとのことで育児休業の手続きは自分でするようにと言われ、仕方なく乳児を抱いてハローワークに何度も足を運びました。

隔月の申請のため、会社に行くたびに何でこんなクソ会社のために、苦労しなきゃならんのだ?という思いが拭えず、結局は育児休業期間を満了する前に退職しました。イジメが始まって、1年半経った頃のことです。ちなみに当時の年収は約290万円程でした。ボーナスもほとんど出ませんでした。

ブラック企業を退職後も依然として社内いじめは改善されていなかった

今は、夫の転職が上手くいき、収入が増えたおかげで専業主婦をやっています。ですが、仕事を再開したいという思いはまだ強くもっています。夫はA社のような会社だったら、また苦労するからと再就職には反対していますが。

ちなみにA社、同族の方々はまだ皆さんご健在のようです。先日、私に散々退職を勧めてきた総務部長に道でばったり遭遇。今では社長になったそうです。

「みんな、○○さん(私)が戻ってきてくれるのをずっと待っていたんですよ」と歯の浮くようなウソを平気で言ってのけて、「○○さんの後任に来た方、ホント使えなくて困ってるんですよ」と新たなターゲットを見つけたことを教えてくれました。

人として間違っている事をしているにも関わらず他人をやみくもに攻撃し、退職にまで追い込む、って人として最低だと思います。そんな人たちが構成している会社が、CSRとか偉そうに言っているのだから本当にびっくりです。

お前らの倫理観をまず正せよ!と言いたい。まずは、同族企業はオススメしません。多かれ少なかれ、こんな感じだと思います。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。