post-69

途中でどんどん変わる依頼、最後は「納品遅かったね」でカッチーン

職業:システムエンジニア
困った依頼:自動車部品工場の機械の調節

別々の建物内の機械を工程ごとに配置しなおすことになったそうです。スポット溶接やマシンニングセンタなどの工作機械などを使用して、自動車部品関連の仕事をされている会社での事です。

大手自動車工場で必要なフレームやパネルなどといわれる部分を製造しているそうです。従来の工程での製造方法が改良されるにつれて、工程自体が削られていくようになったそうです。さらに機械によっては製品の品質維持ができないものも出てきたようです。

新しい機械を導入して合理的に作業を進めるには、別々の建物内の機械を工程ごとに配置しなおすことになったそうです。

初めは今まで使用していた制御盤を複数台配置し直して再利用するとの事でした。しかしそれぞれの建物から機械を運び出すうちに見込み違いが出てきたようです。機械を配置できるスペースと、作業員や材料の配置できるスペースを考えに入れていなかったそうです。

6人でホイストやクレーンを使用しての移動は予定していた時間の半分以上を費やしてしまいました。この時点では制御盤はベースに設置されて、操作盤などとの接続にかかっているつもりでいました。

使用する機械は変わらないのですから、作業スペースも変わらないのは当たり前です。レイアウトを考えるだけの人員は作業スペースの事までは考えになかったでしょう。きっと整然と並んでいれば良しとしていたのでしょう。

複数台の制御盤を集約してスッキリさせたいはずだったらしいのですが、設置するスペースには今回納品する制御盤ともう一台くらいしか置けません。従来の盤はそんなに大きくはないのですが、複数台集まれば場所にも限度が出てきます。しかも集約して使用すると電圧も大きくなり、制御盤も大型のものが必要になります。

容量を少なくするには一向に構わないのですが、大きくなるのは作業上でも保安上でも困りものです。

制御盤は蓋を開ければリレーやタイマーなどの制御に関する機器が配置されているわけですが、すべての収まりが良いようにこちらも考えて取り付けています。本体(ハコ)の大きさも中身に合わせて製作されていますから、余ったスペースも僅かです。

変更になる部品のカタログからサイズを調べて、実地で採寸してみますがどうも合わない。ある部品は取り付けるには縦横サイズはOKでしたが、奥行が足らずに蓋が閉まらないようです。

使用する電圧の容量がかなり変わってくると盤全体の配線ケーブルにも影響が出る可能性もあります。その場ではどうにもならないので、せっかく持ってきた盤を持ち帰ることになったのです。すぐに部材の手配は無理のようですので、従来使用されていた機器を使用してもらいました。

自社に戻ると、制御盤から中の盤を取り外してケーブルの配線のやり直しをしました。せっかく繋げた配線を外して、太いケーブルにつけ直したのですが、これにはかなりの時間を割かれました。

ダクトという部品に配線されたケーブルをまとめておくのですが、太さが変わってしまいこれも交換になりました。蓋部分に液晶パネルを取り付けることになり、ハーネス接続が追加されて楽になった点はありました。ケーブルの太さの変更で穴を開け直しになり、ハコ屋さん(板金屋さん)に盤は逆戻りになりました。

またまた綺麗になって帰ってきたハコに、盤を取り付けて完成です。

新たな穴あけなどが発生したため、予定よりだいぶズレ込んでの完成となりました。前回は土台の余裕の無さを指摘したせいか、ガリガリに削ってありました。しかし無事に取り付けて、操作盤の接続まで終えて終了となりました。

先方から依頼を受けてから完了まで2カ月でしたが、本来は10日以上早く終わっている予定でした。最後に先方から「遅かったね」と言われた時はさすがにみんなムッとしました。

設計やら計画やら全ては先方さん主導で進めてきた事で、こちらは請け負った形での仕事ですから何も言えません。こちらは制御盤の製作と取り付けの業者ですから。