conts-pharmacist-6744-05

派遣薬剤師の高時給求人が多い訳は?派遣会社、転職者から聞いた裏側

「派遣薬剤師…なぜここまで高時給なの?」「福利厚生は?」「職場で肩身の狭い思いをする?」「派遣を選ぶときのポイントは?」今回は派遣会社、派遣薬剤師の双方に取材して、薬剤師が「派遣」に関して抱く疑問について徹底的に調べてみました。

HOP厳選!薬剤師派遣会社3社まとめ
薬キャリ

無料登録

詳細へ

マイナビ薬剤師

無料登録

詳細へ

ファルマスタッフ

無料登録

詳細へ

1.派遣薬剤師の時給が高いワケを薬剤師派遣会社「薬キャリ」に直接聞いてみた

派遣薬剤師の求人情報を検索してみると、時給3,000円や3,500円を超えるような求人情報があって驚きますよね。

1日8時間×週5日=週40時間フルに働けば、月給60万円や年収700万円は軽く超えてしまいそうですがその理由…気になりませんか?

薬キャリ担当者に聞いてみました。

「深刻な人手不足で運営が成り立たない薬局がある。」by薬キャリ担当者

薬キャリ担当者

    派遣の時給が高い理由のひとつに、「人手不足」があります。薬剤師に限らず派遣で人を雇う背景には「その業界(職種)で人が集まりにくい」という側面があります。

    薬剤師の場合はそもそもの薬剤師数が足りていません。薬剤師不足はいずれ解消されると言われていますが、有効求人倍率の推移を見ても1人当たりの求人数は一向に減らず雇用側からすると常に薬剤師の取り合いをしているイメージです。

「あまりにも高時給だから何か変なことをさせられるのではないか…」と疑いたくなる気持ちになるのも無理はありませんよね。

派遣は突然の人手不足を解消する目的で採用する場面も多いため、雇用主側の緊急性が正社員やパートと比べて高くなります。そこに人を呼び込むのであれば多少金額がかかるのは仕方がない、と雇用主側は考えています。その結果、通常よりもかなりの好条件で働くことが可能、というのが背景です。

※薬キャリインタビューの続きはこちら
「薬キャリ」取材④派遣薬剤師の時給は3,500円超?(1)

時給以外の部分はどうなのでしょうか。次項目では気になるメリットデメリット・体験談など見ていきたいと思います。

2.派遣薬剤師に直接聞きました!職場環境とメリット・デメリット

薬剤師派遣のメリット・デメリット比較
高時給の裏側は知ることができました。では実際に働くとなるとどんなものでしょうか。

まずは、派遣薬剤師になったつもりでイメージしてみましょう。

あなたの雇用元は派遣会社。派遣先の薬局に出勤したあなたは、薬局側からすると「派遣会社から来てもらっている薬剤師さん」とみられます。要は、良く言うとピンチヒッター、悪く言うと部外者です。

なので、例えば中小規模の個人・家族経営の薬局でありがちな、

  • 「サービス残業は当たり前」
  • 「有給制度はあってないようなもの」
  • 「週1回の飲み会、上司が帰るまで帰れない」
  • 「雇用契約にない業務に時間を取られての残業」

といった悩みとはお別れです。

では、人間関係以外の面はどうでしょうか?メリット、デメリットを簡潔にまとめてみました。

派遣薬剤師のメリットデメリットまとめ

メリット デメリット
1,勤務日数や土日祝休みなど、予定は全て自分で決められる 1,長期的な雇用は保証されない(紹介予定派遣除く)
2,多くの求人が時給3000円以上で稼げるためアルバイト、パート、正社員よりも高給与 2,平均3~6ヶ月で職場変更(契約先は派遣会社と相談可)
3,人間関係の悩みが非常に少なくなる 3,派遣先からは原則調剤経験を求められる(例外有)
4,サービス残業一切なし 4,派遣先が変わるごとに一から仕事内容を覚える必要有

※派遣薬剤師のメリット、詳細はこちら
派遣薬剤師の4つのメリット|高時給の理由と気になるデメリットは?

比較してみると、自分の望む生活を送ることができ、更に高時給・高年収が望めます。そして反面、職場がよく変わることがわかります。

そんな環境を派遣薬剤師はどう感じているのでしょうか。実際に派遣薬剤師として働く方に聞いてみました。

20代女性薬剤師

    元々正社員ドラッグストア勤務でした。結婚して休みを旦那に合わせたかったけれど、ドラッグストアの正社員はシフト制だから毎週休みが固定ではないことと、今後の家庭や子育てを大切にしたい気持ちが大きくて

    実際に派遣で働いてみた感想としては時給が高くて自由にシフトが組めて、固定曜日が休みで責任もなく気楽で。ドラッグ正社員時代よりも休めています。ボーナスはないけど正社員時代のボーナス入れても年収は同じくらい稼げてます。あと、今の職場では髪の毛や爪の色はある程度黙認してもらっているなぁと感じてはいますがその部分で融通が効くのも意外とうれしいポイントだったりします。

30代後半女性薬剤師

    3ケ月~半年で職場が変わるのである程度は「仕事」と割り切って働いてます。もちろん患者さんと仲良くしたり、スムーズに仕事が進むように雑務も行ったりしますが時間になれば帰ります。派遣会社から来ていただいているという適度な距離感があるからこそ時間内はどんな仕事でも集中できますし、そのおかげで仕事とプライベートをハッキリ分けることもできています。

    子供2人いながらの共働きで、子供に手がかからなくなればまた正社員になることも考えていますが、時間を切り分けることができるのはやっぱり派遣の良い所だと思います。

自分が大切にしたい軸が明確な印象でした。また、職場の人間関係の悩みからも解放されたそうで、インタビュー中の心からの笑顔もとても印象的でした。

今の自分が「どんな生活を送ることが理想なのか」を基準にして考えることが大切そうです。

4.薬剤師派遣会社3社への独自取材から見えた特徴をこっそり公開します。

薬剤師派遣会社への独自取材
ここまで「理想的な生活」を実現させるための軸や基準の話をしてきましたが、この軸を大事にするために必要なのは目先の求人情報を選ぶことではなく【あなたに合った派遣会社を選ぶこと】です。

なぜなら、正社員で転職する場合と違って、派遣で働く場合は派遣会社との付き合いが長くなるためです。転職して終わりではないためしっかり信頼できる、相談できるパートナーになりうるかどうかが派遣会社選びの一番のポイントです。

薬剤師専門の派遣会社「薬キャリ」「ファルマ」「ヤクジョブ」それぞれに取材して見えてきたことですが、やはり各会社ごとにそれぞれ特徴がありました。

派遣会社 特徴
薬キャリ 幅広い”キャリア選択”をサポート
ファルマスタッフ “生きた求人情報”を提供
ヤクジョブ もし”私”が”あなた”だったら

その詳細を下記にて各企業ごとにまとめてみました。

おすすめ度 ★★★★★

派遣求人を完全網羅
「薬キャリ」

求人数が抜群に多い、薬キャリ

エムスリーキャリア株式会社が運営する薬キャリ。約40,000件という求人数は他社と比較してみても業界トップクラスでした。
これほどの掲載求人数を維持できる秘密は提携人材紹介会社の多さにあるようで、医療業界に精通している同社のネットワークを活かしてなんと33社もの企業と提携しています。つまり薬キャリに登録するだけで33社分の薬剤師求人に触れることが可能。豊富な情報量を元にあなたへの転職を総合的に応援してくれます。
<薬キャリインタビューの詳細はこちらから>
薬キャリ取材①エムスリーキャリア(m3)へ行ってきた!

株式会社メディカルリソース(旧:日本調剤ファルマスタッフ)が運営するファルマスタッフ。日本調剤グループ運営のため大手の安心感があります。また、自社で扱う求人の職場にはすべて訪問していて「職場の雰囲気」や「バス停からは近いけど1時間に1本しかない」などの生きた情報をくれるため、働く前段階でのギャップを埋めてくれます。事前情報の有無は「自分が派遣として何を求められるか」を知ることに繋がります。また、日本調剤のセミナーなど独自の研修制度も整っているので未経験者もOK
<ファルマスタッフインタビューの詳細はこちらから>
ファルマスタッフに訪問インタビュー

クラシス株式会社が運営するヤクジョブ。さくら薬局を運営しているクラフト株式会社の出資会社で、「調剤薬局から生まれた転職サイト」というバックボーンがあるため「薬剤師求職者の目線」を大切にしています。男性・女性コーディネーターを選ぶことが可能で、無理に転職を進めたりせずとても親身にあなたにとって一番ベストな答えを出してくれます。今後長く働く場所を「紹介予定派遣」として探していく時のパートナーとしてピッタリです。非常に頼もしい印象でした。
<ヤクジョブインタビューの詳細はこちら>
【驚愕】クラシスのヤクジョブ利用者からの評判!?満足度96.3%の理由

また実際の派遣求人を探すと下記のようなものが出てきます。一例として参考にしてみてください。

月収48万円求人/東京

東京の薬剤師派遣求人

土日休みで年間休日120日、給料48万円/月。通勤手当、残業手当、社会保険。「紹介予定派遣で正社員雇用を目指す」あなたにピッタリ。

時給3,000円~+住宅付/愛知県名古屋市

愛知県名古屋市の薬剤師派遣求人

こちらは社宅・住宅手当つきの求人。「海外旅行資金を貯めたい」など短期間でお金をガッツリ稼ぎたいあなたにピッタリ。

派遣での給与相場は勤務地にもよりますが東京では平均時給2,800円程度のようです。

では最後に、「派遣会社にどんな質問をぶつけるか」をまとめてみましたので見てみましょう。

5.上手に派遣会社に転職相談するための具体的な質問項目まとめ

派遣会社を選んだあとはいよいよ転職相談の段階です。派遣会社には何を伝えればよいのでしょうか?
派遣会社に登録後、まずはこちらの希望を第一に伝えます。たとえば

  • 「時給3,500円以上、週4日勤務で、自宅から自転車で通える範囲の調剤薬局の求人情報が出たら教えてください」
  • 「実際の雰囲気、勤務環境を知りたいので複数の職場見学をしたい」
  • 「契約更新のタイミングを事前に知っておきたい」
  • 「個人薬局よりも大手薬局が良い」
  • 「9~13時での時短勤務希望です」

と具体的に伝えましょう。言いづらくてもしっかり伝えましょう。派遣先で働くのは他でもないあなたです。
伝えた後、コーディネーターの方がしっかり聞いてくれるかも重要なポイント。
もし何か派遣先でトラブルになった際に、頼りになるかどうかはここにかかっているからです。

また、好条件の派遣案件を探す際のいちばんのポイントは実はタイミング。条件の良い求人情報は、薬剤師さんを急いで探している調剤薬局から出ます
希望の条件を伝えて待っていれば、時間は多少かかるかもしれませんが、今よりも条件の良い転職先が見つかる確率は非常に高くなります。

あなたの派遣薬剤師としての人生が素敵なものになることを願っています。

コラム~派遣会社の福利厚生面~

派遣薬剤師には派遣元となる派遣会社の福利厚生が適用されます
例えば上場企業グループの派遣会社であれば

  • 社会保険
  • 厚生年金
  • 有給休暇制度
  • 健康診断
  • 薬剤師賠償責任保険の保険料を会社が負担
  • 提携しているスポーツクラブ利用

といった制度を利用することができます。派遣会社によってオリジナルな取組みを行っている所も多く事前にHPなどでチェックしておくと「あ、こんなものがあるんだ」という発見があるかもしれませんよ。

おすすめ薬剤師登録者数No.1!薬キャリ

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 福利厚生が充実した職場で働きたい薬剤師

おすすめ高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

おすすめ薬剤師専門で20年の実績があるヤクジョブ

kurasisunoyakujyobu

『クラシスのヤクジョブ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 調剤薬局に転職したい薬剤師
  • 担当コーディネーターの人柄を重視する薬剤師
  • じっくり時間をかけて転職先を探したい薬剤師

<薬剤師派遣にまつわるオススメ関連記事>

薬剤師の単発・スポット派遣|高時給求人の探し方と実例、注意する点
薬剤師の地方派遣求人が年収700万超の理由は?僻地勤務はきつい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら