hopeyecatch

身分を偽ってセールスをするよう強要し、給料は明細もなく現金で支給するテレアポ業

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

シフト制で時給がそこそこ高くて駅から近い場所で勤務できる水商売以外のバイトを探していたところ、家庭教師の案内をするテレフォンアポインターの仕事があったので応募しました。

高校生も正社員も、国公立の大学生だと強制的に名乗らせるブラック企業

はじめはごく普通の会社で、ごく普通に電話をするものだと思っていました。しかし、「国公立の大学生という設定で電話をかける」「偽名を使っても良い」という指示がありました。ここでまず違和感を感じましたが、テレアポはそういうものなのだろうと思って気にしないようにしました。

大学生と名乗らせるのに、明らかに高校生の子も居ました。制服を着ていたので高校生に間違いないと思います。その子たちも、「○○大学の者ですが…」と電話していました。会社ではなく、学生サークルということで案内をするように指示されていました。

実際は、学生サークルなどではなく正社員らしき人もいて明らかに会社組織でした。その正社員らしき人はいつもビーチサンダルにヨレヨレのTシャツと短パンで出勤していました。金髪の長髪で、風俗店にいそうなタイプです。

休むと時給は最低賃金にされ、営業ノルマが達成できないと給料泥棒呼ばわりされる

不思議だったのは、この個人情報の管理が厳しい今日、小中学生の学年ごとに、住所、氏名、電話番号、親兄弟の名前が載った名簿があったところです。その名簿を見て電話をかけるのですが、かなり正確でした。そんな詳しい情報を誰が仕入れてきたのか…考えると怖かったです。

当然、「うちの番号をなんで知ってるの?」と聞かれたこともあります。その場合はマニュアルがあり、ランダムに電話しているとしらをきり通すように書かれていました。出勤面でも厳しく、シフト制とはいえ週3回以上出勤しない場合は、時給が最低賃金に落ちるといわれ、休みもとれませんでした。

給与も、給料日に手渡しで渡され、給与明細はありませんでした。また、仕事場には常にノルマが達成できなかった人の名簿が貼りだされていました。「アポイント取れない人は給料泥棒」という貼り紙がされていて精神的にも疲れる職場でした。

営業成績がトップに。すると給料を払わないと脅されすぐには退職できなかった

はじめて2〜3ヶ月は「バイトだから…」と割り切ろうとしました。割りきって仕事をしたらかなりアポイントがとれ、トップの成績をとりました。アポイントがとれるようになると、手のひらを返したように挨拶すらしなかった社員が急に話しかけてくるようになりました。

そのヨイショする姿が不愉快でたまりませんでした。「絶対におかしい」「ウソをついて仕事してお金を得るなんて…」と良心の呵責に耐え切れず半年くらいで辞めました。辞める際、アポイントが取れるアポインターに辞められては困ると言われ、なかなか辞めさせてもらえませんでした。

法令では2週間前に辞めると言えば辞められるはずですが、その職場は辞める月の前月15日までに申し出なければならないという独自ルールがありました。12月31日に辞めるなら11月15日には申し出ないと辞められないそうです。もし、強引に辞めようものならその月の給料は払わないと言っていました。

時給はよかったが嘘をつくことで精神的に限界になり、教育福祉系の仕事に転職

週3回4時間くらい出勤して5〜6万円くらい稼ぎましたが、精神的に限界でした。同じバイトの子同士は淡々と仕事をしていて、あまり話したりはしませんでした。私語禁止だったので、喋らせてもらえる環境になかったともいえます。

一部、ギャル系の子たちが正社員らしき男性と親しげに話していました。たぶん、その男性の「オキニイリ」の子たちなんだと思います。今は、教育福祉系の仕事をしています。働いている人の身なりも常識的だし、何よりウソをついて仕事をしなくていいので良心が責められることもありません。

給料などの待遇はあまりよくはないですが、やむを得ない理由で休んでもペナルティはありませんし、安心して働けます。法律を無視した独自ルールもありません。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。