post-63

当然の権利なのに、主張してワンマン社長に嫌われると・・・

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

この会社に就職したきっかけは、沖縄に移住するために面接をうけて一番最初にうかったところに入社したという感じです。ですので、社風が良いとか、この仕事がしたいとか特別な理由があったわけではありません。それがまずはよくなっかたのですが…。

休みを取れず、店舗間の移動交通費は自腹

何がブラックだったか。それは、月に休みが7回(内1回分の給料は積立金として給料から引かれ、年に1度あるかないかの社員旅行の費用になる)。残業が月に100時間以上。残業代は役職手当に入っているという理由で一切なし。(その時の年収総額は240万、手取り190万程)

年に2回ある会社の商品を社員販売で10万以上買う(計20万以上)、交通費は一律1万円で店舗間の移動も含まれているため、役職のあるスタッフは各店舗をまわるので、月平均2万以上の実費(高速代は自己負担)。夜中の1時から4時までのミーティングが月4回。これも、役職手当に含まれるという理由で一切残業代はつきませんでした。

有給年7日って合法なんでしょうか?

有給は年7日ですが、入社以来有給をとれたこはありませんでした。有給は風邪を引いた時に使うもので、遊びに行くために使うものではないというのが理由でした。

サービス業でしたので、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は全員出勤です。これはサービス業の宿命ですし、入社前からみんな承知の上働いていますが、有給をとれないとなると連休をとれないということなので、県外からきている社員は実家に帰る事もできません。月7回の休みも連休でとってはいけないという暗黙のルールもありました。

スタッフ内では給料の話は厳禁・・・すぐに社長の耳に入る

入社当時からこのような勤務体制に不満はありましたが、スタッフ内で給料の話は厳禁で、少しでもお金の話をすると社長に「あの子はダメね。結果も残してないのに先にお金の話をするのは仕事ができないからよ」と別の社員に陰でいいふらされます。

社長の機嫌を損ねたスタッフはあからさまに嫌われ、「あの子は脳が足りない」と言われる。残業さえしていれば、優秀だと認められ、入社6ヶ月でいきなり店長になったりする。結果を残してない社員でも評価することに怒りを感じた時、私は1ヶ月間、残業を1時間以内にして帰宅することにしました。

正社員未経験歓迎の求人情報を1,000件以上掲載するハタラクティブはこちらから

勝手に給料を減らされている?

与えられた仕事は、日中集中して終わらせて、無駄な残業は意味ないことを社長に態度で示すためだったのですが、その月の給料から1万円引かれていました。経理にその理由を訪ねたところ、「役職手当をもらっているのに残業していないから。と言ってました」と言われました。

長い時間会社に滞在していないと、給料を引かれてしまうという意識がめばえてしまし、その月からまただらだらと残業をしました。1ヶ月で減給されたのに、残業してもそれから1年は給料が上がらず、年に2000円づつ、計5年かけて1万が戻りました。

女性は30歳を過ぎると転職を考えづらくなるもの

そのうちだんだんそんな会社のやり方に慣れてきてしまって、仕事も忙しく、プライベートの時間もほとんどないので、退職することを考える時間もなかったですし、年月が経つにつれて、年をとっていきますし、気がつけば残っている社員はみんな30代半ば。

9割5分が女性の職場で、男性社員は社長の身内しかいなかったので、30才を過ぎると女性は転職を考えづらくなるのも事実で、この勤務体制に耐えられないスタッフは入社後3ヶ月以内でほとんど辞めていきます。今思えば、賢い人たちだったと思いますが、その当時は正直、入社してすぐ辞めるなんて根性が足りないと思っていました。

私も含め、残ったスタッフは、ただ文句も言わないで耐えることのできる人間で、特に有能と言う訳ではなく、ただ社長に気に入られたというだけ。残業を断らず、言われた事はする、文句は言わない、社長は素晴らしいとヨイショのできる人だけが残っていくので、その人数が増えれば増える程、いろんな理不尽が当たり前になっていきました。

ワンマン社長の子供じみた仕打ちもブラック会社の典型?

タチが悪いのが、社長自身が勝手に思い込みで信じていた社員が、少しでも気に入らない行為をとったら、手のひらを裏返したように仕打ちをします。

当時45才のバツイチの女性スタッフがいました。彼女には中学1年生になる子供がいました。17年この会社に勤務しおり、バツイチになってからはその人だけ特別にお正月は三が日休むことが許されいました。誰の事も悪く言わず、いつもニコニコしているような、正確も非常におっとりした人でしたが、息子さんが中学生にあがったその年からお正月も出勤するように言われました。

彼女はそれはできないと伝えると1月4日に店舗移動がつげられました。その店舗は深夜12時まで営業しているので、どう考えても無理な勤務体制です。その次の日から彼女は出勤しませんでした。17年も会社に尽くしてきたのに、たった一度社長の意にそわないことをしただけで、自主退社に追いやられてしまいました。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。