post-617

何かにつけて「主義主張をする前に義務を果たせ」と怒鳴るブラックオーナー

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

私がブラック企業と思ったのは飲食店で働いていた時の事です。元々お酒が好きでよくバーをはしごしたり、常連としてよく行くお店もありました。当時は全く別の業種で働いていたのですが、興味がバーに移り、私もバーテンダーになりたいと思ったのがきっかけで転職しました。
学歴に自信がなくても正社員として働ける!内定率75%を誇るハタラクティブへはこちらから。

夕方6時~朝5時勤務で月収10万円

いざ紹介されたお店で働いてみると見習いだから最初の給料は10万円でした。しかも保険も何も手当がなくただの手取り10万円。最初はやはり何も出来ないし、教えてもらって修行する身なのでその金額でも仕方ないと思っていました。しかし、労働時間も夕方4時から朝方の5時まで。ずっと立ちっぱなしです。

しかもお客様に飲めと言われたら、断る事は許されず何杯もお客様が気が済むまで自分も飲まなければいけない。どんなに風邪を引いたり、体調を崩したとしても必ず出勤しなければ許されませんでした。

技術を覚え、知識もついた1年後でも給料はあがる事はなくずっと10万のままでした。労働時間も元々長かったのに、お客様が帰るまで店を閉めれないと、たびたび朝まで営業し続ける事も増えました。しかしオーナーに限っては、別件の仕事があると営業中に出かけたり、予定があると最後まで営業せず途中で帰ってしまう事が多く従業員の私ともう1人の男性だけで朝まで頑張る日々でした。

家賃と光熱費を払うだけで精一杯

結局意を決して辞めたのが入店してから2年後で最後まで雇用保険がつく話も出ず、給料があがる事もなく辞める事にしました。バーテンダーは技術職という事なので技術が身についていない私が悪いと思い込んでおり、オーナーにお客様のためだと言われてしまうと、お客様のためならしょうがない・頑張るしかないと思っていました。当時は上記の通り給料があがる事もなかったので240万円でした。

1人暮らしをしていたのですが家賃、光熱費を払うのに精一杯で後のものはほとんど節約のためなにもできませんでした。とは言いつつ、長時間労働なため、外に買い物に行く時間も体力もなかったのである意味ちょうど良かったのかもしれません。
学歴に自信がなくても正社員として働ける!内定率75%を誇るハタラクティブへはこちらから。

口癖は「主義主張をする前に義務を果たせ」

当時の上司・雇い主であるオーナーは「主義主張をする前に義務を果たせ」が口癖で、長時間労働も、バーテンダーとは無関係の仕事も従業員にやらせ、それが当たり前という雰囲気でした。実際、すこしでも疲れた顔をすると怒鳴られて修行が足りないとさらに仕事を増やされます。

今までの仕事では長時間労働はあってもそれに見合った残業代や手当をもらっていましたが飲食店では残業とか労働時間は関係ないという事を言われ、客を満足させるのが飲食業だと言われ続けていました。

もちろんお客様を満足させる事はとても大事ですし、技術も磨いていかなければいけないと思います。しかし、サービスを提供する側の従業員が倒れる直前になっていたらそのサービスも良いサービスが出来ないと思います。

今まで飲食店はバーも居酒屋も楽しそうでスタッフも好きな仕事をして楽しく働いているように見えていたのですが、いざ自分が働いてみたら好きだった事も全く好きではなくなり、楽しかった勉強も意欲がわかず、体を休めたいとばかり思ってしまっていました。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

何のために働いているのか分からなくなり退職

最初こそはなにもかも新鮮で楽しく働けていたのですがだんだんと疲労がたまり、週一のお休みも仕込みをしにこいと言われ結局休めずストレスも発散できず、収入もがグッと減り、年金や保険代も払えなくなってしまっていました。

そんな中、何のために自分はバーテンダーになったんだ、なんの為に働いているかが分からなくなり、退職する経緯となりました。最近ではブラック企業が増えているとはよく聞きますが飲食店のほとんどはブラック企業ではないかと思います。特に個人の店舗であればいくらでも労働時間を調整できるでしょうし、営業時間も曖昧です。

不況で客足が減っているが利益は出さなければいけないので、やはり人件費は一番削られる要素だと今回改めて感じました。特にサービス業では様々な線引きが曖昧でここからここまでという物もなく、答えも見つけにくく、ましてや答えなんてない場合もあります。

お店を回しているのは従業員です

サービス業は考えていくととても興味深いですが、だからといってやはり従業員への対応を悪くしているとそのお店のイメージも悪くなることにつながりますし、ミスも増えます。そして一番大事な事は従業員がいなければお店は回せません。オーナー1人でできるような店舗形態だったらまた別の話ですが、それでは無理だから従業員を雇う訳ですから。これからはもう少し従業員に目を向ける企業が増える事を願うばかりです。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。