post-602

お粗末な英語教材を売らされ続けて3ヶ月、体重20キロ減りました

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

そのブラック企業に就職しようと思ったきっかけ、それは正社員という響きの良さでした。その当時、私はホームセンターでアルバイトをしておりました。

ホームセンターの店長からは、社員にならないかという打診もありましたが、その雇用形態が契約社員やパートナー社員というような、わけのわからない雇用形態でしたので、断り続けておりました。そんな時、ふと求人情報誌を見ていると、正社員募集という文字が出てきました。

以前から自分が興味を持っていた語学系の仕事でした。ゆくゆくは海外で英語普及をすることが出来るというような触れ込みもあり、そのキャッチコピーがわたしの心をとらえて放しませんでした。

面接のときも、その会社の素晴らしいことを面接官からとうとうと説明されて、夢はどんどん膨らんでいきました。そして、採用されたという通知が来て、その企業に就職することになったのです。しかし、会社に入ってみると、求人情報誌に書かれていることとは少し違っていました。
>>>脱ブラック!まずはアルバイトから始めよう。掲載件数5万件以上のジョブセンスなら正社員登用ありの職場も見つかる!

仕事は100万円の稚拙な英語教材を買わせること

まずは営業として3ヶ月間勤めてもらい、その成績次第で正社員になれるかどうかが決まるというものでした。いわゆる試用期間というものですが、そのノルマがどう考えても達成不可能なノルマでした。

そのブラック企業は、英語教材の販売や英会話教室を開催しておりました。営業の仕事というのは、体験レッスンへの勧誘でした。改めてその企業の英語教材を見てみると、愕然とさせられました。教材は何年分もあるのですが、それを最初の段階で購入しなければならなかったのです。しかもその価格が100万円以上しました。

正直な話、この教材を見た瞬間、希望は打ち砕かれました。あまり効果がなさそうなのは一目見てわかりました。それなのに100万円もお金を出すのであれば、他の事をさせたほうがいいというものでした。とてもこんな英語教材を勧める気にはなれません。

勧められない教材を勧める毎日

とはいえ、勧誘をすることが営業の仕事でありますので、乗り気ではありませんでしたが勧誘をしました。しかしやはり、勧誘する気のさらさらない営業マンのことなど、誰も見向きもしませんでした。営業成績は伸び悩んででおりました。

ちなみに、わたしの同期入社をした人が他に4人いましたが、その人たちは入社して1ヶ月足らずでやめてしまいました。やはりその人たちも、教材の稚拙さと営業の過酷さに苦しんでいたようでした。

営業活動も非常に大変でした、ちょうど梅雨時に入社したので、連日雨の中の営業活動でした。さらに、雨が降っていないときには猛烈な暑さが襲ってきました。そんな炎天下を徒歩で、あるいは自転車をこいで1日中営業活動をしておりました。
>>>脱ブラック!まずはアルバイトから始めよう。掲載件数5万件以上のジョブセンスなら正社員登用ありの職場も見つかる!
あるとき体重を量ってみると、入社時より20キロも体重が落ちていました。これはさすがにやばいと思いました。そして我慢すること3ヶ月が経過しました。やはり正社員になりたいという思いもありましたので、どうしても辞めたくはありませんでした。

しかし、営業ノルマを達成するため、強制的に終電まで残業させられ、休日も出勤をしたりして、休みらしい休みは3ヶ月間全くありませんでした。月給は200000円程度でしたが、それでも徐々に我慢の限界が近づいてきました。

そしてあるとき、ふと思い立ってやめることにしました。このまま続けていると、心身ともに病んでしまいそうな気がしたからです。あるとき、会社を無断欠勤すると、上司から電話がかかってきました。

上司は当然ながら慰留を勧めてきました。しかしわたしの決意は固いものでした。同僚に関しては、意外とあっさりしたものでした。おそらく、そのような人をたくさん見てきているからでしょう。

入社3ヶ月で見切りをつける

そして入社から3ヶ月程度経過し、私はそのブラック企業を辞めました。それから色々な職場を転々として、現在はフリーライターとして活躍をしております。

時には語学系のライティングをしたりもしますが、自分の納得行く仕事ができていることが、当時のブラック企業での営業活動とは違うものです。ブラック企業の英語教材は、とても人に勧められるようなものではありませんでしたので。

今では自分のペースで仕事をすることが出来ております。あの当時は、有無を言わさず長時間労働でした。会社全体がそういった雰囲気だったのです。私は、早いタイミングであのブラック企業に見切りをつけたのは正解だった、と今でも思っております。後ほどそのブラック企業に関する掲示板を見ると、ありとあらゆる「ブラックぶり」が書かれていましたので。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細