hopeyecatch

上司からのいじめを機に独立。迷っているのならフリーランスがお勧め

職業:ライター 

フリーランスは自分の好きな仕事だけできる

会社員からフリーランスのライターになって感じたメリットとデメリットについてまとめてみました。まず、最大のメリットは自分のペースで自分の好きな仕事だけできるという点です。

会社員時代も物書きの仕事をしていたのですが、自分の好きなことを書けず、上司に言われたままの記事を、イライラしながら時には泣きながら書いたこともありました。

「ライターになったら自分の好きなことを正直に書きたい!それで世間の役に立ちたい!」と考えていたので、それができない現実を知った時、これがお金を稼ぐことなの・・・?これが社会人なの・・・?嘘を書かないといけないの・・・?こんなことなら、会社を辞めてしまいたいと、すぐに思ってしまったのです。

もともと会社員という雇用形態が向いていなかったのかもしれません。

最高月額113万円?フリーランス募集サイト@agent

書きたくないものを書いて出世はしたくない

同僚や先輩は、上司とも上手にやって書きたくないテーマでも会社の方針に従って書いていました。それでどんどん出世街道を進む同僚もいました。

しかし、出世なんてすればするほど書くことから離れてしまうし、なんだか上司を見ていると毎日がつまらなそうに思えました。いくら年収があがっても地位や名誉を得ることができても仕事が楽しくなければ、それほど辛い人生はないと思います。

そんなことばかり考えながら仕事をしていたら、良いものなんて書けるわけもなく、毎日がストレスに感じました。次第に上司と話すことも嫌になってしまいました。そして、勝手に自分の書きたいことを書くようになったのです。会社組織の中で、そのような行動を取ったら、叩かれるのは当然のことです。その時から、陰湿ないじめが始まったのです。

上司からのいじめを機に独立

上司がいじめをしてくるので、同僚や先輩も助けてくれません。まるでブラック企業のように、もはらライターではない雑用の仕事を永遠とやらされるようになったのです。しかし、会社を辞める勇気を持つことができずに半年間も耐えました。

しかし、半年が過ぎた頃、限界だと思い、ついに会社を辞める決心をしたのです。上司に退職届けをたたきつけたときの爽快感は今でも忘れられません!

独立後はネットで仕事を獲得

また、同じようにライターの仕事を雇われてしようかとハローワークに通ったりしたのですが、あまりいいところがなく、生活費の足しになればと思ってフリーランスでライターの仕事を始めたのです。

インターネットでいろんな依頼がくるので、それにひたすら答えて書くという仕事です。最初はそれほど稼げないのでお小遣い程度しか収入がありませんでしたが、次第に私を指名してくれる業者や個人の人が多くなり、収入も増えていきました。

最高月額113万円?フリーランス募集サイト@agent

迷ったらフリーランスになることをお勧め

会社員の頃と違って仕事を自分で選ぶことができたので、書きたくないようなテーマはお断りすることができました。だから、ストレスも溜めずに本当に書きたいことだけを書いてご飯が食べられるようになりました!こんなことなら、会社員時代に無理して我慢せずにはやくライターとして独立していればよかった!と後悔してしまいました。

果たして、ライターの能力を手に職と言えるかは疑問ですが、少なくとも、今後もライターとしての需要はありそうに思えます。こんな私でも6年以上もライターだけで生計を立てることができたので、もし、私のような悩みを持たれている方がいたら、私は迷わずフリーランスを勧めることでしょう。

税金関係は要注意

フリーランスのメリットばかりを書いてきましたが、デメリットもあるので注意が必要です。フリーランスのデメリットは、今までは会社がやってくれていたことを自分でしなければならないという点です。

例えば、税金関係です。会社員の頃は、黙っていても経理がお金関係はすべてやってくれていました。しかし、フリーランスになると確定申告を自分で行わないとなりません。

仕事がどうの?収入がどうの?というよりも数字に弱い私はこれが1番辛かったです。毎月の帳簿をつけて計算をするのですが、それが嫌で年始になるとブルーになってしまいます。今ではライターの仕事も収入も安定しているので、税理士に頼んですべてやってもらっています。

最高月額113万円?フリーランス募集サイト@agent

最初は孤独で、自宅にひきこもり状態

他にもデメリットはあります。それは孤独です。フリーランスになると基本的には自宅に引きこもり状態が続きます。取材をすることもほとんどないので、自宅でひたすら記事を書くことになります。

最初の1年くらいは煩わしい人間関係から開放されて嬉しい!という気持ちのほうが強かったのですが、2年目になった頃から、人恋しくなり、やたらと親や友達に電話をかけるようになりました。やはり、人は人とつながっていたい!と思うのが本能みたいです。

出来るだけ外出を心がけている

今では、自宅に引きこもり状態はできるだけ避けて、喫茶店や図書館で記事を書いたり、友達や親に会いに行ったりするようになりました。モバイルパソコンを買ったので、どこでも記事が書けるので、自宅に引きこもる必要がなくなったからです。今後は、もっとクライアントを増やして、さらに収入を安定させて貯金もしたいと思っています。

レバテックフリーランスの登録は60秒で完了。

(1) 【高収入の仕事を長期でもらえるのはどっち?】フリーランス求人@Agentとクラウドソーシングのランサーズと比較してみた
(2) 【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専用の「@Agent参画支援サービス」
(3) 1案件の過去最高支払額は113万円/月!「@agent」の高単価フリーランス案件