会社が辛くて悩む女性

会社を辞めるタイミングは7つの質問で分かる。みんなが考える入社3年目のきもち

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細


「はぁ、まだ水曜かぁ。今週もまだまだ長いなぁ…」

「仕事のこと考えると胃が痛くなるし、会社のあの上司にも会いたくないし…」

数年前まで学生だっただけに自由で楽しかった学生時代が頭をよぎり、ふと仕事やめようかな・・なんて思ってしまうこと誰にでもあるでしょう。

新卒で入社し、社会人3年目くらいになると多くの方がこのように辞めたいと思っています。誰しも会社に行きたくない日はあるもので、起きてる時間のほとんどを会社の仕事に費やすわけです。

そこでいま仕事辞めたいと考えている方、「本当に会社を辞めるべきか」「会社を辞めるとすれば、それは今なのか」を7つの質問で確かめてみましょう。

1,今がタイミング!?その会社、辞めるべきかの7つの質問

1-1.会社を辞めた後も、とりあえず生活に支障がない

人はまず生活ありきです。「会社を辞めたいが、やめると食べていけない」という状態では、今すぐ会社を辞めるべきではないでしょう。

しばらく生活ができる貯金がある、パートナーの収入に頼ることができる、実家にせわになる…などなど、とにかく生活にすぐに支障が出ないことはまず大きなポイント。

1-2.給料の1.5か月分以上の貯金がある

会社を辞めたとしても「最低限の生活」に支障はない…とはいえ、車のローンがあるとかクレジットカードの支払が遅れてやってくるというケースもあるでしょう。となると今の給料の1.5か月分ぐらいは最低でも貯金が欲しいところ。

1-3.会社をやめた後、次の仕事はすぐに見つかりそう

もちろん転職先が決まっていればベスト。とはいえそう簡単に転職先が決まるわけでもないですね。

「次の仕事が決まるまで、いったんアルバイトで食いつなごう」「派遣会社に登録したら、紹介してくれる先がけっこうありそうだからいったん会社をやめるのでもいいかな」など、軽いものでも良いので「次の仕事が見つかりそうか」をしっかり把握しておきましょう。

1-4.相談できる上司がいない

部下の相談を受けとめてくれる上司がいないとうのはとてもつらいもの。とくにあなたが現在の仕事内容・ポジションが原因で仕事を諦めたいと思っている場合、上司はあなたを助けてくれるようなタイプでしょうか?あなたの不満はこれからもずっと続く可能性があり、会社を諦めないと状況を変えることはできません。

1-5.現在の自分と同じ仕事をずっと続けている先輩がいる

例えばあなたに、3年先輩の人がいてあなたと同じ仕事をしているという場合。あなたもこの先何年か、同じ仕事のままという可能性が高いですね。もし、先輩はまったく違う業務をしている場合は希望が持てます。上司や先輩を見渡してみましょう。

1-6.上司とうまが合わない

仕事をする上でこれは大きなストレスですね。ただ、多少うまが合わない程度の上司はどの職場にもいるものですから、その程度のしんどさはどこにいってもありますので、会社を辞めても改善できるとは限りません。(ちょっとはガマンして働くことも大事ですね)

仕事や取引先との関係に悩んでいるという場合に、こうした上司だと相談が難しくなります。うまが合わないを通り越して嫌がらせてくるレベルでは、あなたのストレスも限界に達してしまうでしょう。

1-7.人間関係の半分以上が正直つらい

上司、部下、同僚などとの人間関係がしんどい場合。特に、チームを組んで働いている場合にはそのメンバーの半数以上とうまくいっていない場合は致命的といえるでしょう。

チームのためにもならないし、そもそもそれを修復するために時間を費やすなら新しい職場を探してそっちで頑張る方がよっぽど建設的です。

ひとりふたりとの相性の問題ではなく、一緒に働く人の過半数とうまくいかないとなると、それは業種や会社との相性の問題。何かあっても助けてくれる人はいません。

ハタラクティブでいつでも転職できる準備をしておこう

hataraku-banner02
初めて、20代 無料登録 履歴書対策 高年収求人
  • 書類審査通過率91.4%、内定率80.4%の実績
  • カウンセリング場所は渋谷、立川 (関東1都3県就職可能であれば電話面談も可能)
  • 求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県
  • ビジネスマナーから書類の書き方、面接のコツまでコンサルタントが希望者へしっかりサポート
  • 登録後に担当者から連絡があるのですぐにカウンセリングの日程調整が可能

2,転職活動は1年かかる!?実は難しい転職先の情報収集

いかがでしたか?7つの質問のうち、あなたにはいくつ当てはまりましたか?4つ以上当てはまる方は、そろそろ転職の時期が近付いているかもしれません。

いざ「転職しよう!」と決めたとしても、転職先探しには実際のところ転職が完了するのは早くて半年、遅いと1年以上かかってしまう可能性があります。転職すると決めた後に、1年も現職で働くのはつらいですよね。

そうならないためにも転職に多少興味を持った時点で、転職情報をある程度リサーチしておけば転職にかかる時間を最小限に抑えることができます。

2-1,半年かかる!?転職の具体的な流れ

なぜ転職にはそんなに時間がかかるのでしょうか。具体的な転職の流れをもとに転職期間を確認しましょう。

<転職までのイメージ図>

  1. 自己分析などで転職後イメージを明確にする(転職決意。転職完了まで半年)
  2. 求人情報や各業界の動向などの情報収集をする(転職完了まで3~5か月)
  3. 企業に応募、ESや面接等の選考を受ける(転職完了まで2~3か月)
  4. 現職を退職、後進の引き継ぎ(転職完了まで1か月)
  5. 転職先に入社(GOAL!転職完了!!)

2-2,情報収集が一番時間を割いてしまう理由

ここで意外と時間がかかるのが、情報収集です。企業側と求職者同士でどうしても情報の格差が生じてしまうため、実状と合ったリアルな情報を調べるのに知人から話を聞いたり、企業の説明会に参加したりなど非常に体力の要る活動になります。

また、そもそも企業の数自体が非常に多いので、短期間で数多く見ようとするときりがありません。最初にある程度、転職先として検討する企業を絞らなければ、余計な時間がかかってしまう可能性が高いです。

3,転職専任のキャリアアドバイザーがいる無料の転職支援サービスを利用しよう

しかし、安心してください。転職で悩んだ場合、1つの解決策としてハタラクティブの無料転職サービスを利用することです。

3-1,ハタラクティブの専任キャリアアドバイザーとは

ハタラクティブの専任のキャリアアドバイザーは、お客さまお一人おひとりのご希望をお聞きしたうえで、非公開求人を含む求人情報のご提供、応募手続き、面接設定代行、入社までの諸手続きを個人向けサービスとして利用者のサポートを行っています。

3-2,厳選された非公開求人情報で転職にかかる時間を削減

ハタラクティブの専任キャリアアドバイザーなら、転職を考えている方が時間をかけて企業の情報収集するところを、キャリアアドバイザーが独自のルートを使って、利用者に合った企業を探し、転職活動をサポートしてくれます。

3-3,おわりに

転職活動をすることと、実際に転職をすることは同じではありません。転職活動にチャレンジしてから、実際に転職をするかどうかを判断することも可能です。また、転職活動をすることで答えが見えてくることがあるかもしれません。ご自身のキャリアを真剣に考える中で、転職という選択肢をお考えであれば、一度相談してみたください。

ハタラクティブで、まずは相談!

hataraku-banner02
初めて、20代 無料登録 履歴書対策 高年収求人
  • 書類審査通過率91.4%、内定率80.4%の実績
  • カウンセリング場所は渋谷、立川 (関東1都3県就職可能であれば電話面談も可能)
  • 求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県
  • ビジネスマナーから書類の書き方、面接のコツまでコンサルタントが希望者へしっかりサポート
  • 登録後に担当者から連絡があるのですぐにカウンセリングの日程調整が可能
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細