post-558

営業部隊に配属でノルマ地獄。深夜の個人宅に飛び込むえげつなさ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

 

大学4年の時、ちょうど世の中は就職氷河期と言われていた頃です。私もご多分に漏れず、全然就職先が決まらずかなり焦っていた時に内定をもらったのが、F社でした。1社内定をもらいホッとしたのと同時に、拾ってもらったという思いが芽生え、入社を決めました。

私は地方採用だったので、内定をもらった時に地元就職だということも確認をしていたのですが、11月の内定者説明会の時に突然『全員東京採用だ』という話をされました。もちろん私はパニックです。地元で働けるものだと思っていたのに、急に東京に行くだなんて。しかもその時は11月。他の就職先を探すにはあまりにも時間がありませんでした。

その後、まずは3ヶ月の研修だと思ってくれたらいいからと人事担当者からフォローは入ったこともあり、就職する決意をしました。3ヶ月頑張れば地元に帰れるんだからと。
ハタラクティブなら福利厚生が充実した会社に、高卒でも正社員として就職できる。

動向する部長・・・実は見張り役

入社後は、女性の営業部隊を新しく作るということで、新規の部署に配属されました。この部署は新人の女性とベテランの部長だけで構成されていました。初日からリストを渡され、とにかく飛び込み行って来い!と営業に出されました。当時の私は営業のやり方なんてわからないし、東京に土地勘もない。まさに右も左も分からないような状態でオフィスから追い出されました。唯一の救いは同期3人一組で営業にまわるということ。

新人と言えども、当然のごとく初日からノルマがありました。ベテラン部長がついていた理由は実はそこにあって、その部長がノルマが達成出来ない者に怒鳴ったり、脅したりする役回りを担っていたのです。

ノルマに追われる毎日

それから私達は連日、営業で這いずり回りました。1日3回の業務連絡。ノルマをどこまで達成しているかを常に監視されました。突然部長から電話がかかってくることもありました。この電話には必ず出ないといけません。サボることは許されませんでした。新人ということもあり、うまく息抜きも出来なかったのです。

そんな生活であっという間に約束の3ヶ月が過ぎました。結局は地元に帰ることは出来ませんでした。そんな約束最初からなかったかのように。それから半年、新人だけを集めたその部署は解散へ追い込まれます。当たり前ですが、新人だけでは数字を上げられず、上層部が解散を命じたのです。
ハタラクティブなら福利厚生が充実した会社に、高卒でも正社員として就職できる。

地獄は抜け出せなかった

解散と同時にそこにいた新人は、各営業部に振られました。ゴリゴリの営業マンが多数いる営業部隊。そこは新人部署よりもはるかにえげつない所でした。

新人は先輩社員につき、営業手法等を手取り足取り教えてもらえることになりました。きちんと誰かに教えてもらえるということだけでホッとしていました。しかし、以前よりもノルマはキツくなっていました。

営業部には3日契約を取れなければ、全社員の前でさらし者になるというルールがありました。前に立たされ全社員から罵声を浴びせられるのです。日によっては踊らされたりということもありました。女性でも関係ありません。数字を取れなければ何を言われるかわからない、さらし者になりたくないから契約を取るという雰囲気でした。地獄から出られたと思ったら、そこはまた地獄でした。

夜11時でも飛び込み営業を強制

とにかく必死で営業にまわりました。数字が厳しくなると先輩が助けてくれたりという救いはありましたが、毎日毎日数字に追われ、頭がおかしくなりそうでした。何も成果がないとオフィスには戻れません。夜10時、11時まで街を徘徊していたのも1度や2度ではありませんでした。成果がないまま上司に報告の電話をすると、とにかくまだ電気がついている企業に飛び込んでこいや!と言われたことも。その時夜11時でした。
ハタラクティブなら福利厚生が充実した会社に、高卒でも正社員として就職できる。

辞められない理由の1つは「恐怖」

こんな生活を3年続けました。入社当時から何度も辞めようと思ったのですが、良くしてくれた先輩に止められたり、3年は続けないと次の仕事はないという恐怖からなかなか辞めることはできませんでした。年収はその頃300万程でした。歩合を謳っていますが、歩合がつくのは本当に優秀な成績をおさめたごく一部の人間のみで、歩合を上乗せするのはかなり難しかったです。

3年後にようやくその会社を辞め、次に就職したのはアパレルの生産管理でした。9時半から18時までの就業。一日快適なオフィスに座って、打ち合わせをするだけで数字に追われることもない。こんな仕事をしている人達も世の中にいるんだと目から鱗でした。年収は400万。ちょっと残業しただけで給料もあがる。楽で嬉しいのと同時に今まで何をしていたんだろうという思いにかられたのはいうまでもありません。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。