hopeyecatch

プログラマーに成りたくて入ったらブラックIT企業だった…

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

IT系のブラック会社で、プログラマーとして働いていたことがありますので、そのときのエピソードについてご紹介します。私がこのブラック会社に就職したきっかけはというと、以前勤めていた会社を辞めたばかりのころで、転職先を探しているときにハローワークの求人票を見かけたことでした。

年収400万で過労死寸前の客先常駐プログラマ職。社員は使い捨てだった

それほどいい条件とは思いませんでしたけれども、年収は400万円ぐらいだったということもあって応募しました。この会社がブラックだと知ったのは、就職してすぐのことでした。客先での常駐がメインのプログラマーだったんですが、本当にひどい状況でした。

どのような点がブラックだと感じたのかと言いますと、労働基準法違反についてももちろんのことですが、それよりも何よりも、人間の使い捨てが常態化していたからです。求人票に記載されている給料の金額は、残業代が含まれていた金額でした。

つまり、残業代込みの給料が基本給として明記されていたということなんです。一応、180時間の労働時間ということで換算されていたようですが、労働時間が180時間を超えても、プログラマーという仕事ということもあってか、能力不足を理由にして残業代がいっさい支払われませんでした。

試用期間中にも関わらず退職させてもらえなかった

現場が人手不足であろうと、そんなことはまったくおかまいなしという状況でした。そのため、長時間労働というのが普通の状態でした。たとえば12時間働く日であったとしても、今日は12時間しか働かずに済んだと喜んでいたぐらいでした。

睡眠時間を削って自宅との往復をするぐらいなら、いっそのこと現場に泊り込んだほうがマシだと思ったぐらいでした。これだけ必死で働いても、客先常駐ということもあって、客先には上司がいませんから、評価してくれる人が誰もいませんでした。

どれだけ頑張っても評価してもらえず、小さな失敗をしただけで客先から大きなクレームが入るという状態でした。こんな毎日に嫌気がさして心が折れたので、試用期間中にこの会社を辞めようとしたんですが、なかなか辞めさせてもらえませんでした。

その理由は、「お前が辞めると、客先にも客先で常駐している要員にも迷惑がかかるから」といったものでした。そのせいか、うつ病になったり、ある日突然失踪したりという人が後を絶たないという状況でした。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

1年で体調を崩し入院。おかげで退職でき、過酷な仕事場から解放された

でも、そのようなことはあまりにも日常茶飯事だったのと、目の前の仕事をこなすだけで必死だったということもあって、誰がいつそうなったとしても驚くことすらありませんでした。苦しいのは自分だけではない、今が踏ん張りどころだから頑張らないと思って必死で我慢しました。

このまま我慢を続けると、私もうつ病になるか失踪するか、最悪の場合は過労死してしまうかもしれない。そんな恐怖と戦いながら必死で頑張り続けましたが、体のほうが先に根をあげてしまいました。結局、入社して1年ほどで体を壊して入院してしまったんです。

体を壊してしまったことは嬉しいとは決して言えませんが、そのときの私にとっては本当にラッキーでした。お陰でこの会社を辞めることができましたし、過酷な現場からも解放されましたし、仕事で死ぬこともありませんでしたから。

残業や休日出勤が少ない職場に転職。年収は下がったが、ブラック企業に比べたら天国

入院していたので、上司や部下、同僚の反応についてはあまり知りませんけれども、少なくとも同僚や部下に関して言うと、会社を無事に辞めることができた私のことを羨ましがっているのではないでしょうか。そうであって欲しいと願います。

今は、ITとはまったく関係のない会社で仕事をしています。IT関係の会社は二度とごめんです。年収は下がりましたが、あのブラック会社で仕事をしていたときのことを思い返すと、今の会社のほうがはるかに天国だと感じています。

残業も休日出勤も時々ありますけれども、あのときとは比べものにならないぐらい少ないですし、寝る時間も食べる時間も人並みに確保できていますし、人間らしい暮らしが今はできていると思っていますから。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。