post-550

処理しきれなくなると注文をなかったことにするブラック通販会社

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

ネットの大手求人サイトで発見して、給与面でもあまり問題を感じなかったので応募して働きました。社員複数人とパートさんが数人働いる自社ビル内で、ネット通販の受注から商品発送までまかなう、上浄水器や水まわり工事用品、太陽光発電工工事請負事などの仕事の会社で、ECショップのwebデザイン更新の仕事をしていました。

しかし、入ってみるとたいそうブラックな会社でした。そこには自身が体験した部分と、周りの人が受けてる体験部分がありました。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

電話がなっても出ない電話番

例えば、ネットショップなのに、注文が入っても、忙しすぎたら処理しきれない…というのは受注してしまえば、会社の設備環境の問題ですが、キャパオーバーの場合は、わざと注文者たちのメールを届いていないことにするため削除して、お問い合わせ電話に「弊社には届いていませんが」と言ってしまう始末。

あげく本来、お問い合わせやクレーム電話の対応をする電話番のパートさんたちが電話をとる事を嫌がり、お客様から電話がかかってきても役員達と楽しく談笑に熱中する次第。世間には、3コール以内で電話をとるルールの会社があるのにもかかわらず、楽しく談笑中だったり、ひまでも無視、何十回と鳴ってもとらない場合もあるなどひどい様でした。

その間に、誰も電話が鳴っていてもをとらないので、たまたま電話をとってしまった全く違う部署で 何を買ったのか履歴もわからないデザイナーたちに、とにかく苦情処理をさせたり、注文方法を説明させるなどめちゃくちゃでした。

新人3人が連続して1日で退職

そのため私が入って10ヶ月ぐらいを過ぎた頃、一時期顧客からの苦情が殺到し、購入者からの評価もがた落ちした頃、逃げる様にその問題のパートたちが一斉退散で退職。社員も何人か辞めていきました。ただ、一層急激な人手不足に陥り、ひどい時はデザイナーたちが、本業のホームページを更新のデザインすらできない日々が続くこともありました。

そこで急遽雇った新人たちが、3名連続して1日で辞めて行きました。さらに入って来た4人目の新人が質問しても質問に対し集団で「は?」「さあ?」「知らん」など忙しいといいながら新人が質問しても集団無視の連続。

最終的にはその新人が上司にきちんと教えてもらえなかったことが発端で操作を間違え、過去数百軒の購入者に対し、今更「注文確定」のメールを間違って配信してしまい、電話で苦情殺到したことを理由に、退職に追い込まれていった次第でした。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

おうむ返しが功を奏す

でもそのような会社でも、ホームページ制作とECショップを更新する技は身につけてから辞めたかったので1年間をなんとか続けて辞めました。

続けられたには理由があって、そっくり「おうむ返し」が功を奏しました。例えば、私語に熱中で電話をとらないパートに電話をふると「今忙しい」と言われたら、あえて「私も忙しいんで。このまま電話切りますね。忙しくてメモ取れなかったので、掛け直しは履歴見て勝手に掛け下さい。」と言って電話を切るふりをするのが効果的でした。

そっけない言葉と集団無視などの悪い習慣に対しては、そのブラックな習慣をしていた人物たちからもし何か呼ばれても聞こえていないふりして、「はぁ?」「は?」「何?声が小さい、聞こえない」とあえて何回も呼びかけることを連呼させていると自分に対しては、ブラックな習慣は減って来ました。でも、長くいる意味を感じない職場だったので先に他社で職を決めて、退職しました。

お客様を完全に馬鹿にしている、馬鹿な管理職たち

その時の年収は、若手社員並みの年収で良い方ではなかったと思います。ただ、驚いたのは、この会社は社長と専務が夫婦なんですが、経営者も馬鹿なら、管理職もやはり馬鹿丸出しでした。

役員や管理職達が「忙しい時に、処理出来ないような量を注文してくるやつが馬鹿だ」「この変な社名 おまえら見てみろ」「こいつマナーが悪いから汚い箱の商品を送ったろう」などお客様を完全に馬鹿にしている上司達を見てあぜんとしていました。

今では別の会社で管理職の仕事をしているため、全くその会社とは関わりはありませんが、辞めた後、代わりのデザイナー居るのか居ないのか毎週のように更新させられていたホームページのバナーが、何年たっても古いままの更新がとまったかのように(私が最後に作った)バナーのままで、また忙しいのに人手不足で、さらに売り上げも落ちたのでチラシなどのデザインもほとんど作らなくなったそうで経営状態が厳しいということを残された人からは聞きました。

お陰で、今は精神的に強くなり、そのような人たちが上司に来ても、対応する危機管理能力のような習慣が身に付きました。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。